大学1年生が必ずやっておくべき10のこと

大学1年生がやっておくべきことをテーマにお話をしたいと思います。

正直大学1年生のときをどう過ごすかで大学生活が決まると言ってもいいでしょう。

2年生からは基本的に1年生のとき築いた人間関係をベースに大学生活を送ることになります。

つまり、2年生以降は大学1年生の生活の延長にあるのです。

だから、大学生活では最初の1年が1番重要。

関連記事 大学ぼっちにならないための10の方法

そこで、これより大学1年生の時に必ずやっておくべきことを紹介させていただきます。

こちらの本は大学1年生におすすめです。

大学1年生が必ずやっておくべき10のこと

大学1年生がやっておくべきことを紹介します。

1. バイトでたんまりお金を稼ぐ

正直大学生活ってお金がかかります。

サークル活動をするにも、恋人とデートをするにも何をするにもお金、お金・・・

くまくん
結局世の中お金かーーーーい

って叫びたくなるほど・・・

と言ってもお金があれば、好きな服を買ったり、美味しいご飯を食べたりなんでもできちゃいます。

なので、お金があれば結構楽しい大学生活になるでしょう。

社会経験にもなるので、自分の成長のためにバイトは大切です。

できれば、居酒屋や飲食店などで接客業のバイトをするのがおすすめ。

正直社会に出ればコミュ力が全てですから、どうせバイトをやるなら人と関わるバイトをした方がお得です。

くまくん
コミュ力ねーわ

という人もやってみたらなんとかなります。

結局コミュ力ってただの慣れなんで、やるかどうかなんですよ。

2. 今しかできない海外旅行

海外旅行をすると日本とは全く違う文化や人に触れることができます。

これは人間的に自分を大きく成長させてくれるのです。

本当に大学時代にしかできないことなのでできるだけ多く海外にいきまくるのもいいと思います。

何十カ国も旅をすれば、それ自体が就職活動のネタにもなるでしょう。

なので、海外旅行は大学1年生にめちゃくちゃオススメです。

3. インターンバイトは熱い

インターンバイトとして、ベンチャー企業でバイトをすると就職活動がめっちゃ有利になります。

バイトと違って、仕事を結構任されるので、実績がつくんです。

社会人としてのマナーなども自然と身につくし、うまくいけばコネもできるかもしれません。

お金を稼ぎながら就職活動のネタができるので、かなり熱いですね。

私も大手企業に就職できましたが、早稲田文系でも就職活動は大変でした。

楽に大手企業にいきたいならインターンバイトはオススメです。

4. 恋愛する

社会人になると、意外と出会いがないです。

大学生の頃みたいに、サークルやクラスで同年代の女の子と接する機会はほとんど無くなります。

なので、大学時代に恋愛をたくさんしておかないと損ですね。

5. 大学生といえばサークルでしょ!

大学生といえばサークル活動じゃないでしょうか。

バンドや合唱、漫画、スポーツとなんでもあります。

自分の好きなことを好きな人だけがいるサークルってめちゃくちゃ楽しいものです。

共通の話題があるので仲良くなりやすいと言えるでしょう。

違う学科の友達もできるし、人間の幅が広がりますよ。

サークルで幹部になると、就職活動で100%聞かれる大学時代で頑張ったことのネタにもなるので、めちゃくちゃオススメ。

関連記事 大学サークル入らないと就職厳しい?割合や理由は?

6. あえての勉強。努力は100%報われる

大学1年生のときから勉強をするのもいいです。

公務員試験や公認会計士などの資格試験、TOEICの勉強などをしておくと、就職で有利になります。

大学1年生の時はまだ実感がないでしょうが、3年生から就職活動をしなくてはいけません。

就職で失敗すれば、その後40年地獄です。

なので、大学1年生の時から準備をした方がいいでしょう。

7. 大学時代頑張ったことを作る

大学3年生から始まる就職活動では、どの企業でも聞かれる痛い質問があります。

うさぎ先生
大学時代1番頑張ったことはなんですか?

この質問は大学生活でずっと遊んできた人にはかなりきつい質問です。

多くの何もしてない人は、誇れるエピソードなどないので、適当に嘘をつくことになります。

でも、そんな薄っぺらい嘘はすぐに見破られてしまうでしょう。

そんなに人生甘くないのです。

就活で失敗したくないなら大学時代に頑張ったと誇れるエピソードを作ることを大学1年生の頃から意識しておくべきでしょう。

そんなに簡単に短期間で作れるものではないので、大学1年生から計画的に作ろうとすることが大切なのです。

個人的におすすめなのは

●インターンバイト
●海外留学
●ゼミリーダー
●サークル幹部

です。

関連記事 大学生活後悔せず充実させるための10の過ごし方

8. 就職活動のネタ作りは大学1年生から!

就職活動のネタ作りのためにも大学時代は色々な経験をすべきです。

バイト、サークル、勉強、恋愛と様々なことに挑戦してみましょう。

知らないうちにどんどん成長していく自分に気づくはず。

ボランティアをしてみるのもいいですね。

とにかく、大学生活は自分から何かをしなければ何も手に入りません。

色々なことをとりあえずやってみるという姿勢が大切です。

大学1年生にオススメの本

大学1年生にオススメの本を紹介させていただきます。

大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ

大学1年生のためのマニュアル本

サークル、恋愛、友達関係など不安がある人に読んでほしい一冊。

これを読めば、大学1年生としていいスタートダッシュが切れること間違いなし。

関連記事 大学1年生が必ずやっておくべき10のこと

大学1年生のための 伝わるレポートの書き方

大学生1年生になったらレポートを書く機会がたくさん出てきます。

高校生のときは書いたことがないでしょうから、初めての経験でどうしたらいいかわからない人も多いはず。

レポートの書き方を大学1年生でもわかるようにやさしく解説している本。

レポートの書き方がわからなくて困っている人にオススメです。

大学資料請求

大学に合格するには夏までに志望校を絶対決めろ!

そこの受験生!こんなお悩みありませんか?
●志望校が決まらない

●どんな大学があるか分からない
●大学のイメージが思い浮かばない

私も実は高校時代、大学の志望校が決まらず悩んでいました。

大学ってどんなところかイメージがわかないし、やりたいこともなかったからです。

でも、先生に勧められて大学の資料請求をしてみたら、志望校を決めることができました。

大学の資料請求は無料です。

しかも、今なら当サイトから資料請求すると、全員に図書カードプレゼントのキャンペーン中!

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

一度、早慶上智、MARCH、関関同立のすべての資料請求をしてみてください!

入学した先輩の話からキャンパスライフのイメージがわくので、行きたいと思える大学がでてきますよ。

早めに志望校を決めた方が合格率が上がるというデータがあるので、志望校が決まっていない人は今すぐ志望校を決めてください!

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

✅ 大学の資料請求をして図書カードを100%ゲットする方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

スタディサプリで大学資料請求したら全員に図書カードがプレゼント?

受験の1年前にしておいても遅くはありません。

それくらいに早め早めに行動して損はないです。

今なら当サイトから10校…

 

関連コンテンツユニット

シェアする