シェアする

スポンサーリンク

専門学校は偏差値ない?あるの?なぜなのか?

シェアする

専門学校は偏差値がないです。

なぜなら、学校の偏差値は、受験生の模試の結果を元に算出されます。

そのため、受験生が模試を受験しない専門学校の偏差値を調べることはできないのです。

ただし、看護や医療系専門学校だけは模試があるので、偏差値があります。

今回は、専門学校の偏差値について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

専門学校は偏差値ない?あるの?

ほとんどの専門学校は偏差値がないです。

ただし、看護や医療系の専門学校は偏差値があるのです。

看護や医療系の専門学校向けに看護医療系模試という模試がありますからね。

看護や医療系専門学校の偏差値はこの模試を受けた受験生の模試の結果と合否によって、算出されるのです。

関東看護専門学校偏差値ランキング|あなたの専門学校はどのレベル?
看護専門学校偏差値ランキングを作成しました。 看護の専門学校ってたくさんあるけど、どの学校がいいかわかりませんよね。 専...

普通の専門学校に偏差値がない理由は?

デザインやファッションなどの、看護や医療系専門学校以外の専門学校には偏差値がないです。

これは、デザインやファッションなどの、看護や医療系専門学校以外の専門学校には、模試がないからです。

専門学校の偏差値は、模試を受けた受験生の偏差値を元に決められるので、模試がない専門学校の偏差値を決めることはできません。

専門学校の偏差値は大学の偏差値とは違う?

看護や医療系専門学校の偏差値は、普通の大学の偏差値とは比較できません。

なぜなら、看護医療系模試は、看護や医療系の専門学校や私立大学を受験する人だけが受ける模試だからです。

大学受験を目指す人が受ける河合塾や駿台の模試とは受験する人たちが違います。

なので、東大や早慶を受験する人が受験する河合塾や駿台などの普通の模試と比べると、母集団のレベルのがかなり低いと考えられるのです。

そのため、医療系模試では、普通の模試よりも偏差値は高く出ると考えられます。

専門学校には偏差値がいくつあれば入れる?

専門学校には、偏差値がないです。

なので、偏差値がいくつあれば入れるといったことを言うことはできないのです。

ただし、今は定員割れの専門学校も多いですから、どの専門学校ものどから手がでるほど学生が欲しいと考えています。

そのため、定員割れの専門学校に合格するのは簡単です。

定員割れだと学校が潰れてしまいますからね。

だからといって受験すれば、全員合格ということもありません。

定員割れの専門学校に落ちる人もいるのです。

だいたい専門学校に落ちる方は以下のような常識のない人と決まっています。

・非常識な不良

・協調性がなく、学校の雰囲気を壊す

・不真面目

・敬語も使えないくらい常識がない

・警察沙汰を起こしそうな人

また、専門学校でも人気で、受験者が多いところは試験の結果で決めるところもありますね。

なので、専門学校といっても侮らないで、ちゃんと試験対策や面接対策をすることが大切です。

専門学校で偏差値があるのはどこ?

専門学校で偏差値があるのは、看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・臨床検査技師・診療放射線技師の専門学校になります。

専門学校も学校によって人気がある学校と人気がない学校があって、偏差値が全然違うのです。

看護の専門学校でも、1番人気は東京の東京都立広尾看護専門学校で、偏差値が60あります。

一方、偏差値が40台前半とかなり入りやすいところもたくさんあるのです。

偏差値が高い学校の方が、指導が充実していたりとたくさんのメリットがあると考えられます。

専門学校の種類は24もある?種類ごとになれる職種は?
専門学校の種類ってどれくらいあるのか? 専門学校の種類は、たくさんあります。 世の中にあるほぼすべての職業に対して専門学...

専門学校で偏差値がないのはどこ?

専門学校で偏差値がないのは、看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・臨床検査技師・診療放射線技師以外の専門学校です。

具体的には、以下のようにたくさんあります。

・看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士以外医療系専門学校
・公務員専門学校
・法律系専門職の専門学校
・ビジネス系専門学校
・語学系専門学校
・サービス系専門学校
・乗り物運転系専門学校
・マスコミ・芸能系専門学校
・音楽系専門学校
・デザイン・芸術系専門学校
・ファッション系専門学校
・IT系専門学校
・自動車関連専門学校
・電子・機械系専門学校
・建物系専門学校
・動物系専門学校
・環境関係専門学校
・美容系専門学校
・保育系専門学校
・介護・福祉系専門学校
・健康スポーツ系専門学校
・調理関係専門学校

専門学校には偏差値がないがちゃんと対策は必要

専門学校には偏差値はありませんが、誰でもが合格できるわけではありません。

合格するためには、ちゃんと勉強する意志があることを、試験対策や面接対策を通して学校へ伝える必要があるのです。

やる気のない学生は普通に落ちます。

多くの専門学校の学生は、卒業後に就職したり、国家試験を受験しますよね。

その就職実績や国家試験の合格率がその専門学校の評価につながるので、できればやる気のない学生や周りに悪い影響を及ぼす学生はとりたくないのです。

そのため、ちゃんと真面目に試験対策をして、やる気をアピールしないと定員割れの専門学校でも落ちることが少なくありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする