シェアする

スポンサーリンク

睡眠時間を短くするたった1つの方法、4選

シェアする

別記事で、偉人・芸能人のショートスリーパーの方の睡眠時間や生活習慣を調べました。

そのときに、ショートスリーパーの方には、いくつかの生活習慣に共通点があることが分かりました。

なので、今回は、ショートスリーパーを目指して人生を充実させたい方のために向けて、睡眠時間を短くする方法について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

1. 小食にする(1日1食)

エジソン、鳥居みゆき、ピカ子などのショートスリーパーの有名人の共通点はみな”小食”だということです。

人間は食べ物の消化に多くのエネルギーを使います。

なので、たくさんの食べ物を食べるとその分内臓が疲労するのです。

その結果、睡眠を多くとり、内臓を休める必要が出てくるので、長時間睡眠となってしまうのです。

また、消化による内臓疲労を防ぐためには、”食べ物をよく噛む”ということも大切です。

よく噛むことで、食べ物が消化されやすくなり、消化による内臓の疲労を軽減することができるからです。

まとめ
・1日1食にする
・よく噛んで食べる
・小食にすることで内臓が消化に使うエネルギーを減らす

2. 忙しく働いている

武井壮、上戸彩、ラファエル、エジソン、孫正義、イーロン・マスク、ビル・ゲイツ、ドナルド・トランプ、尾田栄一郎、岸本斉史、京極夏彦、野村潤一郎、佐藤優、野口英世、小倉智昭、デーブ・スペクター、ピカ子。

これらの偉人・芸能人・有名人の方はみなさんショートスリーパーです。

これらのすべての人に共通することは何かおわかりでしょうか?

そう、みなさん、”とても忙しく働いている”ということ。

多くの人は、1日17時間~18時間働いているんです。

楽をしたり、遊ぶためにショートスリーパーになるという甘い考えでは実現するのは難しいかもしれません。

ショートスリーパーになるには、それなりの目的と強い意志が必要ということなのです。

睡眠を短くしたいという方は、それぞれ、生活を充実させたい、もっと仕事をしたいなどの目的があると思います。

その目的が大切なんです。

やはり、何も目的がないと自由な時間が増えても暇なだけですから。

暇だと、きっと寝ちゃいますよ。

なので、ショートスリーパーになるなら、きちんと目的や目標を決めることが大切なんです。

で、目的のために有効に時間を使うんです。

まとめ
・短眠になる目的を決める
・仕事に徹底的に打ち込むのが1番良い

3. 睡眠を分割してとる(多相性睡眠・分割睡眠)

ラファエル、エジソン、ナポレオン、レオナルド・ダ・ヴィンチなどの偉人・芸能人・有名人の方は、睡眠を分割してとることで睡眠時間を短くしています。

多相性睡眠(分割睡眠)とは?

多相性睡眠(分割睡眠)とは、睡眠を分割してとることです。

例えば、

・夜に3時間寝て、昼間に20分×3回睡眠
・眠くなった時に、5~10分の仮眠
・4時間睡眠×2(8時間ごと)
・20分×6(4時間ごと)
・20分~1時間を数回で1日5時間

などのように睡眠のとり方は人によって、さまざまです。

ただ、普通に学校に行ったり、会社に行ったりしている方の生活スタイルを考慮すると夜に3~4時間寝て、昼間眠くなった時に昼寝をするという方法がいいのではないでしょうか。

時間に融通がきく仕事をしている方は、この中から自分で試してみて自分に合ったやり方を探してみてはいかがでしょうか。

一方、単相性睡眠とは普通の私たちが行っているように夜に1回だけ6~9時間の睡眠をとることです。

多相性睡眠(分割睡眠)のメリットは?

まず、入眠すると、ノンレム睡眠という状態になります。そして、1時間以上たってようやくレム睡眠という体を休める睡眠に入るんですね。

なので、このレム睡眠にいかに入るかというのが睡眠の質を高めるといってもいいでしょう。

で、多相性睡眠(分割睡眠)で短い睡眠を何度もとるとこのレム睡眠にすぐに入れるようになります。

その結果、睡眠時間が短くても体が回復できることになるのです。

まとめ
・学生や社会人なら、夜3~4時間寝て、眠くなった時に5~10分の仮眠を複数とるのがよい

4. 睡眠の質を高める

できるだけ睡眠の質を高めて、短い時間でぐっすり眠ることも短眠を実現するには大切です。

いくつか睡眠の質を高める方法を紹介させていただきます。

部屋を暗くする

深く眠るためには、部屋を真っ暗にする必要があります。

豆電球は必ず消してください。また、カーテンの隙間から漏れる朝日も不眠の原因となるでしょう。

遮光カーテンをつけることができればいいのですが、遮光カーテンを使っても隙間から光が入ってくるのを防ぐことはできません。

なので、安く済ませるならアイマスクがおすすめです。

光の認識は目が行っているので、目に光が入ってこなければぐっすり眠れるんですよ。

だまされたと思って試してみてください。

使ったその日に効果が実感できると思います。

めちゃくちゃ目覚めがいいですから。

耳栓をする

騒音がある方は、耳栓をしましょう。

ハトなどの鳥の鳴き声、車の走行音、電車の音がするという方におすすめです。

寝る前3時間は何も食べない

寝る前3時間は何も食べないようにしてください。寝る前に食べると、胃や腸に食べ物が入ったままになってしまいます。

なので、臓器が休まらないんです。

睡眠の目的は臓器を休めることですから、寝る前に食べてしまうとほんとに寝る意味がないんですよね。

午後10時から午前2時に寝る

午後10時から午前2時の間に寝ると成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは細胞の修復や疲労回復の役割を担っています。

なので、午後10時から午前2時に寝て成長ホルモンを多く分泌させることで、体の疲労回復が促進されるということなのです。

自分に合った枕にする

枕があってないとぐっすりと寝ることはできません。

ですが、枕って高いからいいってわけじゃないんですよね。

自分の体に合った枕がいいんです。

王様の夢枕っていう枕はいいですよ。

極小ビーズが入っているので、すっごいやわらかくてどんな頭にもしっかりフィットするんです。

低反発枕よりも全然やわらかいですから。

高額なオーダーメイド枕を買うくらいなら価格も手ごろな王様の夢枕をおすすめします。

まとめ
・部屋を真っ暗にする
・騒音を耳栓で防ぐ
・寝る前は何も食べない
・午後10時から午前2時の間に寝る
・自分に合う枕を使う
ショートスリーパーの偉人・芸能人・有名人の睡眠時間比較してみた
ショートスリーパーってほんとにいるの? 芸能人だと誰なんだろ? という方のために、偉人・芸能人の方で睡眠時間が少ないと公...