シェアする

スポンサーリンク

Youtube埋め込み動画が重いのを解消する3つの方法【WordPress】

シェアする

Youtuberの埋め込み動画を記事に貼るとページ速度が重くなります。

一つくらいなら別に問題ありませんが、複数のYoutube動画を埋め込むとページがいつまでたっても表示されないという事態になる可能性があるのです。

でも、Youtube動画を紹介する記事を書きたいときってありますよね。

そんな方のためにYoutube埋め込み動画が重いのを解消する方法を紹介します。

スポンサーリンク

1. プラグイン「Youtube SpeedLoad」を使用する

WordPressをお使いの方でしたら、プラグイン「Youtube SpeedLoad」をインストールするのが簡単です。

「インストール」⇒「有効化」

その後、設定からResponsive embedsにチェックを入れます。

保存をするのを忘れないでくださいね。

たったこれだけでスマホなどにも最適な大きさで表示されるようになります。

レスポンシブ対応ってやつですね。

設定はたったのこれだけなので、誰でも簡単に使えますよ。

記事内にYoutube動画を埋め込む方法

記事にYoutube動画を埋め込む方法もめちゃくちゃ簡単です。

動画のURLを記事内に貼り付けるだけ!

ビジュアル、テキストのどちらのモードで貼り付けてもOKです。

実際に貼り付けるとこんな感じになります。

Yotube動画が重くならない仕組みは?

埋め込み動画を最初は画像として表示する仕組みになっています。

で、再生ボタンを押すと、Youtuber動画の読み込みがスタートするので、複数の動画を埋め込んでも記事の表示が重くならないということです。

2. ブログのコードをいじる

はてなブログなどのWordPress以外のブログをしている方はコードをいじるしかありません。

以下のサイトに書いてるコードをコピペ一発でなんとかなるようです。

YouTubeを埋め込んでも重くならないようにする方法がめっちゃ良かった

「YouTubeを埋め込んでも重くならないようにする方法」がだいぶ微妙だった(ので書き直した)

動画が重くなるのを解消する仕組みは、プラグイン「Youtube SpeedLoad」と同じです。

なので、WordPressをお使いの方はプラグインで実装するのがおすすめ。

それ以外のはてなブログでしたらコードのコピペで実装しましょう。