慶應義塾大学の著名な卒業生30選|まさかのあの有名人も?

スポンサーリンク

慶應義塾大学の著名な卒業生は?

慶應義塾大学は、早慶と並び、日本の私立大学でトップの大学です。

大学の男子生徒は、慶應ボーイと言われていて、華やかで都会的なイメージがある大学になります。

そんな慶應義塾大学は、実はたくさんの有名人が卒業しているのです。

今回は、慶應義塾大学の著名な卒業生が誰かをテーマにお話をさせていただきます。

スポンサーリンク

芸能人で慶應義塾大学の著名な卒業生

北山 陽一(きたやま よういち) 慶應義塾大学環境情報学部卒業

ヴォーカルグループ・ゴスペラーズのメンバー。

ベースパートを担当しています。

1992年に慶應義塾大学環境情報学部に入学し、1998年に卒業しました。

慶應在学中に偶然存在を知った早稲田大学のアカペラサークルに参加するようになり、そこでゴスペラーズのメンバーに誘われてメジャーデビューを果たしました。

2012年には慶應義塾大学の環境情報学部特別招聘講師に就任。

音楽活動の傍ら、出身地である青森県八戸市の八戸大使を務めた経歴もあります。

トリンドル 玲奈(とりんどるれいな) 慶應義塾大学環境情報学部卒業

ファッションモデルやタレントとして活動している彼女は、オーストラリア人の父親と日本人の母親の間に生まれました。

父親の仕事の関係で、日本やフランス、アメリカなどに引っ越しをしますが、国際基督教大学高等学校を卒業後に慶應義塾大学環境情報学へ進学します。

高校生のときにスカウトをされ、2009年に広告でデビューしました。

2012年にはテレビドラマ「黒の女教師」で女優としてもデビューしています。

森 星(もり ひかり) 慶應義塾大学文学部卒業

ファッションモデルとして活躍している彼女は、慶應義塾幼稚舎、慶應義塾中等部、慶應義塾女子高等学校を経て慶應義塾大学文学部に入学しました。

読者モデル出身で、「CanCam」で専属モデルを務めた経験もあります。

ファッションデザイナーである森英恵を祖母に持ち、実の姉である森泉もモデルやタレントとして芸能界で活動してます。

2012年には映画「青いソラ白い雲」で主演をはたし女優としてもデビューしました。

石原 良純(いしはら よしずみ) 慶應義塾大学経済学部卒業

神奈川県逗子市出身のタレント、気象予報士としても活躍しています。

父は、東京都知事にもなった、石原慎太郎。

兄は、衆議院議員の石原伸晃。

叔父は、石原裕次郎です。

慶應義塾大学在学中に叔父が社長を務めている石原プロモーションに入社、1989年に退社しました。

その後、気象予報士の森田さんに勧められて、気象予報士になるための勉強をし、1997年に合格しました。

今では、様々な天気予報番組に出演しています。

そして、好きな気象予報士ランキングの上位となり、多くの人から、支持されています。

石坂 浩二(いしざか こうじ) 慶應義塾大学法学部法律学科卒業

俳優、タレント。

慶應義塾普通部、慶應義塾高等学校を経て慶應義塾大学法学部法律学科に入学していますが、1958年の高校生時代にドラマのエキストラをした経験があるそうです。

スカウトをきっかけに入団した劇団四季では演出部に入り、台本や作詞を手掛けていました。

多数のドラマや映画に出演もしていますが、趣味は絵画で美術団体が主催する二科展で1974年から1985年まで連続入選という記録も持っています。

紺野 あさ美(こんの あさみ) 慶應義塾大学環境情報学部卒業

元アイドル・元アナウンサー。

中学2年生の頃にモーニング娘。のオーディションに合格してアイドルになり、当時はモーニング娘。の全盛期ということもあり高校への進学はしなかったそうです。

しかし、中学までの成績はオール5の優等生だったそうで、2006年にモーニング娘。を卒業してから高卒認定を受けて高卒資格を取得しています。

そして、慶應義塾大学にAO入試で進学されました。

大学卒業後には小さい頃からの夢だったアナウンサーとしてテレビ東京に入社された、とても努力家な人柄がわかります。

紺野美沙子(こんの みさこ) 慶応大学文学部卒業

女優。

1985年のNHK朝ドラ「虹を渡る」のヒロインとして女優デビューしました。

エスカレーター式の学校カリタス女子中学校に入学しましたが、高校では慶応女子高を受験して合格・そのまま慶応大学へと進学します。

大学在学時代から芸能活動を始め、最初は清純派女優として売り出されてましたが、1990年代の「誘惑」で悪女を演じてからは、れ場を披露したり演技や役にも幅が出るようになりました。

