美容効果抜群!甘酒の効果と作り方、飲むタイミングは?

スポンサーリンク

テレビなどで話題の甘酒の効果や作り方について調べました。

スポンサーリンク

1. 甘酒の美容効果とは?

最近、女性の間で話題になっている「甘酒」ですが、究極の発酵食品で「飲む点滴」とも呼ばれています。

甘酒には、コウジ酸ビタミンB群が多く含まれています。

なので、シミや美白にとても効果的だといわれています。

甘酒に含まれるコウジ酸やビタミンB群は、保湿効果が高く、ぷるぷるな美肌やツヤツヤな美髪のもとにもなるのです。

甘酒を肌に塗ったりパックしても効果的なようです。

有名な美白化粧品もコウジ酸が起用されているので、その効果は確実だと言えるでしょう。

また、甘酒にはブドウ糖が含まれているので、甘酒を飲むことで血糖値が素早く上昇します。

そのため、満腹感がえやすい上に、栄養が豊富なため、食事がわりに摂取することでダイエット効果を期待することも出来ます。

麹で発酵した甘酒から出るたくさんの麹菌と酵素のおかけで、アンチエイジングとしても免疫力アップにも効果的なので、女性の方には是非ともおすすめしたいです。


そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない
私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。しかも、今なら図書カード1000円分がもらえます!

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

無料です! マイナビ進学で資料請求する!今なら図書カード1000円分がもらえる!

2. 自宅で出来る甘酒の作り方

酒粕から作る甘酒と米麹から作る甘酒がありますが、米麹から作る甘酒の方が手軽でノンアルコールなのでおすすめです。

まず、炊飯器に米1合を入れて2合の線まで水を加えて、お粥を炊きます。

その間に、乾燥米麹を揉みほぐしておいて、お粥が炊けたらスイッチを切って米麹を入れて、粗熱を取りながらかき混ぜます。

これとは別に、鍋に300ccの水を火にかけて、沸騰したら火を止めて、水200ccを加えたものを準備します。

炊飯器のお粥に鍋のお湯を加えて、炊飯器の蓋を開けたまま、布巾をかぶせて、保温スイッチを押し、5時間ほど放置します。

途中で何度かかかき混ぜると良いでしょう。

これで完成ですが、冷蔵保存で1週間ほどもちます。

平らにして折れるように、箸で切れ目をつくれば、冷凍保存も出来るので便利です。

3.効果を得るための甘酒の飲むタイミングは?

ダイエット効果を高めたいなら、朝に甘酒を飲みましょう。

朝起きてすぐに飲むことで、甘酒がエネルギーになって、基礎代謝をあげることに役立つのです。

さらに、温めて飲む方が効果的で、コップ1杯が目安です。

また、甘酒にはリラックス効果や疲労回復効果もあることから、寝る前に飲むことでストレス軽減や安眠にも繋がります。

シミやしわ予防などのアンチエイジング効果を高めたい方も、寝る前に飲むのがおすすめです。