マンモス大学ランキング|日本一学生数が多い大学は?

マンモス大学ランキングを作成しました。

マンモス大学とは、学生数の多い大学のことです。

日本には、たくさん大学がありますが、マンモス大学ランキングはどのようになるのでしょうか?

マンモス大学とは?

マンモス大学とは、学生数が多い大学のことです。

明確な基準はありませんが、2万人以上学生がいる大学はマンモス大学といっていいでしょう。

2万人といえば、一つの町の人口に匹敵するくらいの人数になります。

すごい人の数ですよ。

ちなみに、マンモス大学の由来は、マンモスが体長5メートル、体高3メートルもあるほど巨大だったので、学生数が多くて、規模の大きい大学もマンモス大学と呼ばれるようになったと考えられます。

日本で1番のマンモス大学は、日本大学で学生数は6万7933人となっています。

なので、マンモス大学の中でも学生数は3倍以上もの差があるのです。

マンモス大学ランキング

マンモス大学ランキング、つまり日本の学生数が多い大学ランキングがこちらです。

順位大学名学生数
1位日本大学6万7933人
2位早稲田大学4万1333人
3位近畿大学3万3125人
4位立命館大学3万3115人
5位明治大学3万1004人
6位法政大学2万9494人
7位関西大学2万9014人
8位慶應義塾大学2万8683人
9位東海大学2万7312人
10位同志社大学2万7130人
11位中央大学2万4880人
12位関西学院大学2万4180人
13位帝京大学2万2831人
14位立教大学1万9521人
15位龍谷大学1万9467人
16位福岡大学1万9221人
17位専修大学1万8990人
18位青山学院大学1万7934人
19位神奈川大学1万7925人
20位東京理科大学1万6667人

※2017年度の大学ごとの学部生の学生数で比較

表を見ていただければわかるように、マンモス大学1位は、日本大学で学生数は6万7933人です。

ただし、日本大学は、キャンパスの数が20以上もあり、学部ごとにキャンパスが別れています。

なので、キャンパスごとの人数はかなり少ないので、実質的にはマンモス大学とはいえないかもしれません。

一方、マンモス大学2位の早稲田大学は学生数4万1333人ですが、キャンパスが、4つしかありません。

なので、平均すると、各キャンパスに1万人ほどの学生がいることになります。

なので、実質的なマンモス大学1位は早稲田大学であるといえるでしょう。

マンモス大学3位は、近畿大学で学生数3万3125人です。

近畿大学は、キャンパスの数は6つなので、キャンパスあたり5000人ほどの学生がいることになります。

十分マンモス大学といえるでしょう。

ただし、医学部、農学部、生物理工学部、工学部、産業理工学部は1つの学部だけで一つのキャンパスを構成しているため、これらの学部に進学した場合は、マンモス大学の魅力は味わえないと思います。

マンモス大学の基準を学生数が2万人以上とすると、マンモス大学と呼ぶことができる大学は13校しかないことになります。

マンモス大学のメリット

マンモス大学2位の早稲田大学を卒業し、現在マンモス大学ではない地方国立医学部に在学する私がマンモス大学のメリットについて紹介します。

マンモス大学はOB・OGが多い

マンモス大学のメリットは、OB・OGが多いことです。

学生数が2万人以上いると、日本全国に大学の卒業生がいることになります。

どの企業に就職しても大学の先輩がいて、あなたを上へと引き上げてくれるでしょう。

大学の後輩って、親近感がわくし、よくしてあげようと思うものです。

企業によっては、大学の学閥があるところもあるくらいです。

OB・OGが多いということは、マンモス大学の1番のメリットといえるでしょう。

サークルが活発である

マンモス大学は、サークル活動が活発です。

早稲田大学には、ありえないくらいたくさんの種類のサークルがありました。

例えば、バンドサークルといっても、大小10以上のサークルがあるのです。

それだけ数があれば、アットホームなところや、練習がきついところもあったりと自分にぴったりのサークルを見つけることもできます。

どれだけマイナーな趣味であっても、必ずサークルが存在するのがマンモス大学のいいところでしょう。

知名度が高く、ブランド力も高い

マンモス大学は学生数が多く、スポーツや芸術活動でも実績を残しているので、知名度やブランド力が圧倒的に高いです。

大学の知名度やブランド力は、その大学名をどれだけ聞いたことがあるかで決まります。

そのため、スポーツや芸術で実績を残しているマンモス大学ほど知名度が高くなるのです。

いろんな人と知り合える

マンモス大学では、いろんな人と知り合うことができます。

学生数が多いということは、それだけ多様な人が全国から集まってくるということです。

頭のいい人や可愛い人、すごい人など、様々な分野で優れた人がたくさんいます。

いろんな人と知り合えるチャンスがあるのはマンモス大学のメリットでしょう。

マンモス大学のデメリット

マンモス大学のデメリットはないです。

やはり学生数が多くなるほど、文化ができて、多様性が生まれます。

自由度が高いという点で、自主性が求められるとはいえますが、それはどの大学に行っても同じです。

大学になれば、受け身の姿勢では何も手に入りません。

友人、恋人、経験と全てにおいて、何をするかは自分に委ねられるのです。

そういう点では、何をするにしても行動すれば手に入れられることができるという点もマンモス大学のメリットといえるでしょう。

大学資料請求

大学に合格するには秋までに志望校を絶対決めろ!

そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない

私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。

しかも、今なら当サイトから資料請求すると、全員に図書カードプレゼントのキャンペーン中!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

✅ 大学の資料請求をして図書カードを100%ゲットする方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

マイナビ進学で大学資料請求したら全員に図書カードがプレゼント?

受験の1年前にしておいても遅くはありません。

それくらいに早め早めに行動して損はないです。

今なら当サイトから5校以…

 

関連コンテンツユニット

シェアする