美大・芸大学費ランキング 国公立、私立ごとの序列は?

美大・芸大学費ランキングを国公立美大・私立美大ごとに作成しました。

美大・芸大選びの参考にしていただければ嬉しいです。

※学費は初年度の学費の中で、一番高い学科の学費で比較しています。

✅ 偏差値、倍率、就職率、進学率からみた美大ランキングについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事 美大ランキング 偏差値、倍率、学費、実績から序列は?

美大ランキング 偏差値、倍率、学費、実績から序列は?
美大ランキングを偏差値、倍率、学費、実績などを元に作成してみました。 美大に行きたいけど、どの美大がいいのかわからないという方...

国立・公立美大・芸大学費ランキング

国公立美大の学費は、大学のある地域の出身者の入学金が安くなります。

なので、地元の国公立美大に進学すると少しお得です。

国公立美大・芸大の学費ランキングはこちらです。

順位 国公立美大ランキング 学費
1位 長岡造形大学 市内72万6800円:市外86万7000円
2位 静岡文化芸術大学 県内74万1460円:県外96万7060円
3位 情報科学芸術大学院大学 県内76万1800円:県外87万3800円
4位 愛知県立芸術大学 81万7800円
5位 金沢美術工芸大学 市内81万7800円:市外95万8800円
6位 京都市立芸術大学 市内81万7800円:市外101万7800円
7位 沖縄県立芸術大学 県内81万7800円:県外104万7800円
8位 秋田公立美術大学 市内89万5460円:市外1,03万6460円
 9位 東京芸術大学112万3860円

国公立美大で初年度の学費が一番安いのは、長岡造形大学です。

市内出身者は72万6800円とめちゃくちゃ安くなっています。

2位は 静岡文化芸術大学で県内出身者は74万1460円とお得です。

3位は情報科学芸術大学院大学で県内出身者は76万1800円。

4位から7位まで81万7800円で愛知県立芸術大学、金沢美術工芸大学、京都市立芸術大学、沖縄県立芸術大学が並んでいます。

8位が秋田公立美術大学で 市内出身者が89万5460円。

最後がなんと東京芸術大学です。

最難関美大の東京芸術大学は国公立の中では学費が最も高くなっています。

意外ですね。学費が高くても受験生が減らないからでしょうか。

ちなみに、東京芸術大学の初年度の学費は、112万3860円と100万円超えです。

あまり有名でない美大ほど学費を安くして受験生を集めようしている傾向がありますね。

なので、学費が高い美大の方が実績やブランド力があるということです。

私立美大・芸大学費ランキング

私立美大・芸大の学費ランキングはこちらです。

順位 私立美大ランキング 学費
1位 東北芸術工科大学 149万5660円
2位 京都精華大学 157万9000円
3位 倉敷芸術科学大学 160万円
4位 名古屋芸術大学 164万円
4位 文星芸術大学 164万円
6位 神戸芸術工科大学 165万円
7位 大阪芸術大学 165万円
7位 名古屋造形大学 168万6000円
9位 宝塚大学 170万円
10位 女子美術大学 173万5430円
11位 京都美術工芸大学 174万5000円
12位 横浜美術大学 175万8000円
12位 嵯峨芸術大学 177万6660円
14位 成安造形大学 180万2460円
15位 京都造形芸術大学 182万円
16位 東京造形大学 191万5000円
17位 多摩美術大学 193万円
18位 武蔵野美術大学 194万500円

私立の美大で初年度の学費が一番安いのは、東北芸術工科大学で149万5660円です。

東北芸術工科大学は最近、偏差値や倍率が急上昇している美大なのですが、学費が安いことで人気が出てきているのでしょう。

国公立の美大は日程的に1つしか受験できませんから、私大の美大も滑り止めで受験する人がほとんどです。

しかし、どこの私立の美大も国公立に比べて、学費がめちゃくちゃ高くなっています。

そのため、学費が安い美大に受験者が押し寄せるということなのでしょう。

2位は京都精華大学157万9000円、3位は倉敷芸術科学大学160万円、4位は名古屋芸術大学・文星芸術大学164万円です。

このように、学費が安い美大はあまり有名ではない美大ばかりとなっています。

一方、美大の早慶といわれる多摩美術大学と武蔵野美術大学は、学費が私立美大の中で最も高いのです。

武蔵野美術大学の学費が194万500円で美大で1番学費が高く、多摩美術大学の学費が193万円で美大で2番目に学費が高くなっています。

有名な美大は学費が高くても受験生が集まるので、学費が高くなり、有名ではない美大は受験生を集めるために学費を安くしているということでしょう。

なので、美大選びのポイントとしては、学費が高い美大を選んだ方が実績やブランド力がある美大であるということになります。

学費の安い美大は、在学中の学費は安いかもしれませんが、就職後に良い仕事につけないかもしれません。

なので、結果的には学費の高い実績のある美大に行った方が金銭的にも得をするでしょう。

✅ 偏差値、倍率、就職率、進学率からみた美大ランキングについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事 美大ランキング 偏差値、倍率、学費、実績から序列は?

美大ランキング 偏差値、倍率、学費、実績から序列は?
美大ランキングを偏差値、倍率、学費、実績などを元に作成してみました。 美大に行きたいけど、どの美大がいいのかわからないという方...
大学資料請求

大学に合格するには秋までに志望校を絶対決めろ!

そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない

私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。

しかも、今なら当サイトから資料請求すると、全員に図書カードプレゼントのキャンペーン中!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

✅ 大学の資料請求をして図書カードを100%ゲットする方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

マイナビ進学で大学資料請求したら全員に図書カードがプレゼント?

受験の1年前にしておいても遅くはありません。

それくらいに早め早めに行動して損はないです。

今なら当サイトから5校以…

 

関連コンテンツユニット

シェアする