法政大学の評判と口コミ|就職や魅力を卒業生に聞いてみた!

スポンサーリンク

法政大学評判

法政大学の評判について、卒業生の方にインタビューしました。

法政大学はMARCHの一つで偏差値が60を超えるかなりレベルの高い大学です。

今回は、内部の学生が感じた生の法政大学の評判、学生のレベル、学生生活の様子、就職先などについて詳しくお聞きしました。

法政大学を受験校にしようか迷っていて、法政大学の評判について調べている受験生の方に大変役立つ内容となっています。

スポンサーリンク

法政大学の評判と口コミ|就職や魅力を卒業生に聞いてみた!

法政大学のどの学部出身?

法政大学 経済学部

法政大学の学生のレベルはどれくらいか?

国立、早稲田慶応、マーチ落ちの学生が多いです。

付属高校からの学生は2~3割程度です。(正確な数字は分かりませんが、そのくらいの感覚です)

法政大学の世間からの評判はどんなもの?

良くもなく、悪くもなくという感じです。

自分の周りはあまり大学に行っていない人が多いので、親せきや地元などでは評価が高いことが多いです。

就活での企業の反応はごく普通で、よくいる大学生という印象だったと思います。

たまに、「勉強けっこうできるんだね」と言われることもありましたが、企業によってはいわゆる「学歴フィルター」に引っかかるレベルの大学だと思われます。

国立・早慶などの学生と話すと、やはり評判はあまりよくないと感じました。

マーチの中でも他の大学と比べるとレベルは低いので、あまりいい格好できない、といった感じです。

学生数が多く、サークル活動が盛んなため、明るくチャラい大学だと言われたことも多々あります。

間違ってはいないと思います。

ただ、遊びが度を越して酔いつぶれてしまったり、異性間のトラブルで警察沙汰になったりという事件はほどんど聞かないので、そういった面では評判は悪くないですし、安心して通えます。

法政大学はどんな学生が多い?

仲間と一緒に遊ぶことが大好きな学生が多いと思います。

関東(東京・神奈川・埼玉・千葉辺り)に住んでいる人が多いです。

法政大学の学生生活の様子は?

サークル活動に明け暮れている人が最も多いと思います。

学生数が多く、キャンパスが東京に集結しているため、サークル活動がとても盛んです。

大学のサークルがメインですが、たまにインカレもあります。

大きいところではひと学年100人を超える団体もあります。

大学内は常に朝から夜まで人がいて、特に夜にはいたるところでサークル仲間や友達と遊んだり話したりしている人の姿があります。

近くに飲み屋が多いため、飲み会の頻度も多いです。

また、ほどんどの学生がバイトをしています。

サークル活動がない日の放課後にはバイトにいく、といった感じです。

学校の近くでバイトをする人もいますし、地元の近くでする人もいます。

地方から出てきて東京で一人暮らしをしている学生が結構いて、その人たちは生活にとてもお金がかかります。

実家暮らしの学生でも、遊びや飲み会、趣味、サークル合宿などでお金がかかるので、
ほどんどの人がバイトをしてお金を稼いでいるのです。

法政大学の就職先は良い?悪い?

学生数がとっても多いので、就職先はいい人もいれば悪い人もいるといった感じです。

大企業や中小企業に就職する人が多く、ベンチャーはあまり聞きません。

業界は金融系やメーカーが多いイメージがあります。

意識を高く持って、低学年のうちから何かに打ち込んだり、就職活動の準備をする人は就活が成功する傾向にあると思いますし、逆になかなか本腰を入れて取り組まなかった人はうまくいかなかったりという感じです。

しかし、内定が出ない、という話は聞いたことがありません。

みんなどこかしらの企業には入れるのではないでしょうか。

その点では安心できると思います。

就職活動では、ゼミやサークルの先輩や、大学のOB・OGの存在が結構重要になってきます。

その点ではこの大学は古い歴史があり、かつ学生数が多いので、卒業生がいろいろな業界、いろいろな企業にいらっしゃいます。

彼らを頼ることができるのが、この大学の学生の強みではないかと考えています。

法政大学の良かったところは?

自由に楽しく大学生活を送らせてもらえたところです。

大学側からほどんど指示がないため、自分たちがやりたいように、自分たち自身で考えて行動させてくれました。

そのような風土があるため本当に色々な人、色々な考えの人が共存していますが、互いに互いを認め合って、仲良く生活できる人が多かったと思います。

またサークルやゼミなどで飲み会や集まりが多く、楽しい場をたくさん作る学生が多かったのも、良かったの一つだと思います。

法政大学の悪かったところは?

授業やセミナーなど、学業関連への意欲が低い学生が多かったことです。

大学生活をサークルなどで楽しもうとすると、どうしてもその反対側にある学業がおろそかになってしまいます。

やはりレベルの高い大学にはそれだけ意識の高い学生が集まっており、上と比べるとどうしても意識の差が出てきていると感じました。

アルバイトやインターン、就職活動など、あまり力を入れず、消極的に済ませる学生が結構いたと感じ、そこが残念でした。

法政大学に通ってみてどうだった?

初めの頃はあまり好きになれませんでしたが、卒業するころにはとても愛着がわいていました。

とても楽しく学生生活がおくれました。

今までの自分ではしなかったような選択をするようになったのは、この大学に通ったからだと思います。

法政大学を受験しようと考えている後輩にメッセージ

この大学に入れば、楽しい仲間たちと、楽しい生活が待っています。

自由に、楽しく生活をしたい人はぜひ挑戦してみてください。

法政大学の評判まとめ

法政大学の評判は卒業生からすると、まずまずといったところのようですね。

とても良い大学生活を過ごしたということがひしひしと感じられます。

キャンパスが都心にあるということで、華やかな大学生活が送れそうです。

「就活での企業の反応はごく普通で、よくいる大学生という印象だった」というのが、リアルな法政大学の評判だと感じました。

世間一般からすると、かなり有名な大学という印象がありますが、就職活動で大手企業などを受けると、東大や京大の学生がザラにいるので、比べられてしまうからなのでしょうか。