服サイズ36/38/40/46表記の対応表|SMLでは?メンズ、レディースで違う?

メンズ服のサイズは36/38/40/42/44/46などの表記では、SMLのどれくらいになるのか?

結論から言うと、メンズの服のサイズは

サイズ36→S

サイズ38→M

サイズ40→L

サイズ42→XL

サイズ44→XXL

サイズ46→XXXL

となっています。

一方、レディースの場合は、ブランドの国によって全然違います。

今回は、36/38/40/42/44/46といったメンズ服のサイズ表記について、詳しく見ていきたいと思います。

メンズ服のサイズ36/38/40/42/44/46は、SMLのどれくらい?

メンズ服のサイズ36/38/40/42/44/46はイギリスとアメリカで使われているサイズ表記になります。

メンズ服のサイズ36/38/40/42/44/46をSMLで表すと以下の表のようになるでしょう。

メンズ服サイズ36/38/40/42/44/46の日本サイズ換算表

イギリス・アメリカサイズ 日本サイズ
34XS
36S
38M
40L
42XL
44XXL
46XXXL
48XXXXL

なので、普段Sを来ている方はサイズ36、普段Mを来ている方はサイズ38、普段Lを来ている方はサイズ40を着ればいいことになります。

メンズ服のサイズ36/38/40/42/44/46はイタリアサイズと間違えやすい?

メンズ服サイズ36/38/40/42/44/46と似たような表記として、イタリアサイズがあります。

GUCCIなどのイタリアブランドはイタリアサイズ表記ですね。

イタリアサイズは、44~58で表記されるので、44と46に関してはイギリス・アメリカサイズと表記が重なっており、混同してしまう可能性があるので、注意が必要です。

メンズ服のイタリアサイズの日本サイズ換算表

イタリアサイズ 日本サイズ
44XS
46S
48M
50L
52XL
54XXL
56XXXL
58XXXXL

イタリアサイズでは、46がS、48がM、50がLとなります。

イタリアサイズはアメリカ・イギリスサイズよりも数が10ずつ大きいので、実際には混同することはないでしょう。

メンズ服のサイズが36/38/40/46と表記される理由は?

メンズ服のサイズが36/38/40/46と表記される理由は、服のブランドが海外のものだからです。

海外では、服のサイズは36/38/40/46といった表記が一般的なので、そのまま日本でも同じ表記が使われています。

しかし、最近では、日本の服ブランドも服のサイズを36/38/40/46といった表記で表すことが増えているのです。

これは、海外のサイズ表記にした方が高級感が出るからだと考えられます。

GUCCIなどの高級ブランドのサイズ表記と同じにした方が高級なイメージを感じやすいからです。

まだまだ日本では、海外ブランド=高級といった図式が成り立っています。

また、SML表記ってなんだかダサい感じありますよね。

ブランドイメージを良くするために、あえてSMLではなく、海外のブランドと同じサイズ表記にしているということなのでしょう。

通販で買えるおすすめのメンズ服

流行りのおしゃれなMA-1

最近は襟のないタイトなジャケットであるMA-1という服が流行っています。

おしゃれな人は一着は必ず持っているでしょう。

春や秋などに活躍する定番商品なので、一着持っておくことをおすすめします。

場所を選ばないシンプルTシャツ

ジーパンにこれ1枚で決まります。

シンプルイズベストですよ。

あえて飾らない大人のかっこよさを演出しましょう。

7部袖シャツでオシャレを演出

7部袖のシャツって来ているだけでオシャレに見えるものです。

好きな子に好印象を与えたい人は、今年の夏は7部袖で決まり!

カラーもホワイト、ピンク、グレー、ブルー、ネイビーと5色展開です。

いくつか違う色を買って着回すのもおすすめ!