糖質制限ダイエットで死亡した有名人とは?第一人者だった?

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットの第一人者が、死亡したって知ってます?

今回は、糖質制限はほんとに危険なのかを調べました。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットの第一人者の死亡原因とは?

糖質制限ダイエットの第一人者と言われている桐山秀樹氏が、心不全で亡くなっています。

桐山氏は、三週間で20キロの減量に成功したそうです。

第一人者といわれるのも納得できます。

死亡原因は諸説ありますが、糖質制限が原因ではないか?

と言われているのも確かです。

桐山氏だけでなく、糖質制限が原因と疑われている方も多くいます。

言葉だけで聞けば、”糖質を制限する”という簡単なダイエットに聞こえる糖質制限ダイエット。

実際のところ、どんなダイエットにも危険性はあります。

糖質制限ダイエットで危険視されているのは、生きていくことに必要な栄養素の不足だと考えられます。

炭水化物には、糖質以外にも食物繊維ミネラルなども含まれます。

炭水化物を制限するのなら、ほかの食品で足りない栄養素を補う必要があります。

野菜やサプリメント、その他の食品をバランスよく食べましょう。


そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない
私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。しかも、今なら図書カード1000円分がもらえます!

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

無料です! マイナビ進学で資料請求する!今なら図書カード1000円分がもらえる!

ライザップでは糖質制限をとりいれている?

メディア露出の多いライザップでは、糖質制限運動がメインのダイエット法を行っています。

今のところ、ライザップでの事故は報告されていません。

糖質を最低限に抑えて、適度な運動をおこない、不足する栄養も摂取できる食事メニューを提供する。

これがとても大切です。

タンパク質や脂質の過剰な摂取は、悪玉コレステロールの増加にも関係します。

悪玉コレステロールが増えれば、動脈硬化心筋梗塞の危険性が高くなるといわれています。

タンパク質や脂質は必須な栄養素ですが、摂りすぎも決してよくないので注意が必要です。

糖質制限の危険性に関する専門家の意見は?

糖質制限ダイエットに関する専門家の意見は、対立しているのが現状です。

死亡事故との因果関係も解明されていません。

糖質を制限したことで、死亡してしまったという証拠がないからです。

間違った糖質制限にリスクがあるのも確かですし、正しい糖質制限にメリットがあるのも事実です。

栄養素の不足というのがネックになりますので、バランスの良い食事を心がけるのが良いと思います。

長期間の糖質制限も危険性があるといわれていますので、目標体重の設定や糖質制限の期間を定めて、運動も適度におこないましょう。

本来の糖質制限というものは糖尿病の食事療法の一つであるということもあります。

必要な栄養の摂取と適度な運動をしながら、健康的に痩せるように心がけましょう。

ダイエット一ヶ月で10kg痩せた方法 食事、運動の全記録
ダイエット1カ月で10kg痩せた方法について書きたいと思います。 このページには、僕がダイエットで体験したすべてを事細かく書く...

糖質制限の危険性とは?

糖質制限ダイエットって、すごい痩せますよね。

でも、危険性もあるんですよ。

今回は糖質制限ダイエットの危険性について説明させていただきます。

1. 糖質制限で筋肉が減少する

糖質制限をすると、人間の体はエネルギー不足を補うために、糖質ではなく脂肪や筋肉からエネルギーを作り出すようになります。

なので、糖質制限をすると、脂肪と同時に筋肉も減少することになるのです。

そのため、筋肉をできるがけ減らさないために、タンパク質をたくさん摂取して筋肉の生成を促す必要がでてきます。

また、筋肉の減少は、筋トレにより抑えることも可能です。

まとめると、糖質制限をするときは、たくさんのタンパク質の摂取と筋トレを行うことで筋肉の減少を防ぐことができるのです。

お年寄りの方で、過度な糖質制限をしたことで筋肉が減ってしまい、寝たきりになってしまった方もいるそうです。

なので、高齢者の方には、糖質制限はあまりおすすめできませんね。

2. 糖質制限でコレステロールが増える

糖質制限ダイエットで重要なのは、タンパク質と脂質をしっかり摂取するという事です。

しかし、脂質の摂りすぎもよくありません。

脂質を過剰に摂取すると、悪玉コレステロールが溜まってしまいます。

悪玉コレステロールは血管に対して悪影響を与えるんです。

悪玉コレステロールが増えることで、動脈が固くなる動脈硬化が進むと心筋梗塞や脳疾患を引き起こすこともあります。

この現象は高齢者の方に特に表れるのです。

糖質制限をすると、糖質をとることができないので、必然的に摂取するタンパク質や脂質の量が増えてしまうので、悪玉コレステロールも多く摂取することになってしまうんです。

3. 糖質制限のデータが少ない

糖質制限は、ここ数年で広まった新しいダイエット方法なので、しっかりとしたデータが少ないんですよ。

なので、長期間糖質制限を行うことで何らかの健康上の問題が発生することがあるかもしれないのです。

また、何カ月までは続けて大丈夫というしっかりとした基準もありません。

妊婦さんが糖質制限を行うことで胎児に悪影響があることも考えられますし、高齢者が糖質制限をすることで寝たきりになったという事例もあります。

現状は、自己責任で行うしかないのが実情です。

今後、糖質制限の実践者が増えてしっかりとした方法論や注意点がまとめられればいいですね。

糖質制限の危険性を低くする方法

糖質制限はダイエットにかなり効果的ですが、過剰に糖質制限を行うと脂肪の過剰摂取によって、動脈硬化がすすみます。

その結果、心筋梗塞や脳疾患などの危険性が高まってしまいます。

なので、まずは最初に目標体重を設定し、糖質制限の実践期間を短く設定することで、糖質制限の危険性を低くすることが重要です。

糖質制限をすると、簡単に体重は落ちていきますが、2か月程度でいったん休止するといいでしょう。

休止期間は、スーパー糖質制限(一日20gの糖質量)からスタンダート糖質制限(一日120g~170gぐらいの糖質量)へと糖質制限を緩めるとよいです。

糖質制限は、いきなり完全にやめてしまうと、リバウンドしやすいので、徐々に糖質量を増やしていく必要があるからです。

糖質制限ダイエット中のコンビニおやつランキングTOP5
糖質制限をしていても間食がしたい! そんな時には低糖質なおやつであれば問題ありません。 今回は糖質制限ダイエット中に食べ...

糖質制限

糖質制限ダイエットにおすすめの食事3選

ダイエットで悩むのが食事メニューです。

特に糖質制限ダイエットだと外食がほとんどできませんから。

だからといって家で料理を作る時間もないし、面倒ですよね。

そんな方には市販のダイエット食品がおすすめ。

市販の低糖質食品

スイーツやお菓子でも低糖質だったら糖質制限ダイエット中でも食べてOK!

さすがに毎日ってわけにはいきませんが、ストレスをため込まないためにも少しは食べてもいいんです。

ストレスが貯まっちゃうと、ダイエットなんて続きません。

運良く成功しても、リバウンドもしてしまうでしょう。

✅ 低糖質のスイーツやパンを買うなら品そろえの多いこちらがおすすめです。

糖質オフの食品専門店『低糖工房』

低カロリーなリセットボディ

低カロリーなリセットボディシリーズを食べるのもいいですよ。

ビスケット、ポテチ、リゾット、雑炊と種類が豊富たくさんあります。

糖質がないわけではないですが、低カロリーなので太りにくいです。

たまに、ご褒美として食べるスイーツはリセットボディがおすすめ!

ダイエット用プロテインで栄養補給

ダイエット中はビタミンなどの栄養不足に陥りがちなので、プロテインでビタミンなどの栄養を補給するのがおすすめです。

いくら痩せても栄養不足で不健康になってしまっては意味がありません。

皮膚のハリやツヤがなくなって見た目が悪くなってしまいます。

きれいに痩せるためには、食事制限をしながら、不足した栄養をプロテインで補うのがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

シェアする