シェアする

スポンサーリンク

腹筋割るための食事メニューとは?レシピや献立10選

シェアする

1カ月で腹筋を割る男こと、トリキです。

今回は、腹筋を割る食事をテーマに記事を書かせていただこうと思います。

この記事の対象者はこんな方
●腹筋を割るための食事が知りたい
●腹筋を割るためのメニューが知りたい
スポンサーリンク

腹筋割る食事とは?低糖質・高タンパクがいい?

腹筋を割るためには、お腹まわりの脂肪を落とさなくてはなりません。

いくら腹筋を鍛えて大きくしてもお腹まわりに脂肪がついていては、腹筋は割れないんですよ。

ボディービルダーの方を思い出してみてください。

腹筋が大きいのは当然ですが、脂肪が全然ついてないですよね。

やはりかっこいい体作りには、脂肪を落とすことが不可欠なんですね。

じゃあ、短期間で脂肪を落とすにはどうすればいいか?

脂肪を落とすのに、1番有効な方法は糖質制限をすることです。

つまり、ごはんやパンなどの主食を一切食べないということ。

ごはんやパンなどの主食に含まれる炭水化物(糖質)を徹底的に減らし、筋肉を作る原料となるたんぱく質を多くとることで、脂肪を減らしつつ、腹筋を大きくさせることができるのです。

炭水化物やたんぱく質の含まれる食材をまとめておきますね。

炭水化物(糖質)を多く含む食材ごはん、パン、うどん、そば、ラーメン、小麦粉、お菓子・ケーキ類、甘いモノ
たんぱく質を多く含む食材肉、魚、大豆製品(豆腐・納豆)

腹筋割るための食事メニュー10選

腹筋を割るための食事メニューを10選紹介します。

安い、手軽に食べられるというポイントを重視して厳選しました。

10のメニューがあれば、毎日ローテーションして続けることが可能だと思います。

腹筋を割りたいけど食事メニューが分からないという方に読んでほしい内容です。

腹筋割るための食事メニュー①すき家の牛丼ライト

価格390円
カロリー274kcal

腹筋を割るためには、すき家の牛丼ライトがおすすめです。

牛丼ライトとは、すき家のメニューの1つで牛丼のごはんが豆腐サラダに代わったものなんですよ。

ほらっ、牛丼の具の下は豆腐になっていますね。

あっさりしていて、お肉が食べられるので満腹感もえられます。

腹筋を割るための食事メニューとして最適ですよ。

すき家は全国どこにでもあるので、いつでもどこでもすぐにいけるというのもおすすめの理由となっています。

どんどん追加していきます。

また遊びにいらしてください。