メンヘラ女の特徴3選|付き合うときの注意点は?

メンタルヘルスを患っている女性は数知れず。
中には軽度から重度に渡る障害にも及ぶケースが存在します。
女性であることを踏まえたうえで、メンヘラ特有の注意点をいくつかご説明したいと思います。

特に親しくなった恋人である関係や、親密になったからこそ知っておくべき対処も中には含まれるかもしれません。
男性側に求められるのは、「いつか必ず身を結ぶのなら理解しておきたい精神状態とある程度の知識。

病的なものまで抱え込む心の闇は、厚い心の壁で包んでおり、女性特有のアピールや言動で何かが決壊してしまう恐ろしいケースに至る前に、甘く見ない方がいいと思うものです。
誰にでも「心が苛まれること」はありますし、「闇」は誰にだって刺激にもなれば毒に早変わりしてしまうもの。

「単に甘えているだけだ」と思える言動にも「HELP」のサインが含まれているのかもしれません。

性別だけでは超えられない壁。性別があるからこその心の壁は分厚く、単に「性格」と位置づけるだけでは手遅れになる可能性だってあるのかもしれない。
そんな崖をゆらゆらと命綱なしで歩くことは思わぬ結果を招きかねないものです。

少しでも「生きていて本当に良かった」「出会えたのだからこそ生きるのだ」と活力にしてもらいたいものです。

1、携帯を見てきたり、他の女性との過度な関係を防ぐための削除を求める

誰だって、自分以外の誰かと繋がっているもの。
「LINE(ライン)」の普及やカカオトークなどですぐに連絡がつくものです。SNSの普及などネットでの繋がりはもはや無限大に広い荒野と同じものに思えます。

ですが、メンヘラ女にとって、それが不安の要素となるのは至極普通なのです。
極力はある程度の距離感から始まる恋愛事も、「自分だけを見てほしい」「浮気されたくない」といった、付き合ってすぐに勢いと自分の自信のなさに呆れてしまうくらいにネガティブな発言などが出てきて携帯をチェックしたがるメンヘラ女は多いです。
できるだけ、プライバシーに関わることは初期段階の恋愛で隠しておきたい男性からすれば重く感じてしまうもの。

逆にチェックもされないならそこまで束縛する価値なしと判断されたお遊び感覚になっている模様。
独占欲が強く、嫉妬心もさらには束縛も並大抵のものではないので、見られたくない方はお付き合いをするのに十分注意が必要です。
友人関係の場合、そこまでの束縛は受けにくいのですが、恋愛事となると「手放したくない」「もう傷付きたくない」のトラウマを再発させる前に自分の中で対処方法として一番安心できる選択肢を選びがちなのです。

これも「親しき中には礼儀あり」人それぞれ踏み込み方も違いますが、束縛されても大丈夫だと安心させてあげることでメンヘラ女にとっては重要な「自分を理解してくれる『安心安全な人』」といういい関係になれたりもしますので、見たからといって悪用に使うなどのケースはまずありません。

女性関係のデータ削除を求められる

どうしてもメンヘラ女からすると浮気していると思い込みがちなのが連絡先に女性の影があると不安で仕方がない、といった特徴です。

どうでもいい関係ならその場での削除してあげることをお勧めします。が削除できない人物の場合は「どういった関係の人なのかを説明しておくこと」が重要になります。
家族・友人・親戚・仕事上の取引先の方など女性もいらっしゃることでしょう。
愚痴でのエピソードなども加えてゆっくり関係を説明してあげれば、強制削除の必要性はないとメンヘラ女でも理解します。
まずは、その説明から、彼女にするならその理解の仕方までをゆっくり分かり合った方がよろしいかと思います。

2、嘘や隠し事をせず情報共有する

メンヘラ女にありがちなのは、聞き流せず、素直に言葉を受け止めることです。
それゆえに素直に何でも直球で言葉や行動に出てくれることも多く、その点はかわいく見えてしまうものの、隠し事をしようとすると「浮気?」などの疑いが非常に大きく膨らんでいく傾向にあります。

