日焼け対策20選!今年の夏は絶対に焼かない!白い肌を得るために

日焼け対策を徹底的にしたい!

最近の夏の暑さはヤバすぎます。

こんな暑い中で外にいると、めちゃくちゃ日焼けしてしまうでしょう。

焼きたくないから日中は絶対に外に出たくないという女性の方もたくさんいます。

でも、たまには海に行きたいし、キャンプや川遊びにも行きたいですよね。

日焼けはしたくないけど、外でも遊びたいという方のために、本気で焼きたくない方のための夏の日焼け対策を紹介させていただきます。

日焼け対策① 日焼け止め

日焼け対策として絶対にすべきなのが日焼け止めを塗ることです。

くもりの日でも外に出るときは、必ず日焼け止めを塗ってください。

日焼け止めを塗ることで日焼けを防ぐことができます。

しかし、完全に日焼けを防止することはできませんから、絶対に日焼けしたくない方は、外出を避けたほうがいいでしょう。

日焼け止めを買うならSPFの値が大きいほど、効果が高いので、SPF50以上の日焼け止めを買うことをおすすめします。

日焼け対策② UVカット率100%の日傘をさす

本気で日焼け対策をするなら、普通の日傘ではダメです。

UVカット率100%の日傘をさしましょう。

UVカット率100%の日傘は100%紫外線を通さないので、直射日光の下にいてもまったく日焼けしなくなります。

木陰の下にいるかのような涼しさを感じるでしょう。

いつも持ち歩くのは大変なので、折りたたみ式の日傘がおすすめです。

最近の夏は熱中症になるほどの猛暑なので、熱中症対策としても使えますし、日傘を持っていない方は絶対に買うことをおすすめします。

日焼け対策③ 目からの日焼けを防止!UVカットサングラス

日焼け対策をするなら、実はUVカットサングラスも絶対に必要です。

実は、目に紫外線が入ると、脳が体を紫外線からから守るために、メラニン色素が出るという仕組みがあります。

そのため、いくら日焼け止めを塗って、日傘をさしていても目から日焼けしてしまっては意味がありません。

なので、今年の夏は徹底的に日焼け対策をするぞ!という方は、UVカットサングラスを買わなければいけません。

アメリカ人でサングラスをかけている人が多いのは、目からの日焼けを防止するためなんですよ。(トリビア)

日焼け対策④ つばの大きな帽子をかぶる

日焼け対策を1番しっかり行いたいのが顔になります。

日焼けの影響でシワやシミができて1番困るのが顔ですから。

顔に日焼け止めを塗るのは当然ですが、やはり帽子もかぶっておいたほうが安心です。

特につばの大きい帽子がいいでしょう。

よく女優がプライベートでかぶっているやつです。笑

意外におしゃれだし、帽子が大きいので小顔効果もあるので、おしゃれな方にもおすすめです!

日焼け対策⑤ アームカバーで腕を守る

夏に半袖の服を着る方は、腕の日焼け対策として、アームカバーをつけることをおすすめします。

半袖の服にアームカバーをつけるとちょっとダサいですが、それでも日焼けするよりはマシという方におすすめです。

友達と会わないけど、ちょっとスーパーに買い物に行かなければいけないときなんかに使えるでしょう。

日焼け対策⑥ サンバイザーをつける

日焼け対策としてサンバイザーもおすすめです。

見た目はださいですが、かなり強力な日焼け対策となります。

自転車でスーパーに出かけるときなんかに使う方が多いとのこと。

サングラスと違って、視界が覆われることはないのはサングラスよりも優れたポイントでしょう。

本気で日焼け対策をしたいならおすすめの日焼けグッズです。

日焼け対策⑦ 日中は外に出ない

日焼け対策として最高なのが、そもそも日中は外に出ないことです。

どれだけ対策をしても、昼間外に出ると、必ず紫外線をあびることになります。

なので、1mmたりとも日焼けしたくないという方は、もう日中は外に出ないようにしましょう。

夏は夜の方が涼しいし、快適です。

アウトドアなんかに行かなくても、夏祭りなどのイベントを楽しむことができますよ。

なので、日中は外に出ないというのも本気で日焼け対策をしたい方にはおすすめですね。