明治大学の評判|魅力や就職先を卒業生に聞いてみた

スポンサーリンク

明治大学の評判明治大学の評判について、卒業生の方にインタビューしました。

今回は、明治大学の卒業生が在学中に感じた生の明治大学の評判、学生のレベル、学生生活の様子、就職先などについてお聞きしています。

この記事を読めば、オープンキャンパスでは絶対にわからない明治大学の評判がわかります!

なぜなら、オープンキャンパスでは良いところしか教えてくれないからです。

良いところも悪いところも包み隠さず、明治大学の評判について知ることができるのはここだけ!

明治大学を受験校にしようか迷っている方が読めば、「きっと明治大学に入ればこんな風に感じるんだ〜」ということがわかるでしょう!

スポンサーリンク

出身大学、学部、学科は?

明治大学 理工学部 建築学科

明治大学の学生のレベルはどれくらいか?

一般入試で入学した学生は、もともと進学校出身が多く、早稲田大学や慶應義塾大学に落ちた結果入学をした人が目立ちます。

2割ほどは推薦入試(AO入試、指定校推薦)などで入学した人が多く、特に男子が推薦入学が多かったです。

明治大学の評判はどんなもの?

明治大学というとマンモス校で一応六大学の一つでもあるので、世間的なネームバリューは高いですが、AO入試で入学する芸能人も多数存在する大学のため、「誰でも入れる大学」と思っている人も多いです。

学生時代のバイト先でも、明治大学は学歴が高いほうだったので一目置かれており、同じMARCHと呼ばれる大学出身の人からは、たとえ違う大学でも仲間意識を持たれていました。

会社では、高卒から大学院卒まで様々な学歴な人がおり、私の所属部署ではMARCHが最高学歴だったため、

「明治だから地頭もよくて仕事もできるはずだよね」という印象を持たれています。

しかし、家族や友人は高学歴(国立大学や、私立上位大学など)の人間が多いこともあり、
「多少勉強すれば入れる大学」という評価で、大学レベルとしては低いといった評価を受けていました。

地元でも多々レベルの高い国立大学などが近所にあったため、明治大学が特別評判が良かったわけではないです。

明治大学はどんな学生が多い?

私大で学費が高めなこともあり、富裕層な家の人が多いです。

明治大学の付属高校はありますが、各学部に散らばっているため、一つの学部に着眼すると内部進学の学生は少ない印象です。

明治大学の学生生活の様子は?

まず、授業は出席率3分の2以上でないと単位を落としてしまうことや、理系学部で実践的な授業が多かったこともあり、出席率は非常に良かったです。

たまに、授業を抜け出して遊びに行ってしまう学生もいましたが、大半の学生が真面目に授業に出席しています。

サークルは9割以上の学生が入っており、学科特有のサークル(建築学科関係のサークル)や、インカレと呼ばれる他大学と交流のある運動部などに所属している人が多かったです。

サークル自体は、文系学部と理系学部はキャンパスが遠い為交流が少なく、近隣の他大学との接点の方が多かった印象があります。

授業と授業の空き時間には、コモンスペースや図書館などで授業で課されたレポートをこなしている学生が多く、たまに授業の空き時間に近隣の飲食店に外出する人も見かけました。

食堂は非常に男子学生が多いですが、たまに女子学生もまぎれて皆で賑わっておりとても混雑しています。

外のベンチで一人でランチタイムを過ごす学生も見かけます。

明治大学の就職先は良い?悪い?

マンモス校のため、上場企業に勤めているOB・OGが多く、就職率は非常に良いです。

一般的な就職活動終了時期より数か月前には内定をいくつかもらっている人が多かったです。

建築学科に所属していたため、大手企業ではゼネコンやハウスメーカーなど建設系の上場企業に就職する人が多くいます。

専門的に建築を学びたいという学生では、建築士事務所など専門性が高い職場に就職する人もいましたが、そういった人はこれまでの大学生活で自分自身が設計の考案をしたポートフォリオを作成して面接に持ち込み、一般的な就職活動とは違った就職活動が多かったです。

私が所属していたゼミは、建築学科の都市計画系のゼミでしたが、公務員として役所の都市計画課などに就職する人が多く、先輩や後輩でも毎年公務員志望の学生がいたため、大学内で受講できる公務員対策講座を受講している学生もいました。

全く大学の専門分野と異なる企業に就職する学生は少なかったです。

明治大学の良かったところ

良かったところは、学生数が多かった為どこの環境にいっても同じ大学出身の人がいたところです。

職場では、明治大学の卒業生が先輩社員にも多数おり、同じ大学出身ということから関わる機会の無かった他部署の先輩社員とも交流することができました。

取引先の方が実は同じ大学だったということもありました。

そういった場で出会う同じ大学出身の人は学部が異なることも多く、「自分の学部はこんな感じだった」と話のネタが広がることも良かったと思います。

明治大学の悪かったところ

一般入試で入学した学生と、内部推薦・AO入試・指定校推薦などで入学した学生との間では、
入学後の学力レベルの差が大きく、学力にバラつきが目立ったことが悪いところです。

自分自身は一般入試で入学しましたが、基本的な英語力がない学生が近くにいると、モチベーションの低下にもなるため、推薦入学の割合は少なくしてほしいと思うほどでした。

また、そういった学生は単位を落としている学生も目立ち、留年する学生もちらほら見受けられます。

明治大学に通ってみてどうだったか?

一般的に「大学生活は遊べる」と言われていますが、理系学部だったこともあり、毎日1限から5限までみっちりと授業を受ける日々でとても充実した時間を送れました。

授業の合間にサークル仲間とご飯を食べたり、授業後にはバイトを夜遅くまでやったりと、時間を工夫して過ごしている友人も多くいて、大学生活はとても刺激になりました。

明治大学を受験しようと考えている後輩にメッセージ

明治大学は学生数も非常に多く、色々な友人と出会うチャンスです。

また、能力の高い教授が多くきちんと学べる環境です。

充実した4年間を過ごしたいのであれば、是非入学してください。