ヒカキン紹介!Lumee(ルミー) とは?自撮りライト付きiPhoneケース?

スポンサーリンク

ヒカキンさん紹介のLumee(ルミー)duo という自撮りライト付きiPhoneケースについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ヒカキン紹介!Lumee(ルミー)duo とは?

Lumee(ルミー)とは、プロの写真家によって開発されたスマホケースです。

よく女の子で自撮りをする方いますよね。

そんなとき、かわいくとるためには顔に光を当てる必要があるんですよ。

ところが、iPhoneだと外カメラにはライトがあるんですが、インカメラにはライトがないんです。

自撮りのときってインカメラで撮りますから、ライトがないと写真写りが悪くなってしまうんです。

なので、Lumee(ルミー)を使えば友達との自撮りがグッとよくなるはずです。

女の子でよく自撮りをする方、ブロガーやタレントの方でよくスマホで写真を撮られる方におすすめの商品になります。

セルフィー女王のキム・カーダシアンさんも愛用しているそうです。

調光スイッチにより明るさ調節も可能。

連続使用は30~40分。


そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない
私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。しかも、今なら図書カード1000円分がもらえます!

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

無料です! マイナビ進学で資料請求する!今なら図書カード1000円分がもらえる!

Lumee(ルミー)の使い方と注意点

ケースの背面を1度押すと、インカメラ側のライトが光ります。

もう1度押すと、外カメラ側のライトに切り替わります。

次にスイッチを押すと消灯します。

Lumee(ルミー)を使用する際の注意点ですが、ヒカキンさんの動画によると、iPhoneが外れなくなったそうです。

なので、スマホがとれなくなる可能性があるんです。

そのときの動画はこちらです。

そこで、Lumee(ルミー)からiPhoneがとれなくなったときの対処法をご紹介したいと思います。

結論から言いましょう。

Lumee(ルミー)からiPhoneが取れなくなった時は、ぺらぺらのうすい素材のポイントカード(なんでもいい)をiPhoneとケースの隙間に差し込みます。

そして、カードを横にずらしていってください。

すると、とれるはずです。

こちらの動画が参考になると思います。

iPhone6/6s用のLumee(ルミー)はこちら。

まとめ

今まではわざわざ自撮りするために、照明の近くで撮ったり、スタンドライトを用意したりしていたのではないでしょうか?

でも、Lumee(ルミー)を使えば自宅でなくても、旅先などでも簡単にハイクオリティーの写真を撮ることができます。

旅先の思い出、どうせならもっとかわいく写りたいと思いませんか?

旅行の写真は人にみせびらかしたいですよね。

どうせならさりげなく、写真写りがいい自分を演出してみてはいかがでしょうか?