シェアする

スポンサーリンク

シルバー925や950の違いは?意味や価値とは?

シェアする

シルバーアクセサリーを買うときシルバー925、シルバー950、シルバー1000といった種類があるかと思います。

では、このシルバー925と950、1000の違いってなんなんでしょうか?

スポンサーリンク

シルバー925、950、1000の意味は?

シルバー925などの925という数字はシルバーの純度を表しています。

金属の純度は通常1000分率で表され、925というのは925/1000ということを表すのです。

つまり、92.5%の純度だということです。

シルバー925、950、1000の違いは?

シルバー925や950の違いは何かというと、銀の純度の違いということになります。

まとめると、

シルバー925 ⇒92.5%の純度の銀
シルバー950 ⇒95.0%の純度の銀
シルバー1000 ⇒100%の純度の銀

ということになります。

では、銀の純度が高いものほど価値が高いということになるのかというとそうではないんです。

シルバー925のようにあえて100%の銀をアクセサリーに使わないのには理由があるんです。

その1つは、強度の問題です。

純度が高すぎると強度が弱くなってしまい、ちょっとした衝撃で破損してしまうのです。

なので、純度が高いとアクセサリー向きではないんですね。

しかし、強度を重視しすぎると加工しにくくなるという問題もでてきます。

そのため、強度が高いからといって純度を下げすぎるのもよくありません。

その結果、程よい強度を保ちつつ、なおかつ加工がしやすい92.5%、95%の銀でアクセサリーが作られるようになったのです。

また、純度が低くなると銀本来の輝きが失われるというデメリットがあります。

これは、純度が低い銀は銀以外の金属が混ぜられているので仕方がないことだと思います。

他にも、純度が100%の銀は輝きがきれいだが、変色しやすく輝きが失われるのが早いというデメリットもあります。

一方、純度が92.5%のシルバー925は変色しにくいんです。

なので、一長一短なんです。

まとめると、

銀の輝きの美しさ
シルバー1000>シルバー950>シルバー925
銀の強度
シルバー925>シルバー950>シルバー1000
銀の変色しにくさ
シルバー925>シルバー950>シルバー1000

銀の価値は?原価を安くするために純度を下げる?

銀の価値っていくらかご存知でしょうか?

67.71円/g(2017/08)

なんです。

これは、4932円/g(2017/08)で取引される金に比べると70分の1以下なんですね。

あまり詳しくない方は原価を安くするために純度を下げているのではないかと考える方もいるようです。

しかし、銀の1gの価格はかなり安いのでそういったことよりも先ほど申し上げた強度や加工のしやすさなどの製造上の問題により、あえて純度の低い銀が用いられているということのようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする