シェアする

スポンサーリンク

セルフタンニング ローションおすすめランキング3選

シェアする

セルフタンニングローションとは、皮膚の角質層を染めることで日焼けした肌を作る商品です。

染まった肌の色は、皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)によって1~2週間で元の色に戻ります。

日焼けサロンに行って、紫外線で肌を焼くわけではないので以下のメリットがあるんです。

セルフタンニングローションのメリット
・シミ、そばかすができない
・皮膚ガンにならない
・ヒリヒリしない
・費用が安い
・短時間で効果がある
・紫外線に弱い体質の人も使用可能

それでは、おすすめのセルフタンニングローションをランキング形式で紹介させていただきます。

商品自体が3商品だけしかないので、今回はトップ3を紹介します。

スポンサーリンク

3位 セルフタンニングローション100 150mL

容量が150mlで3024円と他の商品に比べて割高です。

他の商品に比べて、サラサラとした液体なのでよくのびるのが特徴です。

なので、容量が少ないわりに長持ちします。

薬品のような独特の匂いがするのが特徴。

2位 ブロンズターナー セルフタンニングローション


200mlで2916円。

塗ってから効果が出るまで12時間。

持続時間は7日間。

商品の詳しい情報はこちら



塗るだけワイルド小麦肌

1位 小麦肌 セルフタンニングローション  300ml



300ml2980円と一番量が多くコストパフォーマンスがいいです。

効果が出るまでの時間も5時間と短い。

100日間全額返金保証があるので安心です。

持続時間も10日間と他の商品よりも長い。

何を比較しても「小麦肌」が1番優れているセルフタンニングローションです。

商品の詳しい情報はこちら



自宅で小麦肌!セルフタンニングローション

セルフタンニングローション比較表

セルフタンニングローションの比較表を作りました。

商品名
比較項目
容量価格持続期間効果がでるまでの時間返金保証
セルフタンニングローション100150ml3024円
(送料込)
7日間3〜6時間 ×
小麦肌300ml2980円
(送料込)
10日間5時間100日間全額返金
ブロンズターナー200ml2916円
(送料600円)
7日間12時間×

セルフタンニングローションって、正直どれを使ってもそんなに商品自体の良し悪しってないんですよね。

なので、量が多くて安いのを買うのが一番いいと思います。

後、持続期間の長さや返金保証の有無で決めるのもいいですね。

持続時間が長い商品の方が、小麦肌を維持するのにかかるコストも少なくなるのでオススメです。

でも、そうすると、持続期間の長さも返金保証も価格もすべてにおいて小麦肌が勝っているんです。

セルフタンニングローションって、小麦色の肌を保つには、1週間に2回塗るのを継続しないとダメなんです。

なので、塗り続けると結構費用もかかるので、できるだけ安いものを買うのをおすすめします。

以上のような理由から、セルフタンニングローションおすすめ1位は「小麦肌」となりました。

セルフタンニングローション「小麦肌」について詳しく知りたい方は、こちらのサイトをご覧ください。

自宅で小麦肌!セルフタンニングローション

セルフタンニングローションの使い方と注意点

セルフタンニングローションの使い方と注意点をいくつか書いておこうと思います。

色ムラなく、きれいに塗るなら重ね塗りする

濃いめの小麦肌にしたいなら数日かけて何度か重ね塗りする必要があります。

なので、海に行く予定があるのなら余裕をもって準備しておきましょう。

一度にたっぷりとつけすぎてしまうと色ムラの原因になるので、塗るときは薄く伸ばして塗ってくださいね。

小麦肌を維持するために、2〜3日に一度のペースで塗るのも大切です。

色移りしないように濃いめの服を着る

肌に色をつけるための製品なので、どうしても汗をかいたりすると少し色移りしてしまうことがあります。

特に、セルフタンニングローションを塗った直後は色移りしやすいので、青や黒などの濃いめのカラーでゆったりとした服装をするようにしましょう。

万が一、服についてしまった場合は、すぐに洗濯してください。

早めに洗うと結構洗い落とせるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする