同志社大学の評判|魅力や就職先を卒業生に聞いてみた

スポンサーリンク

同志社大学の評判同志社大学の評判について、卒業生の方にインタビューしました。

今回は、同志社大学の卒業生が在学中に感じた生の同志社大学の評判、学生のレベル、学生生活の様子、就職先などについて詳しくお聞きしました。

同志社大学を受験校にしようか迷っていて同志社大学の評判について調べている受験生の方に大変役立つ内容となっています。

スポンサーリンク

同志社大学の評判|魅力や就職先を卒業生に聞いてみた

同志社大学でどの学部出身だった?

同志社大学 商学部 商学科

同志社大学の学生のレベルはどれくらい?

指定校推薦と内部進学が多いです。

一般入試で入ってくる人は同志社大学を第一志望にしている人もいますが、京都大学や大阪大学などの関西の国立大学に落ちて入ってくる人も少なくありません。

同志社大学はどんな学生が多い?

内部進学生は地元の人がほとんどですが、指定校推薦で入った人は全国のあらゆるところから大学進学を機に京都へ来ています。

ですので、地方出身者も多数います。


そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない
私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。しかも、今なら図書カード1000円分がもらえます!

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

無料です! マイナビ進学で資料請求する!今なら図書カード1000円分がもらえる!

同志社大学の評判は?

私の地元の愛媛では、関関同立に含まれる有名私学で、頭が良くないと入れないというイメージでした。

しかし、実際に大学に入ってみると、推薦や内部進学の学生が多く、大学周辺ではそこまで入ることが難しくない大学の一つだという印象が強い気がします。

また、京都大学がとても近くにあるので、京都大学の学生との交流もアルバイトやサークル活動を通して頻繁にあります。

京都大学の学生はやはり頭の回転の速さや、言葉の言い回しなど、少し接してみただけでとても頭の良い印象を受けます。

そんな人たちの中にいると、同志社大学は特別頭の良い学生がいるという印象は持たれにくいので、同志社大学の周りでは、私立のマンモス校で比較的頭の良い人が入っている大学というイメージでとどまっていると感じます。

また、中学などからエスカレーター式で大学まで内部進学で進んだ人たちは、金銭的に恵まれた家庭環境の人が多いです。

「お金持ちの人が多い大学」というイメージも同志社大学の周辺ではあります。

同志社大学の学生生活の様子は?

授業は基本的にとても大きな教室で行います。

一学年の人数がとても多いため、とても大きな教室でも人が溢れかえっています。

特に人気の授業は、実際に教授が授業をしている教室にカメラを置いていて、別の教室で衛星授業のようなかんじで、大きなスクリーンで映し出される教授を前に授業を受けるということもあります。

しかし、2年生から始まるゼミの授業では、少人数のクラスで、自分の興味のある分野の勉強をします。

大学生活の後半はゼミの活動が大半を占めることがほとんどです。

文系のメインのキャンパスとなる今出川キャンパスは、食堂が2つあります。

2限目と3限目の間のお昼の時間は2つの食堂両方が人でごった返します。

キャンパス内にあるコンビニも同じくです。

サークル活動はかなり盛んで、隣にある同志社女子大学の学生も同志社大学のサークルに参加することがほとんどです。

4月の新歓の時期になると、新入生にビラを配る学生たちでキャンパスは溢れかえります。

同志社大学の就職先は良い?悪い?

私のゼミでは、メーカーの営業職に就く人が比較的多かった気がします。

メーカーといっても、自動車メーカー、食品メーカー、他にも様々です。

また、商学部ということもあり、全体では銀行や信用金庫に就職する人が多いと聞きます。

地元に戻って就職した人は、銀行や保険会社への就職が多い気がします。

エリアを絞らずに就職する人に関しては、総合職で採用していただくことがほとんどで、多くの人が有名な企業へと入っていると思います。

キャリアサポートもしっかりしているので、企業説明会やOB訪問なども積極的に行なっている印象です。

私が大学のときに住んでいた寮の先輩や同期は、メーカーの営業職、銀行、保険会社、教育関係、IT、飲食のサービス業、などの業界へ就職しました。

サークルの先輩や同期も、上記のような業界へと進んでいきました。

なかでもメーカーの営業職は周りにも受けている人がたくさんいたので、同志社大学の学生に人気の就職先かつ、実際に就職する人の多い業界だと思います。

同志社大学の良かったところは?

私の場合、大学の奨学金をもらったり、家賃がとても安い寮に入れたりと、経済面のサポートはかなりしてもらいました。

また、新しくできたきれいなキャンパスは通うのがとても楽しかったです。

「同志社大学」というと、関関同立の一つとして多くの人に知られているので、ネームバリューがあるという点でも、大学に通えて良かったなと感じています。

全国津々浦々から来た、様々な価値観を持った人と出会えたことはとても良かったです。

同志社大学の悪かったところは?

大学にいざ入学してみると、そんなに頭が良くなくても入れる大学だという印象をもってしまったのが残念でした。

授業態度に関しても、出席を取るときだけ居てすぐに帰る、テストでカンニングをする、ということが普通に行われていたのもがっかりしてしまいました。

同志社大学に入る前は、頭のいい勉強熱心な学生がたくさんいるイメージを持っていたので、実際にそういう人もいるのですが、そうではない人が想像より多く驚いてしまいました。

同志社大学に通ってみてどうだった?

キャンパス内にある食堂や図書館、ラーニングコモンズなど、施設が充実していることはとても魅力的でした。

たくさんの教授の授業や、サークル、ゼミなど、選択肢がたくさんある点もとても良かったです。

京都御所の近くにあり、京都の良さを身近に感じられる立地にある点も素晴らしいです。

同志社大学を受験しようと考えている後輩にメッセージ

同志社大学に入ると、綺麗な新しいキャンパスの中で勉強や部活・サークル、アルバイトなどに打ち込むことができます。

充実した大学生活が送れることは間違いありません!