夜暑くて寝れない私がぐっすりと寝れるようになった方法10選

夜暑くて寝れないのが悩みでした。

夏の夜の暑さは異常ですよ。もう。

扇風機だけだと全然寝られません。やっと寝れたと思ってもすぐに起きてしまいます。

眠れないとイライラするし、やる気も出ませんよね。

次の日の学校や仕事に影響が出てしまいます。

なんとかしなければと思い、徹底的に夜暑くて寝れないことに対する対策を行ってみました。

すると、ぐっすり寝れるようになったので、今回やったことすべてを紹介させていただきます。

同じように、夜暑くて寝れないと苦しんでいる方の参考になれば嬉しいです。

夜暑くて寝れない私がぐっすりと寝れるようになった方法10選

夜暑くて寝れない私がぐっすりと寝れるようになった方法を効果が高い順番に紹介します。

1. やはりエアコンは最強だった

夜暑くて寝れないならエアコンをつけるのがベストです。

冷房20℃全開にすれば、むしろ寒く感じることでしょう。

なので、クーラーがないなら設置すると快適に寝られるようになります。

もちろん費用はかかりますが、毎晩寝られなくて、寝苦しい思いをするくらいなら、思い切ってエアコンを設置した方が快適ですよ。

冷房専用エアコンだと費用も比較的安くすむのでおすすめです。

2. エアコンを設置できないなら、移動式のエアコンがおすすめ

エアコンを設置できない家に住んでいる方は、移動式のエアコンがおすすめです。

通常のエアコンほどのパワーはありませんが、室温より最大11℃低い風で涼むことができます。

エアコンを設置するまでのつなぎとして使ったり、部屋を移動させて使うことができるので、他のエアコンのない部屋に移動させて使うこともできるでしょう。

衣類の乾燥機としても使うことができるので、夏以外にも使えるのがいいですね。

3. 接触冷感の寝具は意外に涼しい

夜暑くて寝られない方には、接触冷感の寝具もおすすめです。

接触冷感の寝具とは、触れるとひんやりと感じる寝具になります。

寝るときに、ふとんは肌にふれるので、接触冷感の寝具を使うと、涼しく感じるのです。

接触冷感の原理は、熱が伝わりやすい素材でできているため、ふれると皮膚の熱が奪われることで冷たく感じるというもの。

最近流行っていて、私も半信半疑で買ってみましたが、かなり涼しく感じます。

これからの蒸し暑い夏はこれなしでは、寝られそうもありません。

手っ取り早く、夜暑くて寝れないのを解消したい方におすすめです。

4. じめじめして夜寝れないなら除湿機がおすすめ

日本の夏が暑いのは、湿度が高いからです。

湿度が高すぎると、人間は快適に生活できません。

なので、除湿機で湿度を調整するのがおすすめです。

湿度を下げるだけで少し快適に感じるでしょう。

5. 水に濡らして首に巻くだけで冷たい!冷感タオル

冷感タオルを水に濡らして、首に巻くだけでかなり冷たくなります。

家でいるときだけでなく、外出するときやアウトドアでも使えるので、1つ持っておくとかなり便利ですよ。

6. やわらかい冷却まくら!ひえぷる やわらかまくら

めちゃくちゃ評判の快眠グッズが『ひえぷる やわらかまくら』になります。

冷凍庫で冷やした後に使うんですが、凍ってもやわらかいので、寝心地もいいです。

朝まで冷たい状態が持続するので、夜暑くて起きることもありません。

直接使うと冷たすぎるので、必ずタオルを巻いて使ってみてください。

めちゃくちゃ快適に寝れるようになりますよ。

私も子供の頃から夏は使っていました。暑い夏の必需品ですよ。