当たるんですはいつから始まった?運営は日本写真判定株式会社?

スポンサーリンク

当たるんですはいつから始まった?

当たるんですがいつから始まったかを調べました。

また、運営が日本写真判定株式会社ということなので、事業内容について調査しました。

スポンサーリンク

当たるんですはいつから始まったか?

当たるんですは2016年12月14日(水)より始まりました。

なので、2018年7月時点で1年7ヶ月が経過したことになります。

始まったばかりのサービスということですね。


そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない
私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。しかも、今なら図書カード1000円分がもらえます!

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

無料です! マイナビ進学で資料請求する!今なら図書カード1000円分がもらえる!

当たるんですの運営は日本写真判定株式会社?

当たるんですの運営は日本写真判定株式会社という会社により行われています。

オートレース自体は、公益財団法人JKAによって運営されているので、オートレースと当たるんですは運営元が違うのですね。

日本写真判定株式会社という会社は、公営競技のトータルマネジメントや着順判定写真撮影業務などを行っている会社です。

オートレースのマネジメントの一環として当たるんですの運営を始めたのでしょう。

設立は昭和32年9月3日となっており、61年前に設立された歴史のある会社だということがわかります。

こちらが日本写真判定株式会社の事業内容です。

(1) 公営競技のトータルマネジメント
(2) 公営競技及びアマチュア競技の着順判定写真撮影業務
(3) 審判業務用VTRの撮影・録画・放映業務
(4) 場内実況放映
(5) CS放送・地上波放送向け実況映像の制作
(6) 各種イベント業務
(7) 場内監視装置の操作及び保守・施工
(8) 競技用の電子機器システム設計・施工
(9) 飲食店の企画・運営
(10) その他上記に付随する事業

出典:会社概要

場内実況放映、イベント業務や場内監視装置の保守などさまざまな事業を行っていることがわかります。

当たるんですの売上はどうなる?

当たるんですの売上は、当選者への払い戻し金を支払った後、必要経費を引いた残りが地方財政への貢献や社会福祉の増進に役立てられます。

実際に売上のどれくらいの割合が社会貢献につながるのかはわかりません。

しかし、楽しみのために当たるんですを買ったお金が社会貢献に使われるのなら、なんか嬉しいですよね。

最悪ハズレても、まあいいかという気もしなくもないです。

パチンコやパチスロなどのギャンブルに使うよりも絶対に良いと思います。

当たるんです!の売上は、当選者等への払戻金のお支払い、サイトおよび関連システムの運営に関わる必要経費を差し引き、地方財政への貢献、社会福祉の増進に役立てられています。

出典:会社概要