成城大学S方式とA方式の違いは?受かりやすいのはA方式?

スポンサーリンク

成城大学S方式とA方式の違いは?

成城大学にはS方式とA方式という受験形式があります。

成城大学S方式とA方式にはどんな違いがあり、どんなが受かりやすいのでしょうか?

今回は成城大学S方式とA方式の違いをテーマにお話をさせていただきます。

スポンサーリンク

成城大学S方式とA方式の違いは?

成城大学S方式とA方式の違いは、S方式は全学部入試なのに対して、A方式は学部ごとの個別入試であることです。

S方式は国語と英語の2科目で受験が可能で、1度の受験で複数の学部に出願ができるようになっています。

一方、A方式は一般的な個別入試であり、受験科目は国語、英語、地歴公民の3教科です。

学部によっては、A方式でもA方式3教科とA方式2教科という受験形式があり、2科目で受験が可能なところもあります。

倍率は全学部入試であるS方式の方がA方式よりも高くなっているので、A方式の方が受かりやすいと言えるでしょう。

成城大学S方式
→国語と英語の2科目で受験が可能。1度の受験で複数の学部に出願できる
成城大学A方式
→国語、英語、地歴公民の3教科で受験可能。一般的な個別入試。

成城大学S方式とA方式で受かりやすいのはどっち?

成城大学S方式とA方式で受かりやすいのは倍率から考えると、A方式です。

どの学部もA方式の方が倍率が低くなっています。

しかし、S方式は1度に複数の学部に出願できるから倍率が高いということを考慮すると、複数の学部を出願した場合はS方式も割と合格しやすいのではないかと考えられます。

なので、成城大学の合格率をもっとも高める方法は、S方式とA方式の両方を受験することです。

S方式で3学部以上を受験しつつ、A方式でもいくつかの学部を受験するのがベストと言えるでしょう。

以下の表は、成城大学のS方式とA方式の倍率になります。

学部|学科受験方式2018倍率2017倍率
経済学部|経済学科S方式5.24.9
A方式3教科5.13.5
経済学部|経営学科S方式6.25.2
A方式3教科5.34.2
文芸学部|国文学科S方式7.85.0
A方式3教科3.73.1
A方式2教科10.14.0
文芸学部|英文学科S方式3.53.7
A方式3教科3.43.5
A方式2教科5.55.6
文芸学部|芸術学科S方式8.56.1
A方式3教科4.35.7
A方式2教科9.35.5
文芸学部|文化史学科S方式7.53.0
A方式3教科3.22.8
文芸学部|マスコミュニケーション学科S方式6.24.7
A方式3教科5.03.3
文芸学部|ヨーロッパ文化学科S方式5.63.9
A方式3教科4.02.9
A方式2教科7.03.6
法学部|法律学科S方式17.93.5
A方式3教科6.83.3
社会イノベーション学部|政策イノベーション学科S方式7.94.6
A方式3教科5.34.3
A方式2教科13.88.2
社会イノベーション学部|心理社会学科S方式8.24.7
A方式3教科5.04.4
A方式2教科13.16.0

大学資料請求

大学に合格するには早く志望校を絶対決めろ!

そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない

私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

無料です!
マイナビ進学で資料請求する!今なら図書カード1000円分がもらえる!

スポンサーリンク

シェアする