立教大学の評判|魅力や就職先を卒業生に聞いてみた

スポンサーリンク

立教大学の評判

立教大学の評判について、卒業生の方にインタビューしました。

今回は、立教大学の卒業生が在学中に感じた生の立教大学の評判、学生のレベル、学生生活の様子、就職先などについて詳しくお聞きしました。

立教大学を受験校にしようか迷っていて、立教大学の評判について調べている受験生の方に大変役立つ内容となっています。

スポンサーリンク

立教大学の評判|魅力や就職先を卒業生に聞いてみた

立教大学でどの学部出身だった?

立教大学 文学部

立教大学の学生のレベルはどれくらい?

早稲田大学や慶応大学、そのほかは国立大学を落ちてきた人が多いです。

推薦よりは一般で受かった人が多いと思います。

内部進学の人も割合は低いですが、目立つくらいはいました。

立教大学の世間からの評判は?

「立教大学出身です」と言うと育ちの良いお嬢様なんだね、と言われたりしました。

ちゃんと親御さんに育ててもらってそこそこ勉強してきた印象と言われることも多かったです。

バイト先や職場での第一印象も「すごい」、「頭いいんだね」と声をかけてもらうことがほとんどです。

性別や年齢層を問わず、また地元でも東京でも、その評価はあまり変化ないように思います。

やはりどこに行っても、立教大学という名前は知っている人がほとんどだったので、知名度の点ではかなり優れていると思います。

また、違う大学の友達など、池袋のキャンパスを知っている人からは「あんなにおしゃれで綺麗なキャンパスに通っているのうらやましい!」と言われました。

総合して考えると、「頭いいんだね」や「優秀なんだね」という大学の学力のイメージや、「おしゃれなキャンパスライフを過ごしてるんだろうね」といった学生生活のイメージを評価されているんだなと思いました。

いずれにしても、悪い、マイナスイメージだと言われたことはありませんでした。

立教大学はどんな学生が多い?

関東近辺の有名私立高校出身者が多かったです。

内部進学の人も多かったので、お金持ちのご家庭の人が多かったです。

立教大学の学生生活の様子は?

授業はリベラルアーツの私立大学なだけあって、今思っても非常に充実していました。

専攻の学問はもちろん、資格講座の開講があり、私も図書館司書の講座を履修していました。

また、お金持ちの多い学校らしく、選択科目で馬術(!)の授業なんかもありました。

設備が整っていることを十分に生かして学べる機会が多く用意されていると実感し、思う存分興味を追及できると思います。

また、立教大学にはバイトを支援する学生向けのサイトを有しており、学内サイトからバイトを探すこともできました。

私は使わずにバイトしていましたが、美術館のスタッフなど、レアな求人も多かったみたいです。

サークルは本当にたくさんありましたね。

私は数がありすぎて、混乱のまま入らずに終わってしまいましたが(笑)

また、食堂はかなりおススメです!

ハリーポッターに出てくるようなレトロでおしゃれな食堂は、立教ならではです。

ここでランチしているときは立教生でよかったなと思いました。

立教大学の就職先は良い?悪い?

就職に関しては、大学のサポートも多く就職率も高いと思います。

傾向としては、銀行や保険、有名な大企業など一旦堅実な就職をする学生が多いように感じます。

また、企業を上げるとすると、リクルートが多いのではないかと思います。

業種としては多岐にわたると思いますが、職種はほぼ総合職なのではないかと思います。

まわりの友人や、先輩を見ても、業種はさまざまですが、事務職や専門職はあまりいないように思います。

私自身、やりたいことがわからず、かなり模索しながらの就職活動だったためなかなか決められずにいましたが、

「内定がもらえずに苦しい」という状況は立教大学出身ならあまり心配いらないのではないかと思います。

必ずしも大学名で就職活動の厳しさが違うとは思いませんが、まわりの友人たちも最終的には納得いく就職活動をしていたと思います。

まわりの総合的な就職状況を見ても、「悪い」とは思いません。

みんな、私よりはいい待遇で就職してるのではないかな…と思ってしまいます(笑)

立教大学の良かったところは?

良かったところは、リベラルアーツが推奨されていて、履修できる学問の範囲が広かったことです。

もちろん専攻の勉強がしたくて入ったので、専攻分野も楽しかったですが、専攻でない分野へも履修できる制度だったのはうれしかったです。

新たな友だちも作りやすいし、いろいろな学問や分野に触れられるのはかなり強みだと思います。

あとは、シンプルにキャンパスがおしゃれでかわいいこと!

かわいいキャンパスとそうでないものとなら、断然前者がいいし、毎日通うのもテンション上がりますよね。

映画「ハリーポッター」に出てくる食堂みたい!と言われることの多い食堂は、席数が少ないですがメニューも安くてバラエティー豊かです。

友だちと行こうと決めた日は、毎回楽しみにしていました。

食堂だけでなく、図書館や体育館、PC環境などの設備の面はどれも整っていてとてもよかったです。

学費が高い分、学校に行けば行くほど学生への還元も実感として感じられると思います。

立教大学の悪かったところは?

あえて一つ挙げるとすると、学生の数に比べてキャンパスが小さいことです。

授業の開始・終了時間になると、一斉にキャンパスを学生が移動するので、キャンパス内が狭くて移動しにくく感じていました。

また、昼休みに食堂でランチしようとすると、とても混んでいて入れない!なんてこともザラでした。

図書館もテスト前なんかは人が多すぎて却って窮屈に感じることもありました。

もう少しゆとりをもってキャンパスを利用したかったなと思います。

立教大学に通ってみてどうだった?

やっぱり設備が充実している大学で生活できたことがとてもよかったなと思います。

私立大学は学費がかかるけれど、その分受けられる講座、学生へのサポートは非常に多岐にわたります。

自分の興味のある分野を極めたり、いろいろな学問や文化、学生生活を送れたのはこの充実した学校のおかげだったなと思います。

立教大学を受験しようと考えている後輩にメッセージ

受験は大変だけれど、あくまでその先の将来を見据え、少しでも「こういう勉強や学生生活がしたい!」というモチベーションで

頑張ってほしいです!