浪人でバイトをすると後悔する9つの理由

くまくん
浪人でバイトをしたほうがいい?

という質問をよくいただきます。

絶対に浪人でバイトはおすすめしません。

大学受験での浪人はもちろんですが、資格試験などで浪人する人にも当てはまります。

今回は浪人にバイトをおすすめしない理由について説明させていただきます。

浪人でバイトをすると後悔する理由

浪人でバイトをすると後悔する理由について紹介させていただきます。

1. 浪人でバイトをすると勉強に使える時間が減る

浪人でバイトをすると、勉強時間が減るのです。

すべての人は1日24時間という時間の中で生きています。

1日3時間でもバイトをすれば、その時間は100%勉強に使うことができなくなります。

受験や資格試験は競争試験であり、同じ試験を受けるライバルがいて、成績が高い人だけが合格できるという仕組み上、1日の勉強に当てることができる時間を減らした方があきらかに不利です。

将棋で、持ち時間を少なく勝負したら不利なのと同じといえるでしょう。

合格する確率は、バイトをせずに勉強だけに打ち込んだ人よりも確実に下がります。

浪人してまで、手に入れたかったものを手に入れられる確率をそんなに簡単に減らしてしまっていいはずがありません。

絶対に浪人中にバイトはおすすめではないです。

2. バイトは大学生になればいくらでもできる

バイトは、大学生になればいくらでもできますよ。

大学生になったら暇な時間がたくさんできますからね。

なので、大学生のときの1時間よりも浪人の1時間の方が貴重なんです。

その貴重な時間をたったの時給700円程度のバイトに使うのはもったいない。

大学にいったらいくらでもできることなんだから、今はぐっと我慢してバイトはしないようにしましょう。

3. 予備校の費用を稼ぐのは浪人の目的ではない

予備校の費用を稼ぐために浪人したわけではないですよね。

なのに、貴重な時間を予備校の費用を稼ぐために使うのはもったいないです。

少しでも勉強に時間を使って、志望校に合格できる可能性を高めるのがいいでしょう。

予備校の費用なんてそんなに高額なものでもありません。

どうしても自分で用意しないといけないなら、浪人中はいったん借りておいて、大学生になってからバイトをして稼いだお金で返しましょう。

4. バイトは結構体力を使うので浪人と両立は難しい

バイトって結構体力を使うので、バイトした後に勉強する気って起きないですよ。

飲食店とかで5時間くらいバイトすると、結構しんどいです。

家に帰ったら、くたくたですぐに眠ってしまうでしょう。

なので、浪人とバイトの両立はかなり難しいです。

私も大学生のときに浪人生と一緒にバイトをしていましたが、残念ながら第一志望には落ちってしまったそうな。

落ちてからでは遅いんです。

後悔しないためにも、浪人は勉強に全力を尽くすべきだと思います。

もう後がないんですから。

5. 浪人は人生がかかっている重要な時期

浪人って人生かかってます。

有名な大学に入れるかで、就職や結婚などのその後の人生が全く変わるのです。

そんな人生が決まる重要な時期に、バイトをするのはもったいないとしかいいようがありません。

大学生になれば、バイトもやりたい放題です。

後でいくらでもできることを今する必要はありません。

6. 友達が欲しいなら予備校や塾で作ればいい

浪人がバイトをする理由に友達が欲しいというものがあります。

友達なら、予備校や塾で作ればいいでしょう。

そっちの方が時間がとられません。

大学を目指すという同じ目標があるので、仲良くもなるでしょうし、お互いに良いアドバイスや情報交換もできるでしょう。

受験とは関係ない人と関わるのは正直受験生にとっては害があります。

遊びに誘われたりして、勉強がおろそかになってしまう可能性があるからです。

なので、友達が欲しかったり、寂しい気持ちがあるのなら、予備校や塾で人間関係を作ることをおすすめします。

7. 浪人の1時間をたった700円で売るのは安すぎる

浪人生がバイトをしても時給はたったの700円程度です。

人生が決まる1年である浪人中の1時間を700円で売るのはあまりにも安すぎます。

浪人の1時間はお金には変えられないほど貴重なものですよ。

もしかしたら、その1時間勉強しなかったことで志望校に落ちる可能性だったあるのです。

人生後悔しない秘訣は、そのときやるべきことを精一杯すること。

8. 浪人でバイトをせずに少しでもいい大学に行った方が年収が高くなる

浪人でバイトをせずに、勉強を頑張って少しでも有名な大学に入った方が年収は高くなります。

生涯年収で見ると、数千万円は変わってくるでしょう。

浪人中にバイトしてたったの数万円程度を稼いだことで、生涯年収では実は、数千万円を失っているということも少なくないでしょう。

浪人が志望校を上げるべき3つの理由
という質問は大学受験生の間で、よく物議がかわされるテーマです。 結論からいうと、浪人したら志望校は上げるべきです。 ...

9. バイトが気分転換になるというのは言い訳

バイトが気分転換になるというのは、勉強しない言い訳です。

気分転換は、走ったり、映画をみたりとバイトじゃなくてもできます。

しかも、バイトよりももっと短時間で気分転換できるのです。

なので、バイトが気分転換になるから浪人でバイトをするというのは、言い訳でしょう。

大学資料請求

大学に合格するには秋までに志望校を絶対決めろ!

そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない

私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。

しかも、今なら当サイトから資料請求すると、全員に図書カードプレゼントのキャンペーン中!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

【マイナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

✅ 大学の資料請求をして図書カードを100%ゲットする方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

マイナビ進学で大学資料請求したら全員に図書カードがプレゼント?

受験の1年前にしておいても遅くはありません。

それくらいに早め早めに行動して損はないです。

今なら当サイトから5校以…

 

関連コンテンツユニット

シェアする