それは、十分メンヘラ女自らには「隠し事などの全くなく曝け出せている自分自身には身の潔白を証明できる」という自信があるからなのです。
その自信があるからこそ、素直に感情的に直動的にも恋する男性を束縛したり、制限を設けるケースも存在しますが、隠し事がある=つまりはやましいことがある。とメンヘラ女からのストレートな敵意を向けられることはのちにヒステリックな言動にもつながるでしょうし、できるだけ「嘘でごまかすこと」は後々に恋愛どころではなくなるパターンが多いので止めておきましょう。

隠し事が多い人ほどのちにメンヘラ女の傷を深めてしまうこともあるかもしれませんし、そのトラウマのボーダーラインはメンヘラ女ゆえに持っている既視感に基づいた経験談でさらに心の壁を分厚くしてしまうもの。
付き合っているのなら十分なコミュニケーションをとるために、SNSでの情報交換などしておくといいと思います。

のちのちの結婚まで考えているなら尚更、LINE(ライン)だけのやり取りだけではなく友人としてはどうなのかを側面から見ることでもかなりの良好さが保てると思います。

ヒステリックや傷をつけてしまいがちなメンヘラ女性に対しての判断

思わず疑心暗鬼になってしまいがちな行動が出てしまうメンヘラ女ももしかするとこの破壊衝動と壊れそうな心としっかりしなければならないといった切迫感に悩まされているのかもしれません。

メンヘラと自らネガティブな思考に陥るのも自分を卑下する傾向にあるのも育ちや環境、家庭状況などの何かしら心を苛んでいる原因なのかもしれません。
素人が闇雲に手を出して心の傷を悪化させてしまう前に、まずは病院からのケアを求めておいた方が最良と思います。

相談相手にはなれても、踏み込ませないものは心の壁で、心の闇でもあります。
まずは的確にカウンセリングなどの処置やお薬の処方などの判断を仰げるクリニックなどに通院を促してあげることも重要です。
なにより、命は重いもの。
一緒に行ってみるのも手っ取り早い理解への道かもしれません。

3、自分の時間が奪われるので、適度な距離感をとる

メンヘラの女のありがちな「かまってちゃん」は多く存在し、男性側からするとプライベートなのかそれとも仕事なのか疲れてしまうほどにその私生活が自分の趣味や息抜きに使えなくなります。

マイペースなのはお互い様。ですが適度な距離を保ちつつ女性の性格を判断し、お付き合いを始めた方が健全で男性側の安心できる恋愛への一歩目の構築ができていくと思われます。
自分の趣味や自分のやりたいことはプライベートで有意義に発散できるといいでしょう。友人の段階ではメンヘラ女も過度な束縛はしませんし、ある程度の距離感が心地よいとも思えてきます。

真剣に彼女を思う見返りといっていいほどのものを彼女からは献身的な愛情表現でわかりやすいアプローチなども来るでしょう。
恋愛の価値観は人それぞれ。ですが理解しあえる関係にまで行くのに時間はゆっくりじっくりとかかると思ってください。
専門家の精神科医などもサポートに回ってもらえるなら味方につけておくことも大事だと思います。

自分の時間が作れず、有意義に過ごせているか否かは本人次第であり、それは男性から見ればめんどうくさいくらいの嫉妬やこだわりを見せてくる女性はミステリアスです。
互いにどう行動に移すかもわからない不透明な道で右往左往していながらでも同じ目標に向かった理解者として信用と信頼は築き上げられていくものです。
恋愛のカテゴリーに当てはめれば極端に、ですが友人としてはフランクに。

十分に理解できる方だと判断してからの恋愛スタートのほうがどんな女性かによっても十分好みも求めているものが何かもわかりやすいかと思います。
適度な距離感を保っていた方が症状を見るケースの場合診ている方が疲れてくる。または病にかかりやすくなることもあります。
十分な理解と十分な距離を保てる、周りに相談できる環境を整えてからの恋愛に踏み込んだ方がいいかもしれませんね。