上智大学で偏差値、難易度、倍率を考慮して受かりやすい学部は?

上智大学の平均偏差値は62とかなり難易度が高いです。はたして、受かりやすい学部はあるのでしょうか?

難易度的には早慶には及びませんが、MARCHよりは上の難関大学として有名です。

世間ではかなりの高学歴として認知されていますし、就職実績もよく大企業に就職する人が多い大学です。

今回はどの学部でもいいから上智大学に受かりたいという方のために、”受かりやすい学部はどこか?”をテーマにお話をしようと思います。

上智大学の偏差値を考慮すると受かりやすいのは神学部、総合人間学部?

上智大学のすべての学部の中で偏差値が1番低いのは、以下の2つの学科です。

「上智大学 神学部 神学科」
「上智大学 総合人間学部 看護学科」

偏差値は一般的に合格難易度を表しますから、この2つが受かりやすいのかな?と思うのです。

しかし、神学部の入試科目は特殊で英、国、地歴に加えて、2次試験で小論文と面接が課されます。

また、神学部とは聖職者になるための学部ですから、普通の人が行っても仕方がないので、偏差値が低いのだと思います。

また、総合人間学部 看護学科も偏差値58と低く受かりやすいのですが、基本的に看護師を目指す人しか受験しませんから、入りやすいのでしょう。

✅ 大学のどの学科に行くかを迷っている方にはこちらの本がおすすめです。

ここからが本題です。さて、上智大学文系で特殊な学部を除くとどこが受かりやすいのでしょうか?

結論から言うと、外国語学部では「イスパニア語学科」と「ポルトガル語学科」が偏差値が低いです。

総合人間学部では、「社会福祉学科」

文学部では、「国文学科」、「新聞学科」、「哲学科」です。

これらの学科はすべて偏差値が60で並んでいます。

では、これらの学科ならどこも受かりやすいのかというとそうではありません。

文学部の哲学科と新聞学科では、それぞれ英、国、地歴に加えて学科試問という特殊な試験が課されるからです。

上智大学のホームページによると、哲学科だと「哲学への関心および思考力・表現力を問う試問」新聞学科だと「メディア/ジャーナリズムに関する試問」とされています。

哲学科と新聞学科は偏差値が低い代わりに学科試問の対策が必要となるので併願するのは大変だと思います。

なので、偏差値が低いといっても簡単に入れるというわけではなさそうです。

では、外国語学部「イスパニア語学科」と「ポルトガル語学科」、総合人間学部の「社会福祉学科」はどうなのかというと、この3つの学科に関しては、英、国、地歴のみで受験が可能です。

よって、普通の文系学部の中では、外国語学部「イスパニア語学科」と「ポルトガル語学科」、総合人間学部の「社会福祉学科」の偏差値が60と上智大学で最も低く受かりやすいのではないか?という結論に至りました。

✅ 上智大学の学部の序列を詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

関連記事 上智大学の学部の序列ランキング 偏差値や難易度でレベル分けしてみた

上智大学の学部の序列ランキング 偏差値や難易度でレベル分けしてみた
上智大学の学部の序列ってどうなの? 上智大学の自分が目指している学部よりもっと簡単な学部はどこ? という疑問に答えて学部...

以下の表が、上智大学の各学科別の偏差値ランキングです。参考にしてみてください。

上智大学の学部別偏差値ランキング

偏差値学部・学科
68上智大学 外国語学部 英語学科
65上智大学 外国語学部 ドイツ語学科
上智大学 経済学部 経営学科
上智大学 総合グローバル学部 総合グローバル学科
上智大学 総合人間学部 社会学科
上智大学 法学部 国際関係法学科
上智大学 法学部 地球環境法学科
上智大学 法学部 法律学科
 63 上智大学 外国語学部 イスパニア語学科
上智大学 外国語学部 フランス語学科
上智大学 外国語学部 ロシア語学科
上智大学 経済学部 経済学科
上智大学 総合人間学部 教育学科
上智大学 総合人間学部 心理学科
上智大学 文学部 ドイツ文学科
上智大学 文学部 フランス文学科
上智大学 文学部 英文学科
上智大学 文学部 史学科
上智大学 理工学部 機能創造理工学科
上智大学 理工学部 情報理工学科
上智大学 理工学部 物質生命理工学科
 60上智大学 外国語学部 イスパニア語学科
上智大学 外国語学部 ポルトガル語学科
上智大学 総合人間学部 社会福祉学科
上智大学 文学部 国文学科
上智大学 文学部 新聞学科
上智大学 文学部 哲学科
 58 上智大学 神学部 神学科
上智大学 総合人間学部 看護学科

※数値は当サイトの独自調査によるもの
※偏差値は一般入試のもの
※試験方式TEAPは除く

ちなみに、上智大学で一番偏差値が高いのが「外国語学部 英語学科」です。偏差値は68とずば抜けて高く早慶の上位学部に匹敵するほどの難易度を誇ります。

やはり、看板学部である外国語学部の中でもさらに英語を学ぶことができる英語学科が人気ということなのでしょう。

それでは、次は”倍率から考えた受かりやすい学部”について紹介したいと思います。

✅ 上智大学卒業生の就職先について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

関連記事 上智大学の卒業生の就職先は?就活で有利?悪い?

上智大学の卒業生の就職先は?就活で有利?悪い?
上智大学の就職先を調べている人が多いですね。 受験生の方が大学選びの参考にしらべているのでしょうか? 今回は上智大学の卒...

上智大学の倍率を考慮すると受かりやすいのは文学部?

