へそのごまの驚愕の正体!取る方法や臭いを防止する方法を解説!

「へそのごまって何なの?」

「めちゃくちゃ臭いけど、取ったらダメだと言われたしどうしよう」

「へそをキレイにする方法が知りたい」

という方に向けて記事を書きました。

へそのごまって汚いものです、体に取って不要ですし、彼女のへそが汚かったら恋も冷めてしまいます。

今回は、意外と知られていない正しいへそのゴマの取り方や注意点を紹介させていただきます。

へそのごまの正体は?

へそのごまの正体は、人間のアカ(老廃物)です。
汗などのアブラ、古くなった皮膚、空気中のホコリやチリ、衣類の繊維、皮膚の常在菌、石鹸のカス、産毛などが固まってできたものになります。

だから、へそのゴマってめちゃくちゃ汚いんです。

体からでたカスや垢などの世の中の汚いものが全部詰まったものともいえます。

なので、これ、絶対に「とったほうがいい」です!!!

へそのゴマは、体にとって不要で、汚いものですし、見た目にも衛生的にもよくないので、こまめにケアをしてとってあげましょう。

へそのゴマは、だいたい黒っぽいごま程度の大きさであることが多いです。
長い年月が経つと、米粒くらいの白い塊になっていることもありますが、どちもへそのゴマであることに変わりありません。

へその中での位置や経過時間による成分の違いから白いものや黒いものがあるのだと考えられます。

へそのごまはなぜできる?

へそのごまは、体の垢の服の繊維や石鹸のカスなどが集まってできます。
普通はお風呂などで洗われるはずなのですが、昔の人はへそのごまを取るとお腹が痛くなると言われていたので、へそのごまを掃除する習慣がないため、溜まっているだけです。

今でも

「へそはいじらないのが賢明だ!」

という人もいるほど間違った考えが伝わっています。

お母さんに「へそのごまをとったらお腹が痛くなるよ」と言われたことがある人も多いでしょう。

また、へそは、内側に陥没した作りになっているので、ゴミがたまりやすい構造になっています。

ゴミがたまりやすい作りになっているのに、全然洗わないんですから、当然ゴミもたまるでしょう。

へそのごまの臭いの原因はガス?

へそのごまの臭いは、細菌による発酵が原因です。

先ほど説明しましたが、へそのゴマは体の垢や服の繊維、石鹸カスなどでできています。

垢や石鹸カスには、細菌が繁殖しやすい環境が整っているため、体にいる常在菌が垢の中で増殖するのです。

その際に発生したガスが臭いとなります。

汗をかいた服が臭くなるのも同じような原因でしょう。

へそのごまの臭いを防ぐには?

へそのごまの臭いを防ぐ方法は、へそをきれいに洗うしかないですね…

臭いの原因となるへそのごま自体を取り除いてやると、臭いはなくなるし、清潔になります。

へそ自体から臭いが発生しているわけではないので、洗えばOKです。

では、へそのゴマを取るためにどんなことに気をつければいいのでしょうか?

へそのごまの取り方のポイント

へそのゴマの取り方のポイントは「とにかくやさしく」です。

お腹はデリケートな部分なので、無理やりへそのごまを取ると、おへそが赤くなったり、お腹が痛くなることもあります。

お腹が痛くならないへそのゴマの取り方のポイントを知って、正しいケアを行うことが大切です。

なぜへそのごまを取るとお腹が痛くなる?

へそのごまを取ると、お腹が痛くなるのは、神経がたくさんある「腹膜」が刺激されるからです。

へそは他の部分よりも、へこんでいるので、脂肪や筋肉などが薄くなっています。

そのため、へそを少し刺激すると腹膜にある神経が刺激されてしまうのです。

オイルと綿棒を使って柔らかくしてから取る

おへそはデリケートな部分なので、オイルで柔らかくしてから綿棒を使って取りましょう。

オイルはお肌を柔らかくすることができるベビーオイルを使いましょう。

ベビーオイルを手に取り、おへそに揉み込んで、数分待つと、おへその皮膚が柔らかくなります。

この状態で綿棒を使うと、へそのごまがポロポロと簡単に取れちゃいます。

お風呂で取る

へそのごまを取るのに最適なのは、お風呂上がりです。
お風呂に入ると、体がふやけて皮膚が柔らかくなります。
へそのごまも簡単にとれるようになるので、おへそに負担がかかりません。

シャワーだけだと、十分に体がふやけないので、湯船に浸かるようにしましょう。

お風呂上がりにベビーオイルを塗ってケアするのがオススメです。

何回かに分けてとる

初めてへそのゴマを掃除する方は、一度に全部取りきらないようにしてください。

へそのゴマを掃除しようとすると、奥の方にあるゴマも取りたくなりますが、一度には取らないほうがいいです。

おへそはデリケートな部分なので、一気に掃除してしまうと赤くなったり、お腹が痛くなることもあります。

へそのゴマはしばらくするとたまります。

一度とっても、貯めないようにすることが肝心です。

いつ見ても清潔で綺麗なおへそを保ちたい方は、1週間に1回はへそのゴマを取ることをオススメします。

へそのゴマ掃除のケアポイント
●オイルと綿棒を使って柔らかくしてから取る
●お風呂でとる
●何回かに分けてとる

へそのごまとりグッズを使うと便利

へそのゴマとりグッズを使うと便利です。

へそのごまを取るために開発された製品なので、綿棒も大きめで柔らかくて、ふわふわ。

ジェルもアーモンドオイル、オリーブ果実オイル、エゴマオイルなどが含まれていて、おへそに優しい成分となっています。

普通の綿棒だと当たり外れありますし、こちらの商品のほうが手軽に使えるのでオススメです。

大学資料請求

大学に合格するには秋までに志望校を絶対決めろ!

そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない

私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。

しかも、今なら当サイトから資料請求すると、全員に図書カードプレゼントのキャンペーン中!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

✅ 大学の資料請求をして図書カードを100%ゲットする方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

マイナビ進学で大学資料請求したら全員に図書カードがプレゼント?

受験の1年前にしておいても遅くはありません。

それくらいに早め早めに行動して損はないです。

今なら当サイトから5校以…

 

関連コンテンツユニット

シェアする