ほくろ除去後テープはいつまで貼るのか?キズパワーパッド使用なら何日?

スポンサーリンク

ほくろ除去でテープはいつまで貼るのか?

私は7つのほくろ除去を電気焼灼(電気分解法)で行いました。

ほくろ除去後のケアはキズパワーパッドで行っています。

キズパワーパッドを使用した理由は、キズパワーパッドの方が治りが早くて跡が残りにくいと聞いたからです。

ほくろ除去をしたら目立つテープを貼るのはいつまでなんだろうという心配は、仕事、特に接客業をしていてほくろ除去を考えている方の最大の関心ごとでしょう。

今回は、実際に7つのほくろを除去した私がいつまでテープを貼ったかをレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

ほくろ除去後テープはいつまで貼るのか?

ほくろ除去テープをいつまで貼るのかは部位やほくろの大きさによって違います。

私の場合、7つのほくろ除去をして、6つのテープを貼っていました。

私がほくろ除去後いつまでテープを貼ったかをまとめました。

ほくろ除去跡のテープを外せるタイミングまとめ
1週間後 →3枚テープが外れる(こめかみの下、鼻、口角)

9日後  →さらに1枚テープが外れる(唇の上)
12日後 →さらに1枚テープが外れる(頬)
13日後 →最後の1枚のテープが外れる(こめかみ上)

私は、絶対に傷跡を残したくなかったので、かなり慎重に術後ケアを行っています。

そのため、キズパワーパッドが白く膨らまなくなったのを確実に確認してからテープを外したために、白くならなくなってからも1~2日長めにテープを貼っていました。

キズパワーパッドでほくろ除去跡のケアを行った場合、テープが外せるのは、7~13日後ということになります。

部位によって治りの早さに違いが見られました。

しかし、長くても13日程度見ておけば確実にテープは外せると考えればいいでしょう。

ただし、除去するほくろが大きい場合は、より深い傷ができるので、傷が治るのが長くかかることもあるかもしれません。


そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない
私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。しかも、今なら図書カード1000円分がもらえます!

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

無料です! マイナビ進学で資料請求する!今なら図書カード1000円分がもらえる!

ほくろ除去後テープはいつまで貼るかはどうすればわかる?

ほくろ除去後テープはいつまで貼るかは、キズパワーパッドを使っている場合は、白い膨らみができなくなるまでです。

キズパワーパッドは、2、3日に1回、傷の状態を確認するために、張り替える必要があります。

なので、2、3日に1回張り替えます。

通常は、新しいキズパワーパッドを貼ると、傷口から体液がでてきて白い膨らみができるのです。

キズパワーパッドが白く膨らんだ状態

この白い膨らみができなくなったらキズパワーパッドを剥がしてよいということになります。

念の為、白い膨らみができなってから1~2日はキズパワーパッドを貼っておくのがおすすめです。

傷跡を残したくないなら、慎重に術後のケアを行いましょう。

せっかく肌をきれいにしたくて、ほくろ除去をしたのに、傷跡が残ってしまっては意味がないですからね。