ビジネス・ブレークスルー大学の評判は?卒業生に聞いてみた!

スポンサーリンク

ビジネス・ブレークスルー大学の評判について、卒業生の方にインタビューしました。

今回は、ビジネス・ブレークスルー大学の卒業生が在学中に感じた生のビジネス・ブレークスルー大学の評判、学生のレベル、学生生活の様子、就職先などについて詳しくお聞きしました。

ビジネス・ブレークスルー大学の評判について調べている受験生の方に大変役立つ内容となっています。

スポンサーリンク

ビジネス・ブレークスルー大学の評判は?卒業生に聞いてみた!

あなたの出身大学、学部、学科は?

ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 ITソリューション学科

ビジネス・ブレークスルー大学の学生のレベルは?

通信制の大学であるため、社会人の学びなおしとして入学される学生が多いです。

学長の講演や出版されている本などをみて、企業の経営者が入学されることも多いです。

ビジネス・ブレークスルー大学はどんな学生が多い?

オンライン大学なので、学生の種類は様々ですが、他の大学と比較すると圧倒的にすでに企業に勤めている社会人が多いです。


そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない
私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。しかも、今なら図書カード1000円分がもらえます!

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

無料です! マイナビ進学で資料請求する!今なら図書カード1000円分がもらえる!

ビジネス・ブレークスルー大学の世間からの評判は?

全てオンラインで学習する大学であるため、世間からは「なにその大学?」という評価が最も多いです。

ただ、学長が多数の本を出版されていること、経営コンサルティングとして有名であることから、学長の名前を出すと「あぁ、その人がやっている大学か」となります。

普段から政治や経済に興味のない方だとほぼ接することのない人なので、そのような方に説明してもきょとんとされてしまいます。

経営を学ぶ、社会人の学びなおしという側面が強いことから、企業から派遣されてくる学生も多く、そのような企業は大学のことをよく理解しています。

特に企業派遣の場合、働きながらオンラインで4年間勉強し続けなければならないことから、卒業するとしっかり頑張ることのできる人という評価を受けます。

一方で、オンラインの特性上、やるもやらないも自分自身であるがために、進級できなかったり、継続できなかったりで辞めてしまう人も多いことから、そのような人の場合は逆に評価を下げることにもつながりかねません。

ビジネス・ブレークスルー大学の学生生活の様子は?

オンライン大学でありながら、SNSなどを通じてグループは形成されており、サークル活動も行われています。

しかし、遠隔地の学生が一堂に会してサークル活動をするというわけにはいきませんので、活動の報告もSNSで行われたり、大学専用のキャンパス(インターネット上)上で行われることがほとんどです。

また、地区別にグループを積極的に形成しており、例えば九州地区であれば九州地区で新歓イベントを開催したり、講師を招いてのセミナーを開催したりしています。

オンライン上であること、社会人学生が多いことから、ほとんどの行事は学生主体で行われています。

そのため、積極的に関わる人とそうでない人に大きく2分され、学生生活を充実させたいと考える人は積極的に自分からコミュニケーションをとらなければなりません。

また、社会人学生が多いとは言いながらも、現役学生もそれなりにおり、社会人と現役学生が一緒に学ぶというなかなか珍しい場を楽しむことができます。

ビジネス・ブレークスルー大学の就職先は良い?悪い?

すでに社会人で入学されている方はその企業で働き続ける方と、在学中もしくは卒業してから起業する方とに別れます。

大学が起業を後押しするような講義であったり、サポートをしてくれるため、起業を意識している学生はとても多いです。

また、講師陣は基本的に現役のコンサルタントやその分野で活躍されている方々ばかりですので、現役学生の就職においてもそれは役立っています。

中には、講師陣の経営する企業で、インターンシップを経験する学生やその企業へそのまま就職してしまう学生もいます。

もちろん、通常の就職活動をする学生もたくさんおり、そのような学生には学生課がサポートしてくれます。

就職先の多くは、すでに大学のことをよく知っている企業が多く、そのため、どの業界に偏っているということはありません。

講師陣が起業を経験してきている人が多いことから、他の大学よりもベンチャー企業が多いという特徴はあります。

特に就職活動が全くうまくいかないという話は聞かないため、就職先としては悪くないと言えます。

ビジネス・ブレークスルー大学の良かったところ

オンラインということもあり、徹底的に自分で考え行動しなければなりません。

基本的に誰もフォローしてくれませんので、自分の学習時間は自分で生み出し、計画的にスケジュールを立てて学習していく必要があります。

計画を立ててそのとおりに進めていき、うまくいかない場合はリスケする。このようなサイクルは仕事にも通ずるところがあり、学習しながらも考えた点です。

また、実践的な講義が多いため、社会人学生にとってもすぐに仕事に生かすことのできるものであったところは良かったところです。

ビジネス・ブレークスルー大学の悪かったところ

良くも悪くも個人次第の大学です。

勉強するも自由、しないも自由。

「教えない大学」と自分からいうくらいの大学ですので、本人の意思が弱ければまず、4年間続けることはできません。

そうやって脱落していく学生をかなりの数見てきましたし、もう少しフォローしてあげてもと思うところもかなりありました。

また、どうしても東京の学生が多く、色々なイベントにおいて、地方学生の方が不利に感じてしまう面が多かったこともやむを得ないことですが、悪く感じた点です。

ビジネス・ブレークスルー大学に通ってみてどうだったか?

大学に通ってみたいという気軽な気持ちで入学しましたが、社会人をしながら大学で揉まれて、効率的に仕事を進めるためにどうしたらいいのか本当によく考えられるようになりました。

また、苦手だった経済の分野にも少し詳しくなることができ、何事にもとっつきやすくなりました。

ビジネス・ブレークスルー大学を受験しようと考えている後輩にメッセージ

4年間オンラインで学ぶのは想定以上に難しいと思った方がいいです。

しかしそれをやり遂げることができたときに得られるものも大きいのでぜひ頑張ってください。