シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEIKOキネティックとは?評価は?故障しやすい?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEIKOキネティックとは何か?

評判や故障しやすいのかについても調べてみました。

スポンサーリンク

SEIKOキネティックとは?

SEIKOキネティックとは、SEIKOが開発した腕時計の駆動方式のことです。

この駆動方式の特徴は、腕の動きによる振動を利用してクォーツ時計を充電するということにあります。

なので、クォーツ時計のメリットである自動巻きよりも時計の”精度が高い”という点と自動巻き時計のメリットである”電池交換が必要ない”という2つのメリットを兼ね備えた腕時計なんです。

クォーツ時計とは、クォーツ(水晶)を使った電池で動く時計のことです。
自動巻き時計とは、腕につけておくと振動を感知して自動で内部のゼンマイがまかれる時計のこと。

SEIKOキネティックの評価は?故障しやすい?

SEIKOキネティック時計の評価はあまりよくないですね。

トラブルが多く、故障しやすいのと、メンテナンス費用がクォーツ時計(電池時計)よりもかかるというのが原因となっています。

以下にSEIKOキネティックのあまりよくない点をまとめました。

①充電池なので、常に満タンにしておかないと電池が劣化するが、そのためには常に腕に着けておく必要がある。

②キネティックの電池交換をしてくれる店が少ないので、SEIKO本社で修理してもらわなければいけない

③SEIKOはオーバーホールも一緒でないと電池交換をしてくれないそうです。

SEIKOキネティックのメンテナンス費用は?

自動で充電してくれるので電池交換がいらないといっても、蓄電池には寿命があります。

キネティックは大体8~10年で電池交換とオーバーホールが必要です。

どれだけ持つかは使用頻度によるでしょう。

毎日使っていて蓄電池が満充電である状態を維持していれば、10年以上もつこともあります。

ネット上では、3年しか持たなかった人もいれば、18年持ったという人もいるようです。

逆に全然使っていないと数年でダメになることもあるかもしれません。

修理の費用は約1万2千円程度になります。

一方、クォーツ時計(電池時計)の寿命は平均2~3年です。電池交換も家電量販店や近くの時計店で1000~2000円でできます。

なので、メンテナンス費用は、キネティック時計の方が高いんですね。

SEIKOキネティックは日本では生産されていない?

SEIKOのホームページで調べてみましたが、日本ではキネティック時計は生産されていないようです。

今現在amazonとかで買えるキネティック時計は海外のSEIKOからの輸入品しかありません。

また、キネティックの仕組みの時計を製造しているのもSEIKOのみです。

今の主流はGPSソーラーウオッチですからね。

なんといっても、GPSから電波を受信し、時刻を合わせてくれるのでいつでも正確な時刻が表示されます。

また、ソーラー充電が可能ですから、太陽光に充てておくだけで充電ができてしまいます。

精度をとっても、電池交換の有無をとってもGPSソーラーウオッチの方がキネティックよりも優れているのです。

そんなわけで、どんどんキネティックの製造は減少し、GPSソーラーウオッチが増えるようになっているのでしょう。

ただ、あえて日本の技術力の高さの証明であるキネティックを持つということに価値を感じることもあるでしょう。

また、キネティックの時計のデザインがたまたま自分の好みに合っているということもあると思います。

なので、あえて少数派であるキネティックをもつことがステータスになるということもあるかもしれませんね。

スタディサプリ、大学資料請求

難関大学合格目指すならスタディサプリがおすすめな理由

こんなお悩みありませんか?
●塾の費用が高い
●予備校へ行くのに1時間以上かかる
実力のある先生の授業を受けたい

スタディサプリならこれらのお悩みをすべて解決できます!

なにしろ費用はたったの月980円

志望校の過去問も無料でダウンロードできます。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

スマホやパソコンで視聴できるので、通学時間がゼロです。

田舎に住んでて近くに予備校がなくても大丈夫。

通学時間が長くて不利になることもありません。

東大、京大、早慶上智、MARCH、医学部への合格実績も多数あり!

今なら14日間お試しで使うこともできます。

もちろん、合わなかったら途中で解約すれば一切料金はかかりません。

迷っている方はとりあえずやってみましょう。迷っている時間が無駄ですよ。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

今だけ!当サイトからスタディサプリに登録し1ヶ月以上継続利用すると2000円現金キャッシュバック!めちゃくちゃお得です。詳しくは上のリンク先をみてください。

難関大学に合格するためには春までに志望校を決めるべき

大学受験で難関大学に合格する人は、志望校を春までに決めるべきです。

春までに志望校を確定している人の方が、受験までに十分な対策ができるので合格する可能性が高くなります。

でも、そもそもどこの大学を受ければいいかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、大学の資料請求をするのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

※今なら7校以上のパンフを資料請求すると図書カード500円分がもらえます。

受検候補となっている大学の情報を集めることで行きたい大学が見つかるはず。

大学のパンフレットには、大学の様子や先輩の声などの情報がたくさん載っているので、志望校選びに役立ちますよ。

また、志望校の資料請求をすることで、楽しい大学生活をより具体的にイメージできるので、早く大学生になりたいと思うはず。

すると、自然と”勉強のやる気”が出てくるのです。

私も早稲田大学のパンフレットは夏前に入手して、モチベーションを高めていました。

ちなみに、パンフレットの請求は無料なので、ぜひ他の大学と比較してみましょう。

早稲田大学、慶応大学、上智大学、明治大学、立教大学、青山学院大学などの有名大学のパンフレットも一緒に取り寄せるのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事

こちらも合わせてどうぞ1.これで月325円はヤバい!⇒Amazonプライム会員最高!10のお得な特典を紹介
2.月500円で12万本見放題は凄い!⇒動画配信サービスを本数,料金,画質で比較!おすすめは?

3.学生は6か月無料!⇒Prime studentの凄い特典10選!

4.無料で漫画読み放題!?⇒無料漫画アプリおすすめランキング10選!

5.月980円で本読み放題!⇒kindle unlimitedのおすすめ雑誌,漫画,小説まとめ