シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OKは何の略か?語源は4つの説あり?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OKの略は?と聞かれてすぐに答えられる人は少ないと思います。

では、実際にOKは何の略なんでしょうか?

調べてみると、いくつもの説があるそうです。

その中で有力な4つの説について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

1. OKはall correctの略?

OKは”大丈夫だ”、”よろしい”といった意味があります。

つまり、all correct(すべて正しい)の意味と同じなんですね。

all correctの発音を英語で表すと、oll korrect(オールコレクト)と表せます。

この言葉の頭文字をとると、”OK”となるというのが有力な説となっています。

歴史上、OK が最初に現れたのは1839年のボストンの新聞で、oll korrect(all correct の表記ゆれ)の略語として現れた

出典元:wilipedia

wikipediaでは、上のような記載があり、最初にボストンの新聞で現れたといわれています。

2. アメリカ大統領の綴り間違いから広まった?

1840年のアメリカ合衆国大統領選挙で、大統領候補のマーティンを当選させるために、民主党支持者は、Oll Korrectをマーティンのあだ名であったOld KinderhookにかけてO.K.Clubという組織を作りました。

マーティンが大統領になるとすべてうまくいく”という願いをこめて。

大統領選挙は現在の選挙を見てもわかるように国をあげて盛大に行われますよね。そんな中で使われた言葉ですから、広まらないわけはありません。

また、それに対して、対立した政党も黙っていませんでした。

対立する政党の人たちは、Oll Korrectはマーティンの師匠である第7代アメリカ合衆国大統領ジャクソンが綴りを間違えてOll Korrectと書いたからであると主張したのです。

対立する政党が民主党を貶めるために作った作り話の可能性もあるので、あまり信憑性はないと考えられます。

3. OKの略は、戦争中の0killed?

第二次世界大戦や南北戦争のときに、自分たちの部隊に被害がないときに”0 killed”と報告していました。

ゼロはアルファベットのOに似ていてますから、”オー”と呼んでkilledの頭文字の”K(ケー)”と合わせて”オーケー”と言い出したという説もあります。

しかも、被害がないのはいいことで、大丈夫だというOKの意味と共通する部分があるので、信憑性が高いです。

ただ、南北戦争といっても1861年に行われたものですから、それよりも前に1839年のボストンの新聞でOKが使われていたことを考えるとこの説の信憑性は薄いと考えられます。

スタディサプリ、大学資料請求

難関大学合格目指すならスタディサプリがおすすめな理由

こんなお悩みありませんか?
●塾の費用が高い
●予備校へ行くのに1時間以上かかる
実力のある先生の授業を受けたい

スタディサプリならこれらのお悩みをすべて解決できます!

なにしろ費用はたったの月980円

志望校の過去問も無料でダウンロードできます。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

スマホやパソコンで視聴できるので、通学時間がゼロです。

田舎に住んでて近くに予備校がなくても大丈夫。

通学時間が長くて不利になることもありません。

東大、京大、早慶上智、MARCH、医学部への合格実績も多数あり!

今なら14日間お試しで使うこともできます。

もちろん、合わなかったら途中で解約すれば一切料金はかかりません。

迷っている方はとりあえずやってみましょう。迷っている時間が無駄ですよ。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

今だけ!当サイトからスタディサプリに登録し1ヶ月以上継続利用すると2000円現金キャッシュバック!めちゃくちゃお得です。詳しくは上のリンク先をみてください。

難関大学に合格するためには春までに志望校を決めるべき

大学受験で難関大学に合格する人は、志望校を春までに決めるべきです。

春までに志望校を確定している人の方が、受験までに十分な対策ができるので合格する可能性が高くなります。

でも、そもそもどこの大学を受ければいいかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、大学の資料請求をするのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

※今なら7校以上のパンフを資料請求すると図書カード500円分がもらえます。

受検候補となっている大学の情報を集めることで行きたい大学が見つかるはず。

大学のパンフレットには、大学の様子や先輩の声などの情報がたくさん載っているので、志望校選びに役立ちますよ。

また、志望校の資料請求をすることで、楽しい大学生活をより具体的にイメージできるので、早く大学生になりたいと思うはず。

すると、自然と”勉強のやる気”が出てくるのです。

私も早稲田大学のパンフレットは夏前に入手して、モチベーションを高めていました。

ちなみに、パンフレットの請求は無料なので、ぜひ他の大学と比較してみましょう。

早稲田大学、慶応大学、上智大学、明治大学、立教大学、青山学院大学などの有名大学のパンフレットも一緒に取り寄せるのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事

こちらも合わせてどうぞ1.これで月325円はヤバい!⇒Amazonプライム会員最高!10のお得な特典を紹介
2.月500円で12万本見放題は凄い!⇒動画配信サービスを本数,料金,画質で比較!おすすめは?

3.学生は6か月無料!⇒Prime studentの凄い特典10選!

4.無料で漫画読み放題!?⇒無料漫画アプリおすすめランキング10選!

5.月980円で本読み放題!⇒kindle unlimitedのおすすめ雑誌,漫画,小説まとめ