夫は元TBSプロデューサーで現在は2児の母。

最近は女優業より国際親善大使として各国を回ったり、朗読活動をしたりと、文化人的な活動に力を入れています。

水嶋 ヒロ(みずしま ひろ) 慶應義塾大学環境情報学部

俳優、小説家。

帰国子女でもあり、小学校卒業までスイス・チューリッヒのインターナショナルスクールへ通っていたとのこと。

高校卒業後に慶應義塾大学環境情報学部へ進学しましたが、大学在学中に留学費用を貯めるためにファッションモデルとしての仕事を始め、その後ドラマや映画にも出演するようになりました。

なお、2010年には小説「KAGEROU」を発表し、第5回ポプラ社小説大賞を受賞しています。

櫻井 翔(さくらい しょう) 慶應義塾大学経済学部卒業

ジャニーズのアイドルグループ、嵐のメンバー。

幼稚舎から慶應義塾に入学し、その後13歳からジャニーズJr.として活動、嵐としてデビューした翌年、慶應義塾大学の経済学部に進学しました。

嵐のメンバーの中でも知性派で優等生なお坊ちゃんのイメージが強く、嵐としての芸能活動と大学生活を両立していました。

そんな経歴が評価され、アイドルとしてはもちろん、ニュースキャスターとしても長く活躍していて、現在は増えてきたジャニーズのアイドルがニュースキャスターを務めるというスタイルの先駆者となった人物です。

真面目なイメージが強い一方で、嵐の音楽ではラップを担当し、ラップの歌詞も自身で手がけるなど、多彩な一面も見せます。

伊藤 利尋(いとう としひろ) 慶應義塾大学法学部政治学科卒業

フジテレビアナウンサー。

元々バラエティ番組を数多く担当していましたが、2015年にすべてのバラエティ番組を外れて夕方のニュースのメインキャスターに。

3年間夕方のニュースを担当し続けた後、2018年からは情報番組のMCに担当が移り、それと共に再びバラエティ番組にも復帰しました。

バラエティ番組時代はとんねるずと長らく仕事をしていたこともあって、とんねるずとの交流が深いイメージが強くあります。

子供の頃にイギリスに住んでいた経験もあるため英語が堪能で、報道番組を担当していた際はその語学力も発揮していました。

頭の回転が速く、聞き取りやすいアナウンス力で、顔を出して出演する番組の他、ナレーションも多く担当し、フジテレビの男性アナウンサーの中でも人気がある方です。

中田 敦彦(なかた あつひこ) 慶應義塾大学経済学部卒業

お笑い芸人。オリエンタルラジオのボケ・ネタ作り担当。

相方は藤森慎吾。

2001年に慶應義塾大学に入学し、アルバイト先で相方の藤森慎吾と出会いました。

2003年に「オリエンタルラジオ」を結成し、2004年に吉本総合芸能学院(NSC)に入学しました。

大学は芸能活動が多忙な為、2度留年し、2007年に6年がかりで卒業しました。

リズムネタでヒットする一方で、「雑学芸人」として単独でクイズ番組などに出演し、好成績を収めています。

窪塚 俊介(くぼづか しゅんすけ) 慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業

俳優。

1981年11月6日生まれ、兄は俳優の窪塚洋介、弟はレゲエミュージシャンのRUEEDで、芸能兄弟の真ん中っ子です。

大学在学中に大学を休学し、アメリカの名門演劇学校に留学し、演技について学んでいます。

帰国後すぐ、俳優としてデビュー、ドラマやCMで活躍されています。

女優さんとの熱愛報道などもありましたが、2016年に一般の方と結婚し、家庭を築いています。

2018年には、椎骨動脈解離のため、出演予定だった舞台を降板されていますが、現在は全快されているそうです。

ふかわ りょう 慶應義塾大学経済学部

慶應大という高学歴ながら、シュールで独自なお笑いのピン芸人としてブレイクしました。

当時は現在ほど高学歴芸人は多くありませんでした。

その後、お笑い以外のタレント業でも活躍されています。

一発屋として消えることなく、長い間活動できるのは、頭の良さと対応の上手さのバランスが良いからだと思われます。

特に司会業では、どんなコメンテーターがいらしても、臨機応変で、笑いを取りつつ、ゲストの個性を活かし、今では隠れた名司会者とも言えるでしょう。

水卜麻美(みうらあさみ) 慶應義塾大学文学部卒業

「ミトちゃん」の愛称で知られる日本テレビアナウンサー。

女子アナといえば清楚でスタイルの良い人が多かったところ、ややぽっちゃりな見た目で食べるのが大好きという親しみのある人柄から、2010年入社から瞬く間に人気女性アナウンサーになりました。

同期入社がいないため、後輩と食事をすることが多く、後輩が同期のようになっているそうです。

2014年から24時間テレビの総合司会を務め、他にもバラエティ番組の進行役を多く務めています。

ミッツ・マングローブ(みっつ・まんぐろーぶ) 慶應義塾大学法学部政治学科卒業

本名は徳光修平、日本の女装家、タレント。

伯父はアナウンサーの徳光和夫。

小中学校はロンドンで過ごし、大学卒業後も英国ウエストミンスター大学への留学経験、父の仕事の影響もあり英語は堪能です。

新丸の内ビルディングの「来夢来人」でママを務め、女装家という言葉を作った人でもあります。同じく女装家のマツコ・デラックスとは古くから友人関係にあります。

歌手活動も行っていて、アルバム発売とイタリアデビューもしています。

現在はバラエティ番組の他、報道番組にコメンテーターとしても出演することが多いです。

中野美奈子(なかのみなこ) 慶應義塾大学商学部卒業

元フジテレビアナウンサー、現在はフリーアナウンサーとして活動しています。

大学2年生の時、大学のミスコンでミス慶應に選出されます。

2002年にフジテレビに入社し、以降めざましテレビに出演、2009年卒業後はとくダネ!に出演しています。

2010年に結婚すると、2012年には夫の海外赴任に同行する形で退社し、日本のテレビ番組はすべて降板しますが、フリー契約後2013年にはめざましテレビに復帰、シンガポールからアジア支局長としてリポートすることとなりました。

2016年に男の子を出産しています。

菊池風磨(きくちふうま)慶應義塾大学総合政策学部

ジャニーズ事務所所属のsexy zoneのメンバーの一人。

嵐に憧れ2008年4月にジャニーズ事務所に入りました。

2011年9月にsexy zoneを結成し、11月にCDデビューしました。

父親は、嵐のデビュー曲の作詞を手がけた菊池常利さんです。

デビュー後は、様々なドラマにも出演しました。

時をかける少女、嘘の戦争、我輩の部屋であるなどに出演しました。

また、sexy zoneでのライブ以外にもソロでもコンサートを行っています。

別所哲也(べっしょてつや)慶應義塾大学法学部

静岡県島田市出身の俳優。

1987年に大学在学中にミュージカルのファンタスティックスにてデビューしました。

今では、ドラマに映画、ミュージカルにと大活躍しています。

また、アメリカ滞在経験が長く英語を話すことができ、知的なイメージもあり、クイズ番組やキャスターとして様々な番組に出演されています。

また、短編映画好きで趣味が高じて、ショートショートフィルムフェスティバルを自ら立ち上げました。

そして、現在ではアジア最大の短編映画祭とまで成長しました。

古川雄輝(ふるかわゆうき)慶応義塾大学理工学部卒業

ホリプロ所属の俳優です。

7歳の時に父親の仕事の関係でカナダに住み、その後単身でニューヨークに行き、慶応義塾ニューヨーク学院を卒業、11年間海外に住み、英語は、ペラペラです。

慶応義塾大学に進み、2009年にマスター慶応に選ばれました。

2018年に行われたホリプロのオーディションで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビューを果たしました。

ドラマや舞台、映画にと活躍しています。

また、ドラマ、イタズラなキスは、中国で配信され、日本のみならず、中国でも絶大な人気を誇っています。

中村雅俊(なかむらまさとし) 慶応義塾大学経済学部卒業

俳優、歌手。

文学座附属演劇研究会に所属していたころ、先輩である松田優作が岡田晋吉に紹介したことをきっかけにドラマ「我ら青春」の主役に抜擢され人気を獲得し、挿入歌を自らが歌ったことで歌手デビューも果たした。

その後はドラマはもちろん、映画やミュージカル、歌手活動など幅広い活躍をみせ、今年の朝ドラ「半分、青い」では主人公の祖父役を熱演し絶賛されるなど、まだまだ活動し続けている。

崎本 大海(さきもと ひろみ) 慶應義塾大学法学部政治学科卒業

俳優。

4歳の頃に子役デビューして高校時代も多くのドラマや映画に出演されていた崎本大海さん、高校3年生になったら大学受験の為に芸能活動を休業するつもりだったそうですが、NHK朝ドラに抜擢されたことで撤回して俳優活動を継続しています。

