アウトサイドスカート部位は?別名ハラミ・アンチャンサルという?【焼肉】

アウトサイドスカートの部位は横隔膜になります。

別名ハラミ・アンチャンサルともいわれる部位です。

価格は安く、やわらかくて旨味があるので、安い焼肉屋さんで定番メニューとして人気があります。

今回は、アウトサイドスカートの部位について詳しく説明させていただきます。

アウトサイドスカートの部位は牛の横隔膜?

アウトサイドスカートの部位は牛肉の横隔膜です。

横隔膜とは、胸部と腹部の境目にある筋肉になります。

牛が呼吸をするのに使われている筋肉ですね。

横隔膜は牛肉のホルモン(内臓)として扱われています。

横隔膜自体は筋肉なのですが、なぜか内臓肉扱いなんですね。不思議です。

焼き肉屋では、ハラミ、上ハラミ、特上ハラミとして扱われていますね。

私は牛ハラミが好きで、よく食べていたのですが、まさか肉ではなく、ハラミが横隔膜だったということに驚きました。

ぜひ、焼肉にいったときは、ハラミが横隔膜であるということを友達に教えてあげてください。

アウトサイドスカート部位の味や肉質は?

アウトサイドスカート(ハラミ)は、赤身で、とても柔らかいです。

旨味が多く、脂肪が少ないという特徴があります。

クセは少ないので、万人受けする味ですね。

また、価格が安いです。

安い焼肉屋では、1皿数百円というところもあります。

牛肉部位値段ランキング|あなたは最高級の部位を食べたことがあるか?
牛肉の部位の値段ランキングを作成しました。 いったい、牛肉の部位で1番値段が高い部位はどこなのでしょうか? 1位 幻の牛肉部...

アウトサイドスカートは別名ハラミ・アンチャンサル?

アウトサイドスカートは、別名ハラミやアンチャンサルともいいます。

アウトサイドスカートは、英語名で、日本語でハラミなんですね。

アウトサイドスカートという言葉よりもハラミの方がよく使われているでしょう。

私は焼肉好きですが、ハラミという部位は知っていましたが、アウトサイドスカートやアンチャンサルは知りませんでした。

アウトサイドスカートは希少?

アウトサイドスカートは牛1頭から2~3kgとれます。

牛の出荷時の体重は、和牛の場合650~750kgほどです。

なので、アウトサイドスカートはかなり希少な部位といえるでしょう。