LOGICOOL ワイヤレスマウス M185RDを購入したのでレビュー

「LOGICOOL ワイヤレスマウス M185RD」をamazonで買ったのでレビューします。

買ったといっても1年以上前に買って日常的に使用させていただいています。私は、この商品が初めてのワイヤレスマウスでした。

この記事では。ワイヤレスマウスの使い心地や実際使ってみての感想を書かせていただきます。

実際に購入したもの「LOGICOOL ワイヤレスマウス M185RD」

黒をベースにシンプルな赤のラインでふちどられたデザインは高級感があっていいです。

一見ボタンがないように見えますが、ホイールの横の左右はそれぞれボタンになっていて、押すことで、それぞれ左、右クリックを行うことができます。

こちらが裏面です。赤外線式ではないので、光の発光はありません。この状態がONです。

下の部分をスライドすると、電池を入れる場所があります。単3形の電池1つで可動します。

附属品はこちらの部品のみです。この部品をパソコンのUSBポートにつけるだけで設定は自動でパソコンが行ってくれるのでパソコンが苦手の方でも簡単に扱うことができます。

パソコンにつけたときの写真です。USBポートに常につけておかなければいけないのは欠点といえるかもしれません。デスクトップパソコンならUSBポートはたくさんありますが、ノートパソコンだと、2~3個しかありませんからね。

私は、青がノートパソコン用、赤がデスクトップパソコン用というように使い分けています。

パソコンにつける部品はマウスとそれぞれ対になっていますので、どちらのマウスも使用可能というわけではありません。

なので、複数所有する方は、色違いを購入して使い分けるといいと思います。

実際に使ってみた感想

反応性

マウスの反応性は抜群です。私は、マウスパッドなしで使用していますが、反応しないことはありません。以前、赤外線の優先マウスを使っていた時は、机の上だとマウスが反応せずに何回も空振りをするという問題がありましたが、そういった心配はありませんでした。

電池の持続時間

ON/OFFスイッチとスマートスリープモード採用の省電力設計で、最大12ヶ月間電池交換が不要。

引用元:amazon

販売会社によると、最大12カ月電池交換が不要とのことですが・・・たぶん2年以上持ってるような気がします。

なにしろ購入してから電池交換をした記憶がないんですよ。記憶の忘却のかなたにいくくらい、それだけ電池が持つということだと思います。

コードがなくなって机がすっきり

ワイヤレスマウスを買ったのは初めてでしたが、買って1番よかったのは、机がすっきりしたことです。ワイヤレスマウスと同時にキーボードもワイヤレス化したので、コードが全てなくなりました。

今までは、コードが絡んでマウスの動きが制約されたり、マウスを移動させるときにコードが絡んだりといった問題が生じることもありました。しかし、ワイヤレスマウスに替えたことで、すべてが解決しました。

Logicool ロジクール ワイヤレスキーボードK270を購入したのでレビュー
amazonで購入した「Logicool ロジクール ワイヤレスキーボードK270」についてレビューします。 といっても、購入...

まとめ

「LOGICOOL ワイヤレスマウス M185RD」はかなり安かったです。2年以上問題なく使えているので、かなりお得な買い物だったと思います。

ワイヤレスマウスの恩恵を一度知ってしまうともう元にはもどれません。笑

「机の汚さは心を映す鏡」という言葉があるように、机の上を整理することで、ストレスが解消されるかもしれません。

また、机の上がきれいになることで、仕事の能率も上がると考えられます。ただ、1つ欠点があるとすれば、たまーにマウスが紛失することでしょうか。

やはりワイヤレスなので、どこかの書類の下に入ってしまうとどこにあるかわからなくなるんですよ。便利になりすぎたことで生じたマイナス面といえるかもしれませんね(苦笑