映画:「僕だけがいない街」のあらすじと感想【ネタばれ注意】

-shared-img-thumb-D157_haripotadaiseidou_TP_V

映画:「僕だけがいない街」のあらすじと感想

3月19日に公開された映画「僕だけがいない街」早速見てきました!!
この映画は『マンガ大賞2014』で第2位になったことから前にマンガで読んだことがありました。
今回映画化される!

しかも主演が藤原竜也ということで絶対見なきゃ!と思い行ってきた次第でございます。

映画「僕だけがいない街」の感想

泣けない映画でした。
一緒に行った彼女はくっそ涙もろいのに泣けなかったくらい(笑)
個人的感想としては、結末が悲しすぎる&落ちが普通すぎる。
映画版なんだから原作を変えてでも泣ける方向にもっていくべきではって思うね。

あらすじはこんな感じです。

主人公は「リバイバル」という過去に現代の記憶だけを持ったまま
さかのぼるという特殊能力を持っていて、小学生のころに起きた
連続誘拐殺人事件の犯人を探すというのが本作のあらすじになります。
そして、何度もリバイバルを繰り返して過去をやり直して
最後には犯人を見つけ事件を阻止することに成功します。
しかし、残念ながら犯人には逃げられてしまうのです。
そして、現代に戻って再び犯人に会って犯人を追い詰めます。
しかし犯人と口論になりナイフで刺されて死亡してしまうのです。
これがタイトル通り「僕だけがいない街」という落ち。

タイトルで落ちが示されているくらいなのでそれを最後に覆してほしかった!
というのが観客として感じる本音やろー。

まあ、原作がこういう流れやろうからしゃあないかーとは思うけど。

大学資料請求

大学に合格するには秋までに志望校を絶対決めろ!

そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない

私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。

しかも、今なら当サイトから資料請求すると、全員に図書カードプレゼントのキャンペーン中!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

✅ 大学の資料請求をして図書カードを100%ゲットする方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

マイナビ進学で大学資料請求したら全員に図書カードがプレゼント?

受験の1年前にしておいても遅くはありません。

それくらいに早め早めに行動して損はないです。

今なら当サイトから5校以…

 

関連コンテンツユニット

シェアする