糖質制限ダイエットに役立つおすすめアプリTOP5

スポンサーリンク

自己流でおこなう糖質制限は判断が甘くなりがちです。

食材に含まれる糖質量を正しく計れないこともよくあります。

今回はそんな悩みを解消する糖質制限ダイエットに活用できる便利なアプリを紹介していきます。

スポンサーリンク

 第4位 糖質カウンター

 iOSはこちら

アンドロイドはこちら

このアプリは最初に体重を設定して使います。

毎食のメニューを入力すれば、自動でおおまかな糖質量を計算してくれる便利なアプリです。

外食の時の糖質量は予想するしかないのですが、このアプリを使えばある程度把握できます。

食材だけの糖質量も表示できますので、成分表を見る手間も省ける優れものです。

毎日三食入力するのが多少面倒ですが、自己判断よりはよっぽど信用できると思います。

第3位  糖質生活

 iOSはこちら

アンドロイドはこちら

このアプリは、食材100グラム当たりの糖質量を表示してくれるアプリです。

オーソドックスな食材ばかりですが、自炊するときに役にたちます。

加工食品などは登録されていないものもありますので、糖質カウンターとあわせて使うと便利です。

第2位 あすけん

iOSはこちら

アンドロイドはこちら

こちらは糖質量だけじゃなく、食材の栄養の量を計算してくれる優れものです。

運動量の管理もできるので、これだけでもインストールしておく価値はあるかと思います。

体重の推移もグラフで見られるのでなかなか便利なアプリですね。

第1位 栄養計算機

iOSはこちら

アンドロイドはこちら

糖質量はもちろん、ビタミンなどの栄養が不足したらどうなるのかも教えてくれます。

食材を組み合わせて料理データを作れるので、自炊する場合にかなり便利です。

栄養素の目標値も設定できるので、バランスの良い健康的な糖質制限にはうってつけのアプリです。

まとめ

代表的なものを四つあげましたが、単体で使うよりも組み合わせて使う方がわかりやすいかと思います。

アプリごとに得意な分野が違うので、とりあえずダウンロードをしてみましょう。

自分が使いやすいものを使うのがよいと思います。

ただ、外食の時のメニューの糖質量は必ず正しい情報ではないので、参考にする程度の使用がよいと思います。

アプリを使うメリットとしては、糖質量や栄養素の管理や計算が楽になることにあります。

毎日のことなので楽ができれば続けやすいです。

デメリットとしては、入力するのが少々めんどうな点にあります。

毎食つけるのは、ストレスに感じる方もいるかと思いますのでまずは試してみましょう。

ダイエット一ヶ月で10kg痩せた方法 食事、運動の全記録
ダイエット1カ月で10kg痩せた方法について書きたいと思います。 このページには、僕がダイエットで体験したすべてを事細かく書く...

糖質制限

糖質制限ダイエットにおすすめの食事3選

ダイエットで悩むのが食事メニューです。

特に糖質制限ダイエットだと外食がほとんどできませんから。

だからといって家で料理を作る時間もないし、面倒ですよね。

そんな方には市販のダイエット食品がおすすめ。

市販の低糖質食品

スイーツやお菓子でも低糖質だったら糖質制限ダイエット中でも食べてOK!

さすがに毎日ってわけにはいきませんが、ストレスをため込まないためにも少しは食べてもいいんです。

ストレスが貯まっちゃうと、ダイエットなんて続きません。

運良く成功しても、リバウンドもしてしまうでしょう。

✅ 低糖質のスイーツやパンを買うなら品そろえの多いこちらがおすすめです。

糖質オフの食品専門店『低糖工房』

低カロリーなリセットボディ

低カロリーなリセットボディシリーズを食べるのもいいですよ。

ビスケット、ポテチ、リゾット、雑炊と種類が豊富たくさんあります。

糖質がないわけではないですが、低カロリーなので太りにくいです。

たまに、ご褒美として食べるスイーツはリセットボディがおすすめ!

ダイエット用プロテインで栄養補給

ダイエット中はビタミンなどの栄養不足に陥りがちなので、プロテインでビタミンなどの栄養を補給するのがおすすめです。

いくら痩せても栄養不足で不健康になってしまっては意味がありません。

皮膚のハリやツヤがなくなって見た目が悪くなってしまいます。

きれいに痩せるためには、食事制限をしながら、不足した栄養をプロテインで補うのがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

シェアする