受かりやすい学部を調べる上で偏差値の次に参考になる情報が倍率です。倍率が少ないほどライバルが少なくなるわけですから入りやすくなるのは当然ですよね。

どこが受かりやすいかの説明の前にまず倍率について知ってほしいのですが、倍率って毎年大きく変動するんですよ。前年倍率が低かったところに次の年は受験者が殺到したりといったことがよくおこります。その逆に前年倍率が高かったところが穴場になることもよくありますね。

なので、去年の倍率だけ見ても意味がないんですよ。直近数年の平均倍率を見る必要があります。そうすると、実際の穴場になりそうな学部が見えてくるんです。

で、結論から言うと、過去3年間の平均倍率が低い順に、文学部哲学科、史学科と続いて、国文学部国文学科、新聞学科、外国語学部ロシア語学科の3つが並んでいます。

さっきも説明した通り、哲学科、史学科、新聞学科に関しては学科試問という特殊な試験がありますから、入るのは簡単とは言い難いのです。

なので、残った「文学部国文学科」、「外国語学部ロシア語学科」が倍率的には受かりやすいといえると思います。

以下の表が上智大学の倍率推移になります。参考に見てみることをおすすめします。

上智大学の学部別倍率推移

学部学科倍率
201520162017平均
神学部神学科4.03.97.25.0
文学部 哲学科2.8 2.6 3.63.0
 史学科 3.1 3.2 3.53.3
 国文学科 2.8 4.0 3.93.6
 英文学科 3.5 5.0 3.54.0
 ドイツ文学科 3.6 4.8 5.14.5
 フランス文学科 4.5 4.1 5.34.6
 新聞学科 3.7 2.8 4.43.6
 総合人間科学部 教育学科 5.4 5.7 4.85.3
 心理学科 9.7 6.9 12.39.6
 社会学科 6.1 5.6 5.85.8
 社会福祉学科 3.8 4.9 8.55.7
 看護学科 4.5 4.1 4.14.2
 法学部 法律学科 3.7 4.6 5.04.4
 国際関係法学科 3.5 3.3 5.14.0
 地球環境法学科 3.2 4.9 4.44.2
 経済学部 経済学科 4.3 4.5 5.44.7
 経営学科 5.8 5.3 6.35.8
 外国語学部 英語学科 5.3 6.6 5.15.7
 ドイツ語学科 3.9 7.9 5.55.8
 フランス語学科 4.4 4.8 4.94.7
 イスパニア語学科 4.0 5.3 3.94.4
 ロシア語学科 3.0 4.5 3.43.6
 ポルトガル語学科 4.0 3.9 5.64.5
 総合グローバル学部 総合グローバル学科 3.94.2 4.94.3
理工学部物質生命理工学科 5.04.4 3.64.3
機能創造理工学科 5.0 5.8 4.15.0
情報理工学科 5.7 5.9 4.95.5

出典:上智大学入試統計のデータを元に作成

国語が苦手なら経済学部が受かりやすい

上智大学 経済学部の経済学科と経営学科はどちらも国語が現代文のみです。なので、古文や漢文が苦手な人は受かりやすいといえます。

ただし、選択科目がちょっと変わってるので注意してください。

2017年度は経済学科が英、国(現代文)、数。経営学科が英、国(現代文)、数か地歴でした。経済学科は社会が選べないんですよ。経営学科は地歴で日本史が世界史が選べるんですけどね。

ちなみに他の学部はすべて古文と漢文が必須となっています。

上智大学ではTEAP方式を利用すれば受かりやすい?

上智大学は外国語に力を入れているだけあって、帰国子女に有利なTEAP方式という試験形式があります。

TEAPとは、リーディング、リスニング、ライティング、スピーキングといった観点からそれぞれ英語力を測定するテストのことです。

上智大学では、このTEAPで基準点をクリアしていればすべての学部で英語の試験が免除になります。

この試験は7,9,11月にあり、高2以上であれば何度も受験することが可能です。なので早目に基準点をとっておけば本番当日は国、地歴だけの受験でいいため、集中して2科目だけを対策することができるのです。

ただ、実質的には帰国子女のための試験で、日本からでたことがない普通の高校生には無理なんじゃないかというのが正直な感想です。

ただ、もしあなたが帰国子女だったり、英語のライティングやスピーキングにも自信あるよという方だったらぜひ検討してみてもいいと思います。

上智大学の理系学部で受かりやすいのは物質生命理工学科

ここまでは上智大学の文系学部についてお話をしてきました。では、理系学部ではどこが受かりやすいのでしょうか?

上智大学には理系は理工学部だけしかなく、機能創造理工学科、情報理工学科、物質生命理工学科といった3つの学科があるのみです。

偏差値はどこも63と並んでいるのですが、平均倍率でみると、物質生命理工学科が4.3と最も低く、比較的受かりやすいといえるでしょう。

その次が、機能創造理工学科で、1番人気があるのが情報理工学科となっています。

科目も募集人数も3つの学科は同じなので、倍率が少ない物質生命理工学科が入りやすいというのは間違いなさそうです。

こんなお悩みありませんか?
●塾の費用が高い
●予備校へ行くのに1時間以上かかる
●実力のある先生の授業を受けたい

スタディサプリなら月980円で有名講師の授業が見放題志望校の過去問も無料でダウンロードできます。東大、京大、早慶上智、MARCHへの合格実績も多数あり。

今なら14日間お試しで使うこともできます。

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

大学資料請求

大学に合格するには秋までに志望校を絶対決めろ!

そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない

私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。

しかも、今なら当サイトから資料請求すると、全員に図書カードプレゼントのキャンペーン中!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

✅ 大学の資料請求をして図書カードを100%ゲットする方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

マイナビ進学で大学資料請求したら全員に図書カードがプレゼント?

受験の1年前にしておいても遅くはありません。

それくらいに早め早めに行動して損はないです。

今なら当サイトから5校以…

 

関連コンテンツユニット

シェアする