シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

啓蒙と啓発の違いは?意味や例文を紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

啓蒙と啓発の違いや意味を正しく理解することは難しいです。

そこで、今回は啓蒙と啓発の違いを意味や例文などを使ってわかりやすく説明させていただきます。

スポンサーリンク

啓蒙と啓発の違いは?辞書的意味から考察

啓蒙と啓発の意味の違いを知るために、まずは辞書で意味を調べて見ました。

すると、啓蒙の意味は以下のように書かれています。

人々に正しい知識を与え、合理的な考え方をするように教え導くこと。

「大衆を啓蒙する」「啓蒙書」

人々に新しい知識を与え、教え導くこと。

「庶民を-する」
出典元:コトバンク

一方、啓発の意味は以下のようになっています。

人が気づかずにいるところを教え示して、より高い認識・理解に導くこと。

「彼の意見には啓発された」「自己啓発」

人々の気がつかないような物事について教えわからせること。

「大いに-された」
出典元:コトバンク

これらの辞書的意味から啓蒙と啓発の違いを考えました。

啓蒙は対象が不特定多数、啓発は対象が自分であるという違い?

すると、啓蒙では人々という単語が書かれていますから、啓蒙の相手は大衆や庶民といった不特定多数の人々となっていることがわかるでしょう。

一方、啓発は、啓発される対象が自分となっていますね。

これは、啓発では”人々が気づかないような物事”についてわからせるという意味がありますが、この気づいていなかったかどうかというのは主観的であり、他人が本当に知らなかったかどうかは確かめることができません。

なので、啓発の対象は自分であることが多いのです。

彼を啓発したというように使うこともできなくはないでしょうが、彼が物事をわかっていなかった決めつけるようで、かなり失礼な言葉使いとなっています。

なので、他人を啓発したという文章はいささか自分中心主義の文章であり、使われることは少ないと考えられます。

啓蒙は知識のない人に対して、啓発は知識の有無は関係ない?

また、別の視点で考えると、啓蒙は知識のない人に対して行われるものです。

なので、対象が一般大衆や庶民となっているのですね。

昔、特権階級というものがあった時代に、貴族の人たちが”無知な一般庶民を啓蒙してやろう”という意味で用いられた言葉だと考えればイメージがつきやすいかと思います。

一方、啓発は対象者の知識の有無は関係なく、気づいていなかったことについてわからせるという意味となっています。

なので、対象者がたとえ、総理大臣であろうが、貴族などの特権階級であろうが問題ないわけです。

なので、ある学術的な知識を一般大衆に広めたいときは、通常は啓蒙を使うことになります。

しかし、啓蒙には無知な大衆相手に知識を与えるといった少し失礼な意味合いがありますので、あえて啓発活動という形で表現する場合があるのでしょう。

スタディサプリ、大学資料請求

難関大学合格目指すならスタディサプリがおすすめな理由

こんなお悩みありませんか?
●塾の費用が高い
●予備校へ行くのに1時間以上かかる
実力のある先生の授業を受けたい

スタディサプリならこれらのお悩みをすべて解決できます!

なにしろ費用はたったの月980円

志望校の過去問も無料でダウンロードできます。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

スマホやパソコンで視聴できるので、通学時間がゼロです。

田舎に住んでて近くに予備校がなくても大丈夫。

通学時間が長くて不利になることもありません。

東大、京大、早慶上智、MARCH、医学部への合格実績も多数あり!

今なら14日間お試しで使うこともできます。

もちろん、合わなかったら途中で解約すれば一切料金はかかりません。

迷っている方はとりあえずやってみましょう。迷っている時間が無駄ですよ。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

今だけ!当サイトからスタディサプリに登録し1ヶ月以上継続利用すると2000円現金キャッシュバック!めちゃくちゃお得です。詳しくは上のリンク先をみてください。

難関大学に合格するためには春までに志望校を決めるべき

大学受験で難関大学に合格する人は、志望校を春までに決めるべきです。

春までに志望校を確定している人の方が、受験までに十分な対策ができるので合格する可能性が高くなります。

でも、そもそもどこの大学を受ければいいかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、大学の資料請求をするのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

※今なら7校以上のパンフを資料請求すると図書カード500円分がもらえます。

受検候補となっている大学の情報を集めることで行きたい大学が見つかるはず。

大学のパンフレットには、大学の様子や先輩の声などの情報がたくさん載っているので、志望校選びに役立ちますよ。

また、志望校の資料請求をすることで、楽しい大学生活をより具体的にイメージできるので、早く大学生になりたいと思うはず。

すると、自然と”勉強のやる気”が出てくるのです。

私も早稲田大学のパンフレットは夏前に入手して、モチベーションを高めていました。

ちなみに、パンフレットの請求は無料なので、ぜひ他の大学と比較してみましょう。

早稲田大学、慶応大学、上智大学、明治大学、立教大学、青山学院大学などの有名大学のパンフレットも一緒に取り寄せるのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事

こちらも合わせてどうぞ1.これで月325円はヤバい!⇒Amazonプライム会員最高!10のお得な特典を紹介
2.月500円で12万本見放題は凄い!⇒動画配信サービスを本数,料金,画質で比較!おすすめは?

3.学生は6か月無料!⇒Prime studentの凄い特典10選!

4.無料で漫画読み放題!?⇒無料漫画アプリおすすめランキング10選!

5.月980円で本読み放題!⇒kindle unlimitedのおすすめ雑誌,漫画,小説まとめ