シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早稲田や慶応合格に必要な勉強時間、勉強量は?いつから?【難関大学】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早稲田や慶応を目指している受験生やこれから目指そうと考えている受験生にとっては、合格に必要な勉強時間、勉強量っていうのはかなり気になることだと思います。

なので、高校中退でゼロの状態から早稲田に合格した僕の勉強時間についてお話しようと思います。

早稲田出ててもバカはバカ
by カエレバ
スポンサーリンク

早稲田文系ならゼロから3600時間で合格できる?

僕は高校1年生の夏に高校を中退しフリーターをしていたので、早稲田大学に合格なんて到底無理な状態からのスタート。偏差値でいうと40くらいだっと思います。

高校3年生になる直前の3月3日から勉強を開始して試験当日の2月20日までずっと1日10時間の勉強時間を確保しました。

なので355日で3550時間勉強したことになります。

その結果、早稲田大学商学部に合格できました。

普通の高校生は偏差値40からスタートするなんて人はほとんどいないでしょうし、高校1,2年生のときから少しずつ勉強しているはずです。

そうすると、高校3年生のとき早稲田合格に必要な勉強時間、勉強量はもっと少なくなると思います。

ちなみに、ネット上では、早慶文系に合格するのに2800時間程度の勉強時間、勉強量が必要といわれています。

僕が偏差値40程度から3550時間で合格できたことを考えると、普通の学力からスタートしたなら2800時間程度で合格できるというのはかなり信憑性が高く感じます。

早稲田政経卒の有名ブロガーもこのようにいっています。

高校時代は三年生の夏から私大文系三科目(世界史、英語、国語)の受験勉強をはじめ、半年で偏差値を55から70程度まで改善させました。
~略~
3年生の7月から翌年2月までの約8ヶ月間、ぼくは一日も休まず12時間机に向き合い、累計で3,000時間弱を勉強に投下しました。私立文系の上位校なら、「効率よく」3,000時間も投下すれば十分合格ラインに達する、とぼくは考えています。
出典:まだ東京で消耗してるの?

イケダハヤトさんの場合は、勉強開始の偏差値が55と高かったこと、8カ月という短期間集中で勉強したという2つの要因から勉強時間が少なくて済んだと考えられます。

やはり、勉強開始時の成績が高ければ高いほど、早稲田合格に必要な勉強時間は少なくなります。

また、人間は忘れていく生き物ですから、総勉強時間が同じでも短期間に集中してやった方が記憶に残ります。なので、勉強時間も少なくて済むと思われます。

実際、僕も知り合いの人に1日15時間勉強して半年で早稲田政経に合格したという人を知っています。この人の場合は、総勉強時間は2730時間とさらに少なくなっています。

なので、少しでも少ない勉強時間で合格したいという方は短期間で集中的に勉強するというのもいいと思います。

早稲田や慶応合格に必要な平均的な勉強時間、勉強量は?

人の体験談も参考になるとは思いますが、早稲田や慶応に合格した人の平均的な勉強時間、勉強量を知りたい人も多いと思い、調べてみました。

こちらは早慶、旧帝大合格者の高校3年生のときの学校以外の平均勉強時間のグラフです。


出典:東進ドットコム

注意してほしいのが、学校以外の勉強時間だということです。

平日の学校が終わってからの勉強時間と休日の勉強時間の平均が6時間2分なのです。

この数値は平日(月~金)に1日4時間30分、休日(土日)に1日10時間勉強すると達成できます。

なので、これは早稲田、慶応を目指している方の目安の勉強時間になると思います。


出典:東進ドットコム

こちらの図は高1、高2での勉強時間も考慮したものになります。

高1で1日2.2時間、高2で1日3.2時間勉強するのが早稲田や慶応に合格するために必要な勉強時間の1つの目安になると思います。

では、学校のない夏休みはどれくらい勉強したらいいのでしょうか?

こちらの合格大学別の夏休みの平均勉強時間のデータが参考になるでしょう。

早稲田、慶応、上智大学の合格者は、夏休み1日平均8時間36分勉強していたということです。

このデータと先ほどのデータを合わせて考えてみます。

夏休みは平均40日、冬休みは平均14日、祝日11日(4月~2月)、土日休みと考えると、高3(4/7~2/20)で319日中およそ休日が130日(内長期休暇54日)、平日が179日あることになります。

これに先ほどの平均勉強時間を考慮すると、早稲田、慶応合格者の高3時の平均勉強時間は2030時間ということになります。

個人的には、ちょっと少ないかなと思います。上智を含んでいるからか下位学部を含んでいるからか、アンケート回答者に優秀な人が多かったのか理由は分かりませんが、僕の体験とイケダハヤト氏の経験談から考慮してちょっと2000時間というのは少ないと思います。

早稲田はクソ大学
by カエレバ

早稲田や慶応合格にはいつから勉強すべき?

