シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本大学A方式とN方式の違いは?難易度や偏差値はどっちが上?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本大学の一般入試のA方式とN方式の違いをテーマにお話をしたいと思います。

この記事の対象者
●日本大学の一般入試を受験する予定
●日本大学のA方式とN方式の違いを知りたい
●日本大学のA方式とN方式のどちらが入りやすいかを知りたい
スポンサーリンク

日本大学のA方式とN方式の違いは?

日本大学の一般入試のA方式とN方式の違いから説明していきたいと思います。

簡単に違いを説明すると

A方式は、学部ごとに行われる試験で、試験内容も試験日も違います。

一方、N方式は、同じ試験日に同じテストを受験するだけで複数の学部を併願できるという便利な試験です。

他の大学では全学部統一入試といわれています。

いわゆるセンター利用入試の日本大学版みたいなものと考えていいでしょう。

日本大学のたくさんの学部を併願したい方にはおすすめです。

ただし、1つの試験しか受験できないのでそれでミスっちゃうとどこも受からなくなるというリスクもあることに注意した方がいいでしょう。

ちなみに、日本大学の一般入試にはC方式という形式もあります。

C方式とは、大学入試センター試験を利用した方式のことです。センター試験の結果と調査書よる総合評価で合格か不合格かが決まるとのこと。

また、A方式とN方式には、それぞれ第1期と第2期があります。

これは、試験の行われる時期の違いを表すものです。

第1期は2月上旬に試験が行われ、第2期は3月上旬に試験が行われます。

ここで、いったんまとめておきましょう。

A方式  →学部ごとに行われる試験
N方式  →同じ試験で複数の学部を併願できる試験
C方式  →センター利用試験

日本大学のA方式とN方式で難易度や倍率から受かりやすいのはA方式?

日本大学の一般入試でA方式とN方式を両方行っている学部の2018年度の募集人数をまとめました。

日本大学の学部・学科 試験方式 2018年度募集人数
法学部法律学科 A方式第1期 135
A方式第2期 35
N方式第1期 60
法学部公共政策学科 A方式第1期 60
N方式第1期 25
経済学部経済学科 A方式第1期 160
A方式第2期 80
N方式第1期 85
N方式第2期 40

どの学部もA方式の方がN方式よりも募集人数はかなり多めですね。

また、1期の方が2期よりもかなり募集人数が多くなっています。

なので、募集人数だけで考えるとA方式の方がN方式よりも入りやすいといえるでしょう。

次は、主要学部の各方式ごとの倍率をまとめてみました。

日本大学・学部・学科 試験方式 2017倍率 2016倍率
法学部法律学科法職課程以外 A方式1期 3.9 3.7
A方式2期 7.0 3.8
N方式1期 4.8 3.9
N方式2期 8.2 5.0
法学部法律学科法職課程 A方式1期 6.2 4.1
A方式2期 9.4 3.9
N方式1期 5.3 5.5
N方式2期 4.3 5.0
経済学部経済学科国際コース以外 A方式1期 3.6 3.1
A方式2期 13.9 3.7
N方式1期 3.9
N方式2期 17.1 20.9
経済学部産業経営学科 A方式1期 3.9 3.4
A方式2期 11.7 3.4
N方式1期 4.1
N方式2期 14.0 11.2
商学部商業学科 A方式1期 3.9 2.8
A方式2期 8.0 4.1
N方式1期 4.9 3.5
N方式2期 23.4 5.6

赤字=倍率4倍以下、青字=倍率8倍以上

日本大学の試験方式ごとの倍率をみてみると、やはりA方式第1期の倍率はほとんどの学部で4倍以下となっています。

法学部法律学科法職課程は特殊な学部なので除外してもいいと思います。

まず、分かることは日本大学はA方式の第1期が倍率が低く入りやすいことがいえますね。

また、N方式の第1期も高くても5倍程度とそこそこ入りやすいでしょう。

第2期になると他の大学で落ちた人たちがここぞと集まってくるので、倍率が10倍を超えることもありますね。

なので、やはりA方式とN方式の第2期はどちらも第1期よりも難易度は上がるといえるでしょう。

日本大学のA方式とN方式で偏差値から受かりやすいのはA方式?

今度は偏差値から日本大学のA方式とN方式でどちらが入りやすいかを見てみましょう。

日本大学・学部・学科 試験方式 偏差値
法学部法律学科 A方式第1期 52.5
A方式第2期 55.0
N方式第1期 57.5
商学部商業学科 A方式第1期 52.5
A方式第2期 52.5
N方式第1期 55.0
商学部経営学科 A方式第1期 52.5
A方式第2期 55.0
N方式第1期 57.5
経済学部経済学科 A方式第1期 55.0
A方式第2期 55.0
N方式第1期 55.0

日本大学のA方式とN方式は偏差値的にはどう違うのでしょうか?

すると、大体このような傾向がみられます。

A方式第1期<<A方式第2期<<N方式第1期

経済学部に関しては、なぜかすべての試験方式の偏差値が同じだったりと例外もありますが、大体はA方式第1期よりもA方式第2期の方が偏差値が高く、さらにN方式第1期がより偏差値が高くなっていますね。

なので、やはり日本大学の試験方式で一番入りやすいのはA方式

特にA方式の第1期が入りやすいのではないかと考えらえます。

日東駒専偏差値ランキングからみた入りやすい穴場の学部は?
日東駒専で入りやすい学部はどこ?、入りやすい大学はどこ?という疑問を持っている方はたくさんいると思います。 しかし、日東駒専で...

日本大学に合格したいならまずは赤本をやろう

どの大学を目指すにしても大学受験の基本は赤本からです。

まずは日本大学がどんな問題を出してくるのかを知りましょう。

もちろん、初めは解けなくても大丈夫です。答えを見てどんな分野でどんなレベルの問題が出ているかを知るだけでも十分なんです。

そして、次に考えることは、その問題で合格点を取るためにはどうすればいいのかと考えること。

簡単な問題が出ていて合格点が高いのならば、基礎的な問題集を重点的にやりこむことで簡単な問題を落とさないという覚悟で勉強をしましょう。

逆に、難しい問題だけど、合格点が低いという場合。

その場合は、基本的な問題集をやりこんだ後に、さらに応用的な問題を演習していく必要があります。

日本大学はどちらの傾向が強いのかというのをまず把握するのが受験勉強の基本中の基本となるのです。

くれぐれも赤本を試験の本番前にまでとっておいて腕試しに解くなんてことをしてはいけませんよ。

赤本はあくまでもこれからの勉強の方針を立てたり勉強の戦略を練るために使うものなのです。

試験日にはボロボロになるまでやりこんで問題を見ただけで答えが浮かぶ。

それくらいまでにやりこんだ人が志望校への合格を手にすることができるんです。

スタディサプリ、大学資料請求

難関大学合格目指すならスタディサプリがおすすめな理由

こんなお悩みありませんか?
●塾の費用が高い
●予備校へ行くのに1時間以上かかる
実力のある先生の授業を受けたい

スタディサプリならこれらのお悩みをすべて解決できます!

なにしろ費用はたったの月980円

志望校の過去問も無料でダウンロードできます。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

スマホやパソコンで視聴できるので、通学時間がゼロです。

田舎に住んでて近くに予備校がなくても大丈夫。

通学時間が長くて不利になることもありません。

東大、京大、早慶上智、MARCH、医学部への合格実績も多数あり!

今なら14日間お試しで使うこともできます。

もちろん、合わなかったら途中で解約すれば一切料金はかかりません。

迷っている方はとりあえずやってみましょう。迷っている時間が無駄ですよ。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

今だけ!当サイトからスタディサプリに登録し1ヶ月以上継続利用すると2000円現金キャッシュバック!めちゃくちゃお得です。詳しくは上のリンク先をみてください。

難関大学に合格するためには春までに志望校を決めるべき

大学受験で難関大学に合格する人は、志望校を春までに決めるべきです。

春までに志望校を確定している人の方が、受験までに十分な対策ができるので合格する可能性が高くなります。

でも、そもそもどこの大学を受ければいいかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、大学の資料請求をするのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

※今なら7校以上のパンフを資料請求すると図書カード500円分がもらえます。

受検候補となっている大学の情報を集めることで行きたい大学が見つかるはず。

大学のパンフレットには、大学の様子や先輩の声などの情報がたくさん載っているので、志望校選びに役立ちますよ。

また、志望校の資料請求をすることで、楽しい大学生活をより具体的にイメージできるので、早く大学生になりたいと思うはず。

すると、自然と”勉強のやる気”が出てくるのです。

私も早稲田大学のパンフレットは夏前に入手して、モチベーションを高めていました。

ちなみに、パンフレットの請求は無料なので、ぜひ他の大学と比較してみましょう。

早稲田大学、慶応大学、上智大学、明治大学、立教大学、青山学院大学などの有名大学のパンフレットも一緒に取り寄せるのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事

こちらも合わせてどうぞ1.これで月325円はヤバい!⇒Amazonプライム会員最高!10のお得な特典を紹介
2.月500円で12万本見放題は凄い!⇒動画配信サービスを本数,料金,画質で比較!おすすめは?

3.学生は6か月無料!⇒Prime studentの凄い特典10選!

4.無料で漫画読み放題!?⇒無料漫画アプリおすすめランキング10選!

5.月980円で本読み放題!⇒kindle unlimitedのおすすめ雑誌,漫画,小説まとめ