そして、学業を仕事を両立させながら慶應義塾大学法学部政治学科に進学したということで、かなり頭脳明晰で努力家だと言えるでしょう。

現在は脇役での出演が多いですが、まだまだ伸びしろのある俳優さんです。

青木源太(あおきげんた) 慶應義塾大学文学部卒業

日本テレビアナウンサー。

2006年入社で、同期に桝太一アナがいます。

入社後は情報番組、バラエティ、スポーツ実況まで幅広く活動してきました。

2015年からPON!で司会陣に参加し、趣味はジャニーズの曲だけを歌うジャニカラを公言している大のジャニーズファンであることから、ジャニーズ関連を紹介する際にはジャニッPON!のタイトルがつくようになりました。

取材も本人が行い、親交を深めているようです。

二階堂 ふみ(にかいどう ふみ)慶應義塾大学総合政策学部

女優、モデル、タレントと各方面で活躍しています。

テレビでも引っ張りだこですが、そんな彼女の芸能界デビューは以外にも、グラビアでした。

ポスト宮崎あおいとして注目され、沖縄県那覇市出身でその独特な演技力で主に女優業として多くの仕事をしています。

映画『ヒミズ』で主演をはるなど、その他『悪の教典』、『脳男』など多くの映画で活躍しています。

『ヒミズ』では第68回ヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞新人賞を獲得したことでも注目を集めました。

小出 恵介(こいで けいすけ) 慶應義塾大学文学部人文社会学科

日本の俳優。

テレビドラマ『ごくせん』、『ROOKIES』や映画『僕の彼女はサイボーグ』、『風が強く吹いている』など、多くのメディアに出演。

文化人で慶應義塾大学の著名な卒業生

miwa(みわ) 慶応大学商学部卒業

歌手、女優。

慶応大学商学部に入学し、留年することなく2013年に慶応大学商学部卒業しました。

高校時代からライブや音楽活動を行っており、高校3年生の時ソニーレコードと契約しています。

大学1年生の3月にメジャーデビューし、学業と音楽活動を両立されていたそうです。

卒業後は、国立代々木競技場第一体育館や日本武道館でライブを行います。

2015年に映画『マエストロ!』、2017年には映画『君と100回目の恋』に出演し、女優としての活動もしています。

コムアイ(こむあい) 慶応義塾大学環境情報学部卒業

コムアイは水曜日のカンパネラというユニットでボーカルとして活動しているミュージシャンである。

知り合いの映像作家のパーティーで活動を誘われたことで活動を開始しYouTubeにて作品を出し、デビューを果たすと一躍注目をあつめた。

日清食品のカレーメシのタイアップとして「ラー」を発表し、その後次々と楽曲を出し、テレビ番組の出演や大型フェスへの出演などをし続けて、現在でもファンを増やし続けている。

岩田剛典 慶應義塾大学法学部

ダンサー。三代目J Soul Brothers、EXILEのメンバー。

中学受験を経て慶應義塾普通部入学。

とても頭が良かったようで、通っていた塾ではトップクラスだったようです。

その後慶應義塾高等学校へ進学し、ラクロス部に入部。

慶應義塾大学入学後、ダンスサークルDancing Crew JADEに所属後に、第18代目部長を務めるなどダンスがとても好きになり活躍します。

また、大学時代は、ミスター慶應コンテスト2009の最終候補に選ばれるなど、大学内でも目立っていました。

竹内まりや 慶應義塾大学文学部

ミュージシャン。

慶應義塾大学文学部入学。高校まで島根在住で、大学のために上京。

高等学校在学中に、AFS交換留学制度を利用して、アメリカ・イリノイ州のロックフォールズ・タウンシップ・ハイスクールで留学を経験します。

高校卒業後は慶應義塾大学文学部の英文学科へ進学した後、在学中に音楽サークル「リアル・マッコイズ」に所属して音楽へと目覚めていきます。

独特の感性を持ったミュージシャンで今もなお人気があります。

一青 窈 (ひとと よう) 慶應義塾大学環境情報学部

歌手。

台湾人の父親と日本人の母親の間に台湾で生まれ、幼稚園卒園後に日本に渡りました。

半年の浪人期間を経て、AO入試で慶應義塾大学に入学しました。

在学中にアカペラサークルに所属し、現ゴスペラーズの北山陽一と出会いが「自分で書いた詩を自分で歌う」ということのきっかけになりました。

その後、福祉イベントで歌っているところをスカウトされ、2002年に「もらい泣き」でデビューし、大ヒットしました。

数々の音楽賞や新人賞を受賞し、2003年にはNHK紅白歌合戦に初出場しました。

翌年には「ハナミズキ」が大ヒットしました。

市川猿之助(いちかわえんのすけ)(4代目) 慶應義塾大学文学部国文学専攻卒業

市川猿之助は1975年東京都生まれの現在42歳です。

父が四代目市川段四郎で伯父が三代目市川猿之助(現在は市川猿爺)という歌舞伎一家の生まれであったため、幼い頃から歌舞伎役者を目指していました。

1980年、歌舞伎座「義経千本櫻」の安徳帝で初お目見得をし、1983年には二代目市川亀治郎を襲名して初舞台を踏みます。

1985年には、当時の当時の最年少宙乗り記録を樹立しています。

その後は、立役、女方、舞踊に至るまで、様々な演目や配役をこなしていきます。

2012年6月、新橋演舞場・初代市川猿翁・三代市川段四郎50回忌追善興行において四代目市川猿之助を襲名しました。

その後ワンピースとコラボしたスーパー歌舞伎を成功させたりするなど、歌舞伎の枠にとらわれない活躍をしています。

政治・経済界の慶應義塾大学の著名な卒業生

小泉純一郎(こいずみ じゅんいちろう) 慶應義塾大学経済学部卒業

政治家。元日本の首相。

小泉純一郎氏は1972年の衆議院議員選挙で初当選しました。

その後、大蔵政務次官や厚生大臣を経て、2001年に第87代内閣総理大臣に指名されました。

小泉氏は「構造改革なくして景気回復なし」をスローガンに「聖域なき構造改革」を打ち出し、郵政三事業を民営化を政策に掲げました。

2011年9月に発生したアメリカ同時多発テロを受けて「テロ対策特別措置法」を成立させました。

また、2002年9月に日朝首脳会談を実現し、北朝鮮による拉致被害者のうち5名を帰国させました。

小泉内閣は第89代まで続き、2005年には郵政民営化関連法案が採決されました。

安田隆夫(やすだ たかお) 慶應義塾大学法学部

実業家。岐阜県大垣市出身で総合ディスカウントストア ドン・キホーテの創業者です。

東京都内に支店がたくさんあり24時間営業をしている店舗が多い。

渋谷、新宿、御徒町、浅草、池袋など繁華街にあります。

店内は広くて所狭しと商品が並んでいます。

ありとあらゆるものが売っています。

なんでも揃うので日本人だけではなく外国人も大勢来ています。

2015年2月に6月末で会長兼CEOを退任すると発表しました。

スポーツ界の慶應義塾大学の著名な卒業生

高橋由伸(たかはし よしのぶ) 慶応義塾大学法学部卒業

元読売ジャイアンツのプロ野球選手。

高校時代から将来有望な選手だったが、東京六大学野球で完全に才能を開花させた。

その特筆すべき記録は六大学野球通算本塁打23本の記録だ。

ドラフトでは長嶋監督率いる巨人を逆指名。

当時全盛期を迎えつつあった元ヤンキースの松井秀喜とともに巨人の主力として活躍。投打に走塁に守備と三拍子揃った外野手だった。

その後も巨人の顔的な存在として、18年もの間巨人一筋で活躍し、現在は巨人の監督も務めている。

立石 諒(たていし りょう) 慶應義塾大学環境情報学部卒業

競泳選手。

慶應義塾大学環境情報学部に入学。

ロンドンオリンピックに備えて休学していましたが、2012年に復学し、2013年に卒業しました。

2010年のの競泳の日本選手権で、50m平泳ぎ・100m平泳ぎ・200m平泳ぎで3冠を達成し、「ポスト北島康介」として注目を集めました。

2012年のロンドンオリンピックの200m平泳ぎで銅メダルを獲得しました。

2017年、日本選手権をもって現役引退を表明しました。

大学資料請求

大学に合格するには早く志望校を絶対決めろ!

そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない

私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。

しかも、今なら当サイトから資料請求すると、全員に図書カードプレゼントのキャンペーン中!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

✅ 大学の資料請求をして図書カードを100%ゲットする方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

マイナビ進学で大学資料請求したら全員に図書カードがプレゼント?

受験の1年前にしておいても遅くはありません。

それくらいに早め早めに行動して損はないです。

今なら当サイトから5校以…

 

スポンサーリンク

シェアする