シェアする

スポンサーリンク

日焼けでヒリヒリしたときの対処法、3選!お肌はケアが大切!

シェアする

日焼けした後、お肌がヒリヒリ痛い!

そんなときの対処法を3つご紹介します。

スポンサーリンク

1. ヒリヒリしたら保冷剤で痛みを鎮める

日焼け後に肌がヒリヒリするのは、肌がヤケドしたのと同じ状態だからです。

まずは冷やすことが先決です。

効果的なのは、保冷剤を肌に当てることですが、そのまま保冷剤を肌に乗せるのは冷たすぎてますますヒリヒリ感が増してしまいます。

なので、薄いタオルなどで保冷剤を包むのが日焼けした肌にはちょうど良いです。

日焼けした肌は、熱によってびっくりしている状態なので、冷たさで落ち着かせることが大事です。

2. ほてりを沈めたら、とにかく保湿

日焼けした肌は、水分がカラッカラに飛んでいる状態です。

充分な保湿をしなければ肌は正常な状態に戻りません。

ですので、いつもより多めに保湿する必要があります。

洗顔後、肌が乾かないうちに化粧水をたっぷりと含ませたコットンを日焼けした部分に乗せ、とにかく肌を水分で潤します。

コットンは化粧水でヒタヒタの状態にさせると肌に浸透しやすくなります。

この際、化粧水を冷蔵庫で冷やしておくと、より肌の冷却効果が高まります。

そして、化粧水をたっぷりと染み込ませたら、蒸発しないうちに美容液を与えてください。

そして、美容液をたくさん肌に含ませたあとは、必ず乳液で肌に「フタ」をしてください。

きちんとフタをしないと、せっかく含ませた化粧水や美容液も蒸発してしまいます。

乳液も充分のせて、肌がきちんと保湿されたらケアの完了です。

ですが、充分に保湿をさせることは、日焼けした当日だけではありません。

翌日には肌はだいぶ休まってきてはいますが、まだまだ乾燥状態が続いています。

翌日以降もしっかりと保湿を心がけ、肌が受けたダメージを取り除いてあげてください。

3. ビタミンCで肌への栄養補給

そして、日焼けをしたということは、大量のメラニン色素がこれから形成されていくということです。

これらを身体の外に排出させるためには、肌の新陳代謝をアップさせなければなりません。

肌のリカバリー力を高めるということです。

その為には、しっかりとビタミンCを補給し、身体の内側から肌に良い栄養素を与えることも大事です。

そのために、野菜果物をたくさん摂りましょう。

日焼けのお悩み
●将来シワやしみができるのは嫌

●がんになりたくない
●短時間で安く日焼けしたい

こんな方には、セルフタンニングローションがおすすめです。
今年からは痛くない日焼け
僕も試したことがありますが、数日で元に戻るし自然な焼け色でいいですよ。

セルフタンニングローションおすすめランキングはこちら

セルフタンニング ローションおすすめランキング3選
セルフタンニングローションとは、皮膚の角質層を染めることで日焼けした肌を作る商品です。 染まった肌の色は、皮膚の生まれ変わり(...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする