国立大学経済学部おすすめ|経済学部が強い・評判がいい大学は?

スポンサーリンク

国立大学経済学部おすすめは?

国立大学の経済学部を目指しているけど、どこがいいのかわからない!

という方は多いです。

偏差値でなくて、評判や伝統がいい経済学部を探している人も多いでしょう。

今回は、国立大学経済学部のおすすめはどこかをテーマにお話をさせていただきます。

スポンサーリンク

国立大学経済学部おすすめは?

国立大学経済学部でおすすめは、旧帝大です。

東京大学・京都大学・東北大学・九州大学・北海道大学・大阪大学・名古屋大学の7つの大学ですね。

旧帝大は文系志望の場合、学部関係なくおすすめです!

理由は、旧帝大は科学研究費配分額が圧倒的に多いからです。

予算が多い方が質の高い研究が行えるのは言うまでもないでしょう。

なので、経済学部志望の方でも科学研究費配分額が多い旧帝大に行くのはおすすめです。

平成29年度科学研究費配分額トップ10

順位大学名(科研費配分額)
1位東京大学219億1000万
2位京都大学134億9000万
3位大阪大学107億3000万
4位東北大学97億9000万
5位九州大学73億
6位名古屋大学73億7000万
7位北海道大学61億8000万
8位筑波大学41億2000万
9位神戸大学30億3000万
10位広島大学26億5000万

出典:平成29年度科学研究費助成事業の配分について

次に、国立大学経済学部でおすすめなのが、一橋、神戸、横浜国立、大阪市立になります。

いずれの大学も元は高等商業学校であり、実学の名門といわれる大学です。

歴史が古く、長い伝統があるため、評判がいいのでしょう。

他にも、地方国立大学では、滋賀、香川、山口、長崎などの元が高等商業学校であった大学の経済学部は強いですね。

高等商業学校を母体とする大学一覧がこちらになります。

高等商業学校を母体とする大学
一橋大学、神戸大学、山口大学、長崎大学、小樽商科大学、名古屋大学、福島大学、大分大学、滋賀大学、和歌山大学、横浜国立大学、香川大学、富山大学、大阪市立大学、横浜市立大学、兵庫県立大学

偏差値から国立大学経済学部おすすめはどこ?

国立大学経済学部おすすめを偏差値から考えると、旧帝大が上位にきていることがわかります。

しかし、旧帝大よりも旧高商系の経済学部の方が偏差値が高い大学も多いです。

一橋大学、横浜国立大学、神戸大学、横浜市立大学に関しては、一部の旧帝大よりも偏差値が高くなっています。

偏差値が高いということは、志願者が多く人気であると考えられるので、それだけ評判や評価が高いと考えていいでしょう。

できるだけ、偏差値の高い経済学部に行くことをおすすめします。

以下の表は、旧帝大、旧高商系の経済学部の偏差値ランキングになります。

国立大学経済学部偏差値ランキング

大学名河合塾東進平均偏差値
1位東京大学 文科二類67.56566.25
2位京都大学 経済学部67.56365.25
3位一橋大学 経済学部67.56164.25
4位大阪大学 経済学部656163
5位横浜国立大学 経済学部655761
6位神戸大学 経済学部62.55960.75
7位名古屋大学 経済学部62.55860.25
8位横浜市立大学 国際総合科学部57.56058.75
9位九州大学 経済学部605758.5
10位東北大学 経済学部605557.5
11位北海道大学 経済学部57.55656.75
12位滋賀大学 経済学部555856.5
13位大阪市立大学 経済学部57.55455.75
14位兵庫県立大学 経済学部554952
15位富山大学 経済学部554751
16位和歌山大学 経済学部554550
17位小樽商科大学 商学部504949.5
18位長崎大学 経済学部504849
19位山口大学 経済学部52.54548.75
20位香川大学 経済学部47.55048.75
21位福島大学 人文社会学部47.54546.25
22位大分大学 経済学部47.54345.25

国立大学経済学部を選ぶ注意点は?

国立大学経済学部を選ぶ注意点は都会の大学を選んだ方がいいということです。

経済学部は、資格を得られる学部ではありません。

経済学部志望の方は、将来ホリエモンみたいな起業家になってお金持ちになりたいと考えている人が多いと思います。

もしくは、大企業に就職して安定した仕事につきたいと考えていることでしょう。

そんな方には、都会の大学をおすすめします。

なぜなら、東京や大阪といった大都会には、一流の人が集まっているからです。

正直学問的には、どこで経済学部を学んでも同じだと思います。

研究者にならない限り、経済学部で学んだ知識は社会に出て役立つことはあまりないのです。

それよりも、都会の大学に行くか、田舎の大学に行くかで大学時代に得られる経験は雲泥の差になります。

企業でのインターン、OB訪問、新しいサービスの利用などの経験は都会にいないとできません。

田舎にはすごい人や最先端の企業やサービスはないからです。

なので、経済学部への進学を希望するような方には絶対に東京か大阪にある都会の大学に進学することをおすすめします。

大学資料請求

大学に合格するには早く志望校を絶対決めろ!

そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない

私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

無料です!
マイナビ進学で資料請求する!今なら図書カード1000円分がもらえる!

スポンサーリンク

シェアする