合格までに必要な勉強時間は、スタートの学力、勉強のやり方、いつから勉強を始めるか?といった複数の要因によって変わってきます。なので、他人が合格するまでに必要だった勉強時間はあくまで参考にしかならないということは認識しておいてください。

そこで今回は偏差値50くらいの人が普通の勉強のやり方で早稲田や慶応の中位学部に合格することを想定し、いつから1日何時間勉強したらいいかについて算出してみます。

早稲田、慶応合格に必要な勉強時間と勉強期間

勉強期間 1日の勉強時間
1年半 5.1時間
1年 7.7時間
半年 15.4時間
3カ月 31時間
1カ月 93時間

※2800時間の勉強時間で合格できると想定
※勉強時間とは学校の授業以外の勉強時間

1年半計画だと1日5.1時間なので、現役生でも学校に行きながら無理せず実行できます。

1年計画だと7.7時間なので、現役生だと時間的にかなり頑張らないといけないということになります。

半年計画だと15.4時間が目安の勉強時間になります。これは時間がたっぷりある浪人生でなければ無理なレベルです。

3カ月、1カ月だと完全に時間が足りなすぎて不可能です。

早稲田、慶応はレベルが高い分MARCHよりももっと前から準備しなければいけないということが分かります。

こんなお悩みありませんか?
●塾の費用が高い
●予備校へ行くのに1時間以上かかる
●実力のある先生の授業を受けたい

スタディサプリなら月980円で有名講師の授業が見放題志望校の過去問も無料でダウンロードできます。東大、京大、早慶上智、MARCHへの合格実績も多数あり。

今なら14日間お試しで使うこともできます。

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

MARCHレベル合格に必要な勉強時間、勉強期間は?
MARCHといわれる明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学を目指す方の中には”MARCHレベルの大学に合格するのに必要...

勉強時間をできるだけ少なくして楽して早慶に合格したいという受験生にはこちらの記事がおすすめ

早稲田大学文系学部ランキング!偏差値や人気で序列・順位つけてみた!
早稲田大学を目指している受験生によく聞かれる質問の1つに「早稲田大学の学部の序列ってどうなの?」とか、 「自分は商学部目指して...
慶應義塾大学の偏差値、難易度から受かりやすい学部を考察した結果...SFC、文学部、商学部
慶應義塾大学は私立大学でトップの大学だけあってどの学部もかなり難しいです。 でも、ブランド力も高く就職実績もいいので、”どの学...

スタディサプリ、大学資料請求

難関大学合格目指すならスタディサプリがおすすめな理由

こんなお悩みありませんか?
●塾の費用が高い
●予備校へ行くのに1時間以上かかる
実力のある先生の授業を受けたい

スタディサプリならこれらのお悩みをすべて解決できます!

なにしろ費用はたったの月980円

志望校の過去問も無料でダウンロードできます。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

スマホやパソコンで視聴できるので、通学時間がゼロです。

田舎に住んでて近くに予備校がなくても大丈夫。

通学時間が長くて不利になることもありません。

東大、京大、早慶上智、MARCH、医学部への合格実績も多数あり!

今なら14日間お試しで使うこともできます。

もちろん、合わなかったら途中で解約すれば一切料金はかかりません。

迷っている方はとりあえずやってみましょう。迷っている時間が無駄ですよ。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

今だけ!当サイトからスタディサプリに登録し1ヶ月以上継続利用すると2000円現金キャッシュバック!めちゃくちゃお得です。詳しくは上のリンク先をみてください。

難関大学に合格するためには春までに志望校を決めるべき

大学受験で難関大学に合格する人は、志望校を春までに決めるべきです。

春までに志望校を確定している人の方が、受験までに十分な対策ができるので合格する可能性が高くなります。

でも、そもそもどこの大学を受ければいいかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、大学の資料請求をするのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

※今なら7校以上のパンフを資料請求すると図書カード500円分がもらえます。

受検候補となっている大学の情報を集めることで行きたい大学が見つかるはず。

大学のパンフレットには、大学の様子や先輩の声などの情報がたくさん載っているので、志望校選びに役立ちますよ。

また、志望校の資料請求をすることで、楽しい大学生活をより具体的にイメージできるので、早く大学生になりたいと思うはず。

すると、自然と”勉強のやる気”が出てくるのです。

私も早稲田大学のパンフレットは夏前に入手して、モチベーションを高めていました。

ちなみに、パンフレットの請求は無料なので、ぜひ他の大学と比較してみましょう。

早稲田大学、慶応大学、上智大学、明治大学、立教大学、青山学院大学などの有名大学のパンフレットも一緒に取り寄せるのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事

こちらも合わせてどうぞ1.これで月325円はヤバい!⇒Amazonプライム会員最高!10のお得な特典を紹介
2.月500円で12万本見放題は凄い!⇒動画配信サービスを本数,料金,画質で比較!おすすめは?

3.学生は6か月無料!⇒Prime studentの凄い特典10選!

4.無料で漫画読み放題!?⇒無料漫画アプリおすすめランキング10選!

5.月980円で本読み放題!⇒kindle unlimitedのおすすめ雑誌,漫画,小説まとめ

コメント

  1. 中退くん より:

    去年高校を中退したものですが、1年で早稲田大学商学部に合格するにはどんな勉強法がありますか?それと、英語の勉強法を教えてください。

    • economicsrun より:

      コメントありがとうございます。長くなるので、記事にしてアップさせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。