働きたくない人が楽に人生を生きていくための5つの方法

働きたくないと考えている人は年々増えています。

実は、私もその1人です。

毎日、毎日満員電車に揺られて仕事に行って、帰ってくるのは夜の10時過ぎ。

そこからご飯を食べて、風呂に入れば後は寝るだけ。

こんな人生が永遠に続くと考えただけでぞっとします。

自分の時間がない人生って生きている意味はないですよ。

今回は、働きたくない人が人生を楽に生きるコツを紹介していきたいと思います。

なぜ最近の人は働きたくないと思うのか?

最近の人は働きたくないと考えている人が多いです。

これは当然だと思います。昔みたいにがむしゃらに働いたら給料が上がって、生活の水準が上がることはありません。

今の若者は、将来、年金ももらえないし、会社の給料だって上がりません。頑張って働いても割に合わなくなっています。

昔とは状況が違うのです。

しかも、現代は、お金がなくても結構良い暮らしをすることができるような社会になっています。

100円均一でたいていのものは買うことができるし、ユニクロやGUにいけば、オシャレだってすることができるでしょう。

動画見放題サービスやYoutubeを見れば、ほとんど無料で、いくらでも楽しいコンテンツを見ることができます。

正直、今の世の中そこそこのお金があれば、そこそこの暮らしができるようになっているのです。

そしたら、わざわざ忙しい会社で朝から晩まで働くことに意味があるでしょうか?

全く、意味がありません。

自分の時間を犠牲にして、少しばかり高い給料を得たとしても、そのつらさ以上に見返りを得ることはできないでしょう。

だったら、働かなくてもいいやって思うのです。

世の中が低コストで裕福な生活ができるようになったので、若い人は自分の時間というものに価値を感じるようになってきたともいえます。

私もその1人です。

私は医師を目指していますが、年収1000万円を超えても、休みが月1日しかない生活に魅力は感じません。

たくさん稼ぐことで感じるつらさを超えるほどの見返りは得られないと思うのです。

なので、働きたくない人は働かないでいい生き方を選択していく必要があります。

みんなと同じようにつらい道をあえて選ぶ必要はないのです。

働きたくない人はどう生きればいいかをあなたに教えていきます。参考にしてください。

1. 働きたくない人は結婚してはいけない

働きたくない人は結婚してはいけません。

結婚すると、将来働きたくないと思ったときに、仕事をやめることができなくなります。

自分だけでなく、妻と子供の生活費用も稼ぐのはかなり大変です。

生活費だけならまだいいのですが、今の世の中、子供を私立の大学まで入れるとなると数千万円の高い学費がかかるのです。

すると、頑張って働いて子供の将来の学費を稼がなくてはならなくなります。

もし、途中で働きたくないなんて言ったら、すぐに離婚されてしまうでしょう。

それだったら、働きたくない人は最初から結婚しない方がいいのです。

自分だけ生きていければいいならば、ほんとうに楽に暮らすことができます。

日本は物価が高いので、タイのバンコクやカンボジア、台北などに移住するという手もあるでしょう。

物価の低い東南アジアでは、月10万円もだせばかなり裕福な暮らしをすることができるのです。

2. 働きたくない人は車や家を買ってはいけない

働きたくない人は、車や家を買ってはいけません。

車や家のローンがあると、ローンを返済するまでずっと働き続ける必要があります。

車や家がなくても、別に生活に困ることはありません。

無駄な出費をできるだけ抑えて、貯蓄をしておくと、いざ働きたくないと思ったときに、全然仕事をしなくても、貯金でしばらく生活をすることができます。

田舎に住んでいる方の場合、車は必需品なので、買ってもいいですが、家は絶対にやめたほうがいいです。

家を買うと、その土地に住み続けなければいけなくなるので、災害があったときや転勤があったときに無駄に困ることになります。

しかも、将来日本の人口は大幅に減少すると考えられているので、地価や家の価格は大きく下落するのです。

将来価値が下がるとわかりきっているものを買うのは、もったいないといえるでしょう。

3. 働きたくない人は不労所得を作ればいい

働きたくない人は不労所得を作ることをおすすめします。

ブログやサイトの運営、家賃収入、株式投資、印税などの収入が不労所得です。

つまり、働かなくても何もしなくても自動でお金が入ってくる仕組みになります。

不労所得を作るのは、最初は大変ですが、うまくいけば、その後は、1日数時間の作業でサラリーマン以上のお金を稼ぐことが可能です。

しかも、めんどくさい人間関係もいらないので、ストレスもまったくありません。

正直サラリーマン経験のある方からすると、夢のような生活だと思います。

こんなん無理だとって思うが多いと思いますが、頑張れば誰だって不労所得を作ることができるのです。

私も働きたくないと考えていて、今現在不労所得を得るために頑張っています。

1年半くらいでサラリーマンレベルの収入を稼ぐことができるようになりました。

4. 働きたくない人は仕事が合っていないので今すぐ転職すべき

働きたくない1番の原因は仕事が合っていないということです。

人とのコミュニケーションでイライラする人が接客業や営業なんてしていたら、毎日怒ってばかりで、寿命が縮みますよ。

人には向き不向きがあるので、合っていない仕事や面白くないと思う仕事はすぐに辞めたほうがいいです。

私が最も尊敬する人スティーブ・ジョブズもこう言っています。

17歳のとき、こんな文章を読んだ。『毎日、今日こそが自分の最後の日だと思うようにすれば、いつの日か、自分が正しかったということを確信するだろう』この文章は、強烈な印象を私に与えた。

それ以来33年間、私は毎朝、鏡に向かって『もし今日が自分の最後の日だとすれば、今日しようと思っていることが、本当にしたいことだろうか?』と自問するようにしている。もしその答えが「ノー」だという日が何日も何日も続くようであれば、何かを変える必要があると思うわけだ。

毎日働きたくないと思っている人は、何かを変える必要があるのです。

でないと一生つまらない人生を生きることになります。

その一つの選択肢が転職だと思います。

人生は1回しかないんですから、あなたの好きなようにいきるべきなのです。

でも、会社をやめたら人に迷惑がかかるし・・・

という方は、あなたの人生を生きていません。

他人がどう思うかを気にして、差し障りのない人生を生きているということは、他人があなたに押し付ける人生を生きているということになります。

つまり、あなたはあなたの人生を歩んでいないのです。

一度しかない人生をそんなふうに無駄に過ごすことに意味はありません。

むしろ、他人に迷惑をかけるくらいに生きた方が、それは他人があなたに押し付けたわけではなく、あなたが自分で考え、切り開いた人生を生きているということになるのです。

なので、他人に多少迷惑をかけるくらいの思い切ったことをした方がいいと考えて、私はずっと生きていきました。

大学資料請求

大学に合格するには秋までに志望校を絶対決めろ!

そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない

私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。

しかも、今なら当サイトから資料請求すると、全員に図書カードプレゼントのキャンペーン中!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

✅ 大学の資料請求をして図書カードを100%ゲットする方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

マイナビ進学で大学資料請求したら全員に図書カードがプレゼント?

受験の1年前にしておいても遅くはありません。

それくらいに早め早めに行動して損はないです。

今なら当サイトから5校以…

 

関連コンテンツユニット

シェアする