シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEICで問題用紙に書き込みは禁止されている?減点される?【2017年】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEICでは問題用紙に書き込みしていいの?

もし問題用紙に書き込みしたらどうなるの?

TOEICでは、なぜ問題用紙への書き込みは禁止なの?

という方の疑問を解消する内容の記事となっております。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

TOEICでは問題用紙の書き込みが禁止されている?

TOEICでは、問題用紙の書き込みが禁止されています。

丸や下線、記号など一切の問題用紙への書き込みが禁止です。

TOEICを久しぶりに受験する方は忘れがちなので、ぜひ受験前に確認しておいた方がいいでしょう。

でも、TOEIC以外の学校のテストを受験するときって、記号に丸をつけたり、問題文の重要なところに下線を引いたりして問題文を読む人が多いのではないでしょうか。

リスニングで問題を聞いているときも、Bが正解だと思ったら忘れないうちにメモしておきたいですよね。

そうじゃないと、Dを聞いた後に、「あれっ、BとCのどっちが正解だったかな?」と迷うことも出てくるからです。

後、問題用紙へ書き込みが可能なら、確実に間違いだと思ったらバツ印をつけておいて、消去法で解いたりもすることができるわけです。

なので、問題用紙に書き込みしたほうが少しは点数アップするんじゃないかなと思うんですよね。

なので、問題用紙へ書き込みすることに慣れている人は、問題用紙への書き込み禁止はすごくやりづらいと感じると思います。

では、TOEICはなぜ、わざわざ問題用紙への書き込みを禁止しているのでしょうか?

TOEICは、なぜ問題用紙の書き込みが禁止なの?

TOEICで”問題用紙書き込み禁止”というルールがある理由は、いくつかあります。

問題用紙書き込み禁止の理由
●カンニング防止
●試験問題の漏洩の防止
●問題用紙へ書き込みせずとも解けるのが正しい英語力であるという考えから
●受験者の条件を同じにしたいから

まずは、問題用紙に書き込みをしてカンニングする人が出てくるからです。

例えば、問題用紙の答えに丸をして後ろの人に見せることで簡単にカンニングが行われてしまいます。

また、TOEICで問題用紙へ書き込みが禁止されているのは、試験問題の漏えいを阻止するためだと考えられます。

問題用紙へ書き込みしているように見せかけてメモに出てきた単語やフレーズなどを書き込む人ができくることも考えられます。

試験問題が漏洩すると、TOEICテストで受験者の本当の英語力を測定することができなくなります。

そのため、TOEIC運営としては何としてでも試験問題の漏洩は避けたいのです。

問題用紙へ書き込みせずに、問題を解けるかという英語力を測定したいという意図があるともいわれています。

TOEICは日常的に使える英語力を測定するテストです。

私たちは普段、テレビやラジオを聞くときに、メモをとったりしませんよね。

ということは、メモをせずに理解できる英語力というのが本当の英語力ということになるのです。

だから、そういった日常の場面を想定した結果、TOEICでは問題用紙の書き込みが禁止されているのでしょう。

また、受験者の条件を同じにして試験テクニックでなくて、より純粋な英語力を測定したいという考えもあるはずです。

TOEICで問題用紙の書き込みをすると減点される?

TOEICで問題用紙へ書き込みをしても減点されることはありません。

もし問題用紙へ書き込みした場合、「書き込みはやめてください」という黄色の紙で注意が行われます。

それでも、書き込みをつづけると、以下の処分を受けることがあります。

違反行為への対応
●TOEICテストの採点をしない
●途中退場
●今後の受験資格の剥奪
●過去のスコアの無効化
●荷物の確認

以上のような処分を受ける可能性はありますが、減点という処分はありません。

私も昔TOEICを初めて受験したときに、問題用紙の書き込みが禁止されていることをしらずに、問題用紙へがっつり書き込みしてしまったことがあります。

しばらくしてから試験監督によって、「書き込みをやめてください」と書かれた黄色の紙で注意され、すぐに書き込みをやめたので、ちゃんと採点もしてもらえました。

なので、TOEICの問題用紙に書き込みしてしまったけどどうしよう?と思っている人は心配しないでいいですよ。

ちゃんと採点はしてくれますから。

ただ、次回以降は問題用紙に書き込みしないで解くようにしましょうね。

TOECIで問題用紙に書き込みせずに解く方法

TOEICの問題用紙に書き込みしないで解く方法を紹介したいと思います。

リスニングでどれが答えかを一時的に覚えておきたいとき、消去法を使いたいときに役立つ方法です。

やり方は簡単です。

左手の親指から順番にA、B、C、Dと選択肢と対応させて、間違いだと思った選択肢に対応する指は折っていくのです。

すると、最終的にまっすぐの指に対応した選択肢が正解となりますよね。

このやり方は、特にリスニングで選択肢がのっていないパート1と2で有効なのでぜひ試してみてくださいね。

スタディサプリ、大学資料請求

難関大学合格目指すならスタディサプリがおすすめな理由

こんなお悩みありませんか?
●塾の費用が高い
●予備校へ行くのに1時間以上かかる
実力のある先生の授業を受けたい

スタディサプリならこれらのお悩みをすべて解決できます!

なにしろ費用はたったの月980円

志望校の過去問も無料でダウンロードできます。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

スマホやパソコンで視聴できるので、通学時間がゼロです。

田舎に住んでて近くに予備校がなくても大丈夫。

通学時間が長くて不利になることもありません。

東大、京大、早慶上智、MARCH、医学部への合格実績も多数あり!

今なら14日間お試しで使うこともできます。

もちろん、合わなかったら途中で解約すれば一切料金はかかりません。

迷っている方はとりあえずやってみましょう。迷っている時間が無駄ですよ。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

今だけ!当サイトからスタディサプリに登録し1ヶ月以上継続利用すると2000円現金キャッシュバック!めちゃくちゃお得です。詳しくは上のリンク先をみてください。

難関大学に合格するためには春までに志望校を決めるべき

大学受験で難関大学に合格する人は、志望校を春までに決めるべきです。

春までに志望校を確定している人の方が、受験までに十分な対策ができるので合格する可能性が高くなります。

でも、そもそもどこの大学を受ければいいかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、大学の資料請求をするのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

※今なら7校以上のパンフを資料請求すると図書カード500円分がもらえます。

受検候補となっている大学の情報を集めることで行きたい大学が見つかるはず。

大学のパンフレットには、大学の様子や先輩の声などの情報がたくさん載っているので、志望校選びに役立ちますよ。

また、志望校の資料請求をすることで、楽しい大学生活をより具体的にイメージできるので、早く大学生になりたいと思うはず。

すると、自然と”勉強のやる気”が出てくるのです。

私も早稲田大学のパンフレットは夏前に入手して、モチベーションを高めていました。

ちなみに、パンフレットの請求は無料なので、ぜひ他の大学と比較してみましょう。

早稲田大学、慶応大学、上智大学、明治大学、立教大学、青山学院大学などの有名大学のパンフレットも一緒に取り寄せるのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事

こちらも合わせてどうぞ1.これで月325円はヤバい!⇒Amazonプライム会員最高!10のお得な特典を紹介
2.月500円で12万本見放題は凄い!⇒動画配信サービスを本数,料金,画質で比較!おすすめは?

3.学生は6か月無料!⇒Prime studentの凄い特典10選!

4.無料で漫画読み放題!?⇒無料漫画アプリおすすめランキング10選!

5.月980円で本読み放題!⇒kindle unlimitedのおすすめ雑誌,漫画,小説まとめ