シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEIKOとCITIZENの違いは?比較するとどっちが上?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEIKOとCITIZENの違いってわかりますか?

日本製の腕時計といえば、真っ先に上がるのがSEIKOとCITIZENです。

今回はそのSEIKOとCITIZENの違いと比較について記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

SEIKOとCITIZENの違い①品揃え

SEIKOとCITIZENはどちらも一流ブランドだけあって、豊富な商品ラインナップがあります。

ラインナップにおけるSEIKOとCITIZENの違いは、SEIKOには100万円以上の超高級時計が充実しているということです。

下の商品ラインナップを見てもらえばわかりますが、SEIKOでは、クレドールとガランテという100万円以上の高級時計をそろえたブランドがあります。

一方、CITIZENは1番高い時計でもせいぜい70万円程度なのです。

ただ、CITIZENの強いところは、10万円以下の価格帯の時計が充実しています。

また、女性向けの腕時計もデザインやブランドが豊富にあるので、自分が好きなデザインに出会うことができるというのも魅力の1つでしょう。

SEIKOのラインナップ

ブランド名 価格帯 コメント
クレドール 数十万~5000万円 数百万円~1000万円程度の宝飾時計が充実
ガランテ 50~400万円 100万円前後の価格帯が主流
アストロン 15~30万円 スポーツ選手をイメージしたデザイン。GPSソーラーウォッチであるのが特徴
プロスペックス 1.4~65万円 スポーツや海中、空などの環境に適した機能をもった時計を展開
プレサージュ 4.3~20万円 シンプルなデザイン
ルキア 3.6~10万円 女性向けのシンプルなデザイン
ブライツ  6.5~13万円  シンプルなのでビジネス向け
ドルチェ&エクセリーヌ  6.5~27万円  ペアウォッチを展開しているのが特徴的。カップルで使うのにGOOD。
セイコーコレクション  3.8~5万円  シンプルで価格も手ごろなのでお求めやすい。
メカニカル  4.5~5万円  無駄な機能もなくシンプルイズベストといえるデザイン。
セイコープルミエ  3.2~3.8万円 SEIKOのラインナップで1番安い価格帯。
セイコーファイブ 1~2万円 途上国で実用時計として人気。日本では売られていない。
グランドセイコー 20~50万円 シンプルだがかなりの高級品。

他にもいくつかのブランドを展開しており、自社ブランドだけで現在18のブランドを展開しています。

CITIZENのラインナップ

ブランド名 価格帯 コメント
 エコ・ドライブワン  30~70万円  厚さが世界最薄2.98mmの光発電時計。
 エコ・ドライブサテライドウェーブ  24万円  世界最速”最短3秒”でGPS衛星電波を受信できる。
 シチズンシリーズ8  18~35万円  デザインがシンプル。
ザ・シチズン 20~35万円 デザインがシンプル。
エクシード 7.5~35万円 女性向け、ペアウォッチなども充実。
アテッサ 17~23万円 世界最速”最短3秒”受信のGPS電波時計。
プロマスター 2.5~26万円 海、空、山に最適化された時計。
シチズン エル 3.8~18万円 洗練されたデザインが特徴。女性向け。
クロスシー 3.8~10万円 女性向けのおしゃれなデザインが豊富。
キー 2.3~2.8万円 価格が手ごろ。女性向け。
シチズンコレクション 2~10万円 シンプルなデザイン。
エコ・ドライブBluetooth 7.5~10万円 スマホと連動する時計。

SEIKOとCITIZENの違い②技術

SEIKOとCITIZENの技術面での違いはあるのでしょうか?

そして、どっちが技術が上なのでしょうか?

技術的には、CITIZENの方が上だと思います。

これは、CITIZENは厚さが世界最薄2.98mmの光発電時計であるエコ・ドライブワンを作っていたり、世界最速”最短3秒”受信のGPS電波時計であるエコ・ドライブサテライドウェーブを作っているからです。

他の腕時計会社には真似できない優れた技術力を有しているといえるでしょう。

しかし、実用面においては、GPS電波時計の受信速度に数秒の違いがあったとしても私たちは違いを感じることはないと考えられます。

そして、そういう視点で考えると、SEIKOとCITIZENのどちらも十分高い技術力を有しているといえるでしょう。

なので、技術がどっちが上だから買うという買い方はあまり腕時計を買う上では得策ではないと思います。

また、あくまで世界最薄や世界最速を価値があるとCITIZENは考えたから目指したから実現したのであって、SEIKOはそもそもそういったものを目指すことに価値をおいていなかったと考えられます。

なので、どちらも日本製の腕時計会社ですし、どっちが技術が上かというのはあまり意味がないと思います。

会社自体の技術力よりもあなたの好きなデザインの時計を選ぶべきだと思います。

SEIKOとCITIZENの違い③ブランド力

SEIKOとCITIZENでは、ブランド力に違いがあると思います。

知名度としては、どちらもほぼすべての日本人が知っているでしょう。

しかし、どちらが高くて高品質なのかという点ではSEIKOの方がブランド力が上の印象があります。

これは、SEIKOでは数百万円以上の超高級時計が売られているからです。

しかし、SEIKOとCITIZENどちらも数万円程度の低価格の商品も多く販売しています。

なので、ROLEXやHUBLOTなどの高級時計ブランドにはおよばないといえるでしょう。

ブランド力だけで見ると、

ROLEX、HUBLOTなどの海外ブランド>>>SEIKO>CITIZEN

という感じなのではないでしょうか?

やはりROLEXは低価格の商品がありませんから、ROLEX=超高級時計というイメージが作られているのでこれは仕方がないことだと思います。

50万円のグランドセイコーをつけていたのに、安物の時計と思われたという話も聞いたことがありますが、よくあることだと思います。

お金持ちにみられたいという目的で腕時計を買うのならブランド力の高いROLEXを買うことをおすすめします。

SEIKOとCITIZENの違い④歴史

CITIZENは”市民に親しまれるように”という意味で名づけられました。

そのため、商品も低価格のものが多いです。

創業は1918年。

腕時計の生産量はCITIZENが世界第一位で国内最大手となっています。

一方、SEIKOは1892年設立。

1969年に世界初のクォーツウォッチを発売。

長野オリンピック、ソルトレイクシティオリンピックの公式計時担当。

などの業績があります。

どちらも企業としての戦略が違いますから業績もさまざまです。

SEIKOとCITIZENのおすすめ腕時計

SEIKOのおすすめ腕時計①グランドセイコー

シンプルで知る人ぞ知る良い時計を欲しいあなた。

そんな方にはグランドセイコーがおすすめです。

飾り気のない洗練されたデザインはビジネスや私生活といったあらゆる場面で使うことができる優れもの。

SEIKOのおすすめ腕時計②アストロン

スポーツ選手をデザインした時計ということもあって、GPSソーラーウォッチというハイエンドな機能が特徴です。

デザイン面も高く、つけているだけでステータスがワンランク上がる時計ではないでしょうか?

SEIKOのおすすめ腕時計③プロスペックス

スタディサプリ、大学資料請求

難関大学合格目指すならスタディサプリがおすすめな理由

こんなお悩みありませんか?
●塾の費用が高い
●予備校へ行くのに1時間以上かかる
実力のある先生の授業を受けたい

スタディサプリならこれらのお悩みをすべて解決できます!

なにしろ費用はたったの月980円

志望校の過去問も無料でダウンロードできます。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

スマホやパソコンで視聴できるので、通学時間がゼロです。

田舎に住んでて近くに予備校がなくても大丈夫。

通学時間が長くて不利になることもありません。

東大、京大、早慶上智、MARCH、医学部への合格実績も多数あり!

今なら14日間お試しで使うこともできます。

もちろん、合わなかったら途中で解約すれば一切料金はかかりません。

迷っている方はとりあえずやってみましょう。迷っている時間が無駄ですよ。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

今だけ!当サイトからスタディサプリに登録し1ヶ月以上継続利用すると2000円現金キャッシュバック!めちゃくちゃお得です。詳しくは上のリンク先をみてください。

難関大学に合格するためには春までに志望校を決めるべき

大学受験で難関大学に合格する人は、志望校を春までに決めるべきです。

春までに志望校を確定している人の方が、受験までに十分な対策ができるので合格する可能性が高くなります。

でも、そもそもどこの大学を受ければいいかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、大学の資料請求をするのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

※今なら7校以上のパンフを資料請求すると図書カード500円分がもらえます。

受検候補となっている大学の情報を集めることで行きたい大学が見つかるはず。

大学のパンフレットには、大学の様子や先輩の声などの情報がたくさん載っているので、志望校選びに役立ちますよ。

また、志望校の資料請求をすることで、楽しい大学生活をより具体的にイメージできるので、早く大学生になりたいと思うはず。

すると、自然と”勉強のやる気”が出てくるのです。

私も早稲田大学のパンフレットは夏前に入手して、モチベーションを高めていました。

ちなみに、パンフレットの請求は無料なので、ぜひ他の大学と比較してみましょう。

早稲田大学、慶応大学、上智大学、明治大学、立教大学、青山学院大学などの有名大学のパンフレットも一緒に取り寄せるのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事

こちらも合わせてどうぞ1.これで月325円はヤバい!⇒Amazonプライム会員最高!10のお得な特典を紹介
2.月500円で12万本見放題は凄い!⇒動画配信サービスを本数,料金,画質で比較!おすすめは?

3.学生は6か月無料!⇒Prime studentの凄い特典10選!

4.無料で漫画読み放題!?⇒無料漫画アプリおすすめランキング10選!

5.月980円で本読み放題!⇒kindle unlimitedのおすすめ雑誌,漫画,小説まとめ