シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

慶応義塾大学はなぜセンター利用を廃止したのか?3つの理由は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

慶応義塾大学はなぜセンター利用を廃止したのか?をテーマにお話をさせていただきます。

慶応義塾大学では平成24年度からセンター利用入試が廃止されました。

早稲田大学やMARCHなどでは今でもセンター利用入試があるのになぜ慶應義塾大学では廃止されたのでしょうか?

不思議に思い調べてみました。

スポンサーリンク

慶応義塾大学センター利用廃止理由①合格者の辞退が多い

センター利用入試を受験するには5~6の科目を受験しなくてはいけません。

そのため、慶応が第一志望でセンター利用入試を受験する人はほとんどいなかったんです。

大体が東京大学や京都大学などの難関国立大学を第一志望として受験し、慶応大学を滑り止めとして受験する人がほとんどでした。

そのため、センター利用入試の合格者の多くは国立大学に合格してしまい辞退をする人が多かったんですね。

対策として、募集人数よりも多くの人を合格させるということも行われていましたが、あまりに辞退が多すぎると何のための入試なのかということになりますよね。

こういった背景が慶応義塾大学がセンター利用を廃止する1つの要因になったといわれています。

慶応義塾大学センター利用廃止理由②学生の質が悪い

センター利用入試で入学する学生の質が悪かったというのも慶応義塾大学でセンター利用入試が廃止された理由の1つです。

これは考えてみれば当然だと思います。

センター利用入試で入学してくる学生は、東京大学などの国立大学を第一志望としていました。

彼らにとって、慶応大学はしょせん滑り止めの大学でしかなく魅力がないわけです。

妥協して入った大学ですから、勉強にも力が入るはずもありません。

なので、成績も悪いでしょうし、サークルなどの活動も全然しないんですよ。

いわゆる燃え尽き症候群といわれるものでしょう。

本気で行きたかった第一志望の大学に行けなかった人は慶応に行くことで挫折を感じるはずです。

やはり、慶応が第一志望でそこに合格できた学生は意欲が半端ないでしょう。

それに比べて、妥協して入った人はやる気がないのは当然ですよね。

そういった事情が問題になり、慶応義塾大学がセンター利用を廃止するに至ったといわれています。

私が通っていた早稲田大学にも東京大学落ちといった人は何人もいました。

しかし、彼らは学業やサークル活動にも真剣に取り組んでいたように思います。

早稲田大学は入ってみると楽しい大学なので、むしろ早稲田大学に入ってよかったと思える大学なのかもしれません。

慶応義塾大学センター利用廃止理由③学生が偏ってきた

慶応義塾大学がセンター利用を廃止した理由は、学生が地域的に偏ってしまったということも原因です。

今回の入試方法の変更について、大学側は「地方からの学生を求めてセ試利用入試を行ってきたが、最近は都市部の学生が多くなっている。セ試参加当初、セ試利用入試における関東・甲信越以外の入学者割合は約8割であったが、22年では5割を下回った」という。
引用:http://eic.obunsha.co.jp/viewpoint/201102viewpoint/

センター利用を開始した当初は関東以外の地方出身の学生は8割いました。

しかし、平成22年度では半分以下になったんです。

大学としては多様な人材を入れたいという考えがあるので、もっと地方出身の学生を取り込みたいという考えからセンター利用を廃止することになったんでしょう。

また、センター試験というのはあくまでも全国共通の試験ですよね。

そのため、センター試験では秀でた能力がある学生を選別しにくいのです。

大学独自の入試であれば数学の配点を高くしたり、数学の難易度を高くすることで数学が得意な学生を選別することができます。

センター試験のような全国統一の試験ではそういった選別ができないんですよ。

なので、多様な学生を入学させたいという大学の考えにもそぐわないようになってきたのだと思います。

スタディサプリ、大学資料請求

難関大学合格目指すならスタディサプリがおすすめな理由

こんなお悩みありませんか?
●塾の費用が高い
●予備校へ行くのに1時間以上かかる
実力のある先生の授業を受けたい

スタディサプリならこれらのお悩みをすべて解決できます!

なにしろ費用はたったの月980円

志望校の過去問も無料でダウンロードできます。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

スマホやパソコンで視聴できるので、通学時間がゼロです。

田舎に住んでて近くに予備校がなくても大丈夫。

通学時間が長くて不利になることもありません。

東大、京大、早慶上智、MARCH、医学部への合格実績も多数あり!

今なら14日間お試しで使うこともできます。

もちろん、合わなかったら途中で解約すれば一切料金はかかりません。

迷っている方はとりあえずやってみましょう。迷っている時間が無駄ですよ。

→【期間限定】スタディサプリ¥2,000現金キャッシュバック中

今だけ!当サイトからスタディサプリに登録し1ヶ月以上継続利用すると2000円現金キャッシュバック!めちゃくちゃお得です。詳しくは上のリンク先をみてください。

難関大学に合格するためには春までに志望校を決めるべき

大学受験で難関大学に合格する人は、志望校を春までに決めるべきです。

春までに志望校を確定している人の方が、受験までに十分な対策ができるので合格する可能性が高くなります。

でも、そもそもどこの大学を受ければいいかわからないという人もいるでしょう。

そんな方は、大学の資料請求をするのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

※今なら7校以上のパンフを資料請求すると図書カード500円分がもらえます。

受検候補となっている大学の情報を集めることで行きたい大学が見つかるはず。

大学のパンフレットには、大学の様子や先輩の声などの情報がたくさん載っているので、志望校選びに役立ちますよ。

また、志望校の資料請求をすることで、楽しい大学生活をより具体的にイメージできるので、早く大学生になりたいと思うはず。

すると、自然と”勉強のやる気”が出てくるのです。

私も早稲田大学のパンフレットは夏前に入手して、モチベーションを高めていました。

ちなみに、パンフレットの請求は無料なので、ぜひ他の大学と比較してみましょう。

早稲田大学、慶応大学、上智大学、明治大学、立教大学、青山学院大学などの有名大学のパンフレットも一緒に取り寄せるのがおすすめです。

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

合わせて読みたい記事

こちらも合わせてどうぞ1.これで月325円はヤバい!⇒Amazonプライム会員最高!10のお得な特典を紹介
2.月500円で12万本見放題は凄い!⇒動画配信サービスを本数,料金,画質で比較!おすすめは?

3.学生は6か月無料!⇒Prime studentの凄い特典10選!

4.無料で漫画読み放題!?⇒無料漫画アプリおすすめランキング10選!

5.月980円で本読み放題!⇒kindle unlimitedのおすすめ雑誌,漫画,小説まとめ