明治学院大学の難易度やレベルはどれくらい?

明治学院大学の難易度は?

明治学院大学とは、東京都港区と神奈川県横浜市にキャンパスを置く私立大学です。

MARCHの明治大学とは全く異なる大学となっています。

成成明学獨國武の一つでキリスト系のミッションスクールです。

ミッションスクールというとクリスチャンじゃないとは入れないのではと思う方もいるかもしれませんが、全然そんなことはないと思います。

キリスト系の勉強もあるそうですが、基本的には他の大学と同じです。

卒業後は必ずしもキリスト教徒になるというわけではなさそうです。

理系学部はなく完全文系大学となっています。

今回は、明治学院大学の難易度はどれくらいかをテーマにお話をさせていただきます。

明治学院大学の難易度やレベルはどれくらい?

明治学院大学の難易度普通
偏差値55
センターボーダー75%

明治学院大学の難易度は、偏差値でいうと55くらいですね。

センターボーダーはばらつきがあるものの75%前後といったところです。

総合的に見て明治学院大学の難易度は普通といったところでしょう。

とはいってもMARCH等のやや難しい大学の滑り止めとして受けられることもあるので注意が必要です。

しっかり情報を見極めて、自分に合った学部を選びたいですね。

明治学院大学の難易度はどれくらいか学部ごとに考察

明治学院大学の学部ごとの難易度を明治学院大学の中で比較していきたいと思います。

それでは、偏差値やセンターボーダーが低くて入りやすい穴場の学部を見ていきましょう。

明治学院大学文学部の難易度

明治学院大学学部の難易度やや難しい
偏差値52.5~60.0
センターボーダー79%~81%
倍率一般入試合計2018:5.9倍
2017:3.3倍

明治学院大学文学部の難易度は明治学院大学の中では、やや難しい学部です。

文学部は英文学科225人、フランス文学科115人、芸術学科165人の計505人で構成されています。

英文学科にはイギリス文学やアメリカ文学が学べるコースがあったり、フランス文学科があったりで国際色強めな文学部ですね。

他の大学には滅多にない学部ですので興味がある方はぜひ狙ってみてください。

また、芸術学科は芸術家を育成するわけではなく、芸術と私たちとの橋渡しとなる人材の育成を目指すそうなので注意が必要です。

偏差値は60、センターボーダーは80%を超えるところもあり、万全を期して挑む必要があります。

倍率は2017年に3.3倍だったのに対し、2018年に5.9倍と大幅に上がっています。

明治学院大学経済学部の難易度

明治学院大学経済学部の難易度やや難しい
偏差値55.0~60.0
センターボーダー77%~80%
倍率一般入試合計2018:4.8倍
2017:3.5倍

明治学院大学経済学部の難易度は明治学院大学の中では、やや難しい学部です。

偏差値は55.0~60.0、センターボーダーは77%~80%と全体的に高くなっています。

経済学部は経済学科325人、経営学科210人、国際経営学科155人の計690人で構成されています。

特に国際経営学科は全員が半期留学をするなど国際勉強に積極的です。

明治学院大学社会学部の難易度

明治学院大学社会学部の難易度やや難しい
偏差値50.0~62.5
センターボーダー71%~79%
倍率一般入試合計2018:4.1倍
2017:3.3倍

明治学院大学社会学部の難易度は明治学院大学の中では、やや難しい学部です。

社会学部は社会学科265人、社会福祉学科225人の計490人です。

福祉系の学科もあり、女性にも人気です。

偏差値は50の受験方式もあれば、60を超える受験方式もあり、ばらつきがあります。

センターボーダーも同様にばらつきがあり、低いところでは71%のところもあります。

明治学院大学法学部の難易度

明治学院大学法学部の難易度普通
偏差値50.0~60.0
センターボーダー76%~81%
倍率一般入試合計2018:4.9倍
2017:3.3倍

明治学院大学法学部の難易度は明治学院大学の中では、標準的なレベルの学部です。

標準的といっても中にはセンターボーダー81%の受験方式もあるため、注意が必要です。

法学部は法律学科200人、消費情報環境法学科225人、グローバル法学科65人、政治学科155人の計645人で構成されています。

特にグローバル法学科は2018年に設立された新たな学科です。

明治学院大学国際学部の難易度

明治学院大学国際学部の難易度やや難しい
偏差値57.5~62.5
センターボーダー82%
倍率一般入試合計2018:5.3倍
2017:4.7倍

明治学院大学国際学部の難易度は明治学院大学の中では、やや難しい学部です。

国際学部は、国際学科245人、国際キャリア学科55人の計300人で構成されています。

国際学科の245人に対して国際キャリア学科は55人と少なくなっていますね。

少人数の教育で手厚く指導してもらえると思います。

センターボーダーは82%なので、万全を期して挑みたいですね。

明治学院大学心理学部の難易度

明治学院大学心理学部の難易度やや難しい
偏差値55.0~62.5
センターボーダー77%~80%
倍率一般入試合計2018:6.8倍
2017:4.7倍

明治学院大学心理学部の難易度は明治学院大学の中では、やや難しい学部です。

心理学部は、心理学科175人、教育発達学科145人の計320人で構成されています。

心理学部ということで人間の心を勉強する学部ですが、教育発達学科は特に子供の心を勉強する学科となっているみたいです。

倍率は6.8倍とかなり高くなっているので注意が必要です。

大学資料請求

大学に合格するには秋までに志望校を絶対決めろ!

そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない

私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。

しかも、今なら当サイトから資料請求すると、全員に図書カードプレゼントのキャンペーン中!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

✅ 大学の資料請求をして図書カードを100%ゲットする方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

マイナビ進学で大学資料請求したら全員に図書カードがプレゼント?

受験の1年前にしておいても遅くはありません。

それくらいに早め早めに行動して損はないです。

今なら当サイトから5校以…

 

関連コンテンツユニット